最新ネタバレ『炎炎ノ消防隊』213-214話!考察!ショウ参戦!シンラは誰の手に!?

スポンサーリンク

柱を攻撃してはいけない理由は、柱が海底火山に栓をするように立っているからでした。

消防隊は柱を壊さないように注意しながらあの巨大焔ビトを止めなければなりません。

そこでジャガーノート弾道は曲げながら砲撃し、さらには黒野が焔ビトの元へと飛び出しました。

かたや黒野によって救出されたシンラは、依然シンラの確保を狙う灰島・大黒と消防隊としてシンラを保護しようとするグスタフで身柄を巡り睨み合い。

そこへ伝導者一派“災害隊”フェアリーが割り込んできました。

伝導者一派にシンラを奪われてしまうのか!?

シンラを巡る対立と巨大焔ビトの対処、現在見どころは2つとなっています!

 

スポンサーリンク

『炎炎ノ消防隊』213話!のネタバレ

大久保篤「炎炎ノ消防隊」213話より引用

それでは『炎炎ノ消防隊』213話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

会社員は大変なのです

大久保篤「炎炎ノ消防隊」213話より引用

フェアリーの登場に大黒とグスタフがしばし言葉を失っている隙に、シンラの体が勝手に宙に浮かびフェアリーの方へと運ばれていきます。

炎は見えませんが、重力を扱っている感じの能力でしょうか。

地面にも何もないように見えますが、大黒が一歩踏み込んでみると、まるで地雷を踏んだように空高く吹き飛ばされてしまいました。

このままでは海へ落下する大黒は、現在自身の黒煙で巨大焔ビトの元へ移動中の黒野を呼び止めます。

大黒が海へ向かっていく姿に気づき「放っておけば強い上司が一人減る」と密かに喜ぶ黒野。

しかし大黒がこんなことを言うのです。

「今回の現場で俺に何かあれば労災責任がお前にいくよう処理済みだぞ!」

ぬかりないですね(笑)

そんなこと言われたら黒野は当然助けざるを得ません。

大久保篤「炎炎ノ消防隊」213話より引用

すぐに黒煙を飛ばし、海に落ちる前に無事大黒を救出しました。

が、スーツが煤で汚れたとして「能力査定を下げねば」なんて言われてしまいます。

しかも「口答えするなら査定を二段階下げる」なんて言ってくるのです。

そして指示は先ほどとは変わり“早くシンラを回収すること”になりました。

シンラはすでにフェアリーによって上空に。

助ければ査定を考え直してもらえるのかを大黒に持ち掛ける黒野でしたが、「私は部下とは交渉しない…早く行ってこい」と言われてしまいました。

ん~厳しいっ頑張れ黒野!

 

スポンサーリンク

大黒が何者なのか

黒野はシンラを救出するにあたって、「軍は国民を守るのが務めだろう」とグスタフに大黒の安全を一時任せることに。

グスタフは少し文句言いたげながらも、伍長に大黒の警護を指示しました。

伍長が大黒の警護に当たる様子を見た第2の隊員がこんなことを言っています。

「こんなところに灰島のエリートがなんで?」

どうやら大黒は社外にも知られた有名人の様子。

その噂はこんな内容です。

「恐ろしくやり手でたしか灰島史上最速で出世している若手の幹部(エリート)」

blank

大久保篤「炎炎ノ消防隊」213話より引用

人間性は最悪でカリスマ性もないが、結果だけを常に完璧以上に出し続けることで周囲を黙らせのし上がってきたらしいのです。

結果がすべて。

これもまた合理的というか、灰島の企業らしさが感じられて良いですね。

しかも“常に完璧以上”というのはなかなかできることではありません。

権力にふんぞり返って黒野に指示しているかと思いきや、やはりそれなりの能力をもって上の立場に就いているのでした。

そんなわけで灰島の若手はこの大黒について行けば間違いないと言うそうです。

もちろん本人も超やり手の自覚あり。

「俺は間違いない選択をさせるためにいるんだ…従え」

黒野も「よくわかっていますよ」と言います。

 

スポンサーリンク

巨大焔ビトを止めることが重要

blank

大久保篤「炎炎ノ消防隊」213話より引用

そうこうしているうちになんと巨大焔ビトが口から高火力の火を噴きました。

本当に“大怪獣”と言った様相の巨大焔ビト。

これが上陸したら東京はひとたまりもありません。

今の一撃でもすでに建造物が8棟出火し、第2の隊員10名と避難住民にも被害が出てしまったようです。

炎に包まれる現場を眺めながらフェアリーは、喜ぶでもなく何故かこんなことを言いました。

blank

大久保篤「炎炎ノ消防隊」213話より引用

「さあ止めろ。時は来たんだ。その力を人間は持っている」

事態の急変に大黒も黒野への業務内容を変更。

「あの巨人を倒せ。最優先だ」

ジャガーノートも依然砲撃で応戦しています。

高火力の砲撃は効いているように見えますが、「そんな火力じゃ足りない」とフェアリー。

そしてこんなことを言いました。

「その巨人を倒さねば儀式は進まぬ」

先ほど「さあ止めろ」と言っていたのは儀式のために必要な行程だったからのようです。

巨大焔ビトを倒さねば東京は壊滅…しかし倒せば大災害への儀式が進んでしまうということでしょうか。

どちらにせよ消防隊側は現在劣勢の立場にあるようですね。

 

スポンサーリンク

ショウ参戦!

blank

大久保篤「炎炎ノ消防隊」213話より引用

その時、海上から現場を眺めるフェアリーにギュルッと矢が飛んできました。

この攻撃で思い起こされるのはアロー。

しかしアローにしては腕が悪い…?

考えている間にも矢が何本も飛んできますが、一本もフェアリーに当たる気配はありません。

すると―

タッタッタッと何者かが矢を足場にしてフェアリーに近づいてきました。

blank

大久保篤「炎炎ノ消防隊」213話より引用

「いや、寸分も違わんな」

やってきたのはショウ!!

素早くフェアリーの正面に切り込んできたショウは、自身の剣に手をかけました。

しかしフェアリーの能力によって吹き飛ばされてしまいます。

「堕ちろ!!」

海へ落下していくショウ。

しかし再びアローの援護によりショウが矢を伝って素早くフェアリーの元へ切り込んでいきました。

ショウの剣は今度はフェアリーの首元まで到達しますが、やはりまた跳ね返されてしまいます。

blank

大久保篤「炎炎ノ消防隊」213話より引用

「俺に守られていれば良かったものを」とフェアリー。

しかしショウはまたフェアリーに立ち向かっていきます。

「伝導者の加護がなくとも」

再びアローの矢に乗ったショウはそう言って一瞬姿を消すと、気づけばフェアリーを真っ二つにしていました。

変わらぬ強さを見せたショウ、華麗な一閃はフェアリーを討ち倒したのか!?

 

スポンサーリンク

『炎炎ノ消防隊』ネタバレ213-214話のまとめ

ショウが期待通り到着してくれましたね!

第2+黒野は巨大焔ビトの対処に手が離せなそうですので、ここはショウに頑張ってもらいたいところ。

blank

大久保篤「炎炎ノ消防隊」213話より引用

いきなりフェアリーを両断してさすがでしたが、しかしフェアリーにはこれで終わりとは思えない雰囲気が漂っています。

フェアリーはドラゴンのような強烈な強さは感じませんので力で捻じ伏せられるということはなさそうですが…

シンラが目覚めればまた状況が変わると思いますので、いよいよ兄弟の共闘に期待したいと思います。

 

そして気になるのがフェアリーの言っていた「その巨人を倒さねば儀式は進まぬ」という言葉。

言い換えれば「巨人を倒せば儀式が進む」ということですので、巨人を倒すと柱の何かが起動するとかあるいは他の柱が立つとか、何かしらのトリガーになっているのかもしれません。

人々にとって良い事態とはならなそうですが、倒すことで更なる展開が待っていそうで楽しみです。

まず倒すのが容易ではなさそうな巨大焔ビト、ひとまず次回はジャガーノート+黒野の激闘に期待しましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です