【はじめの一歩】鷹村守VSブライアン・ホーク戦はベストバウトNo.1!?鷹村が王者になった試合をプレイバック!

スポンサーリンク

はじめの一歩、作中最強である鷹村守

過酷な減量を乗り越え遂にWBC世界ジュニアミドル級タイトルマッチに辿り着きます。

相手は暴君ブライアン・ホークです。

鷹村同様に野生的なボクサーでセオリーを無視した攻撃をします。

ボクシングの練習はしなくてもその攻撃力は半端ではなくホークのセコンドであり世界的な名トレーナー、ミゲル曰く天才だと言います。

暴君の名の通り行動や言動も破天荒で周囲の人間も不快感を示すほどですが実力は確かです。

ですが鴨川会長も鷹村も負けていないといいます。

壮絶で感動なタイトルマッチ。

見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】試合会見でホークが暴言

急に決まった鷹村の世界戦、ホークに防衛戦の相手が東洋人に決まったと伝えた後に行方知れずだったホークは鷹村の試合を観戦しに訪れます。

その試合では減量失敗していた鷹村ですが会場にホークを見つけ突然息を吹き返し相手をリング外に吹き飛ばすKOを見せます

控え室に現れたホークは日本には観光に来た、日本の女は大好物だと傍若無人に振る舞う態度を見て鷹村は素手で殴りかかります。

その場は収まり、鷹村は世界戦に向けて調整に入ります。

鴨川ジムの後輩、一歩や青木から激励を受け何とか減量に成功した鷹村。

そしてその後、世界戦恒例の会見に入ります。

会見で月刊ボクシングファンの編集者、飯村真理がホークに質問をしますがその返答も「君がしりたいのはそんな事じゃない、今夜、私の部屋をノックしろ全てを教えてやる」や日本中の女共、俺の元へ差し出せ数年後俺の遺伝子で一杯にしてやると暴言を吐きます。

その上、写真撮影では故意に鷹村の顔に拳を当てそれに怒った鴨川会長を殴り飛ばします

全てのボクサーを馬鹿にしたホークに止めに入った一歩、青木村も鷹村の怒りに体を竦めます

一夜明け冷静になっている鷹村はホークの強さを認めます

そんな鷹村に鴨川会長は「努力した者が全て報われるとは限らん、しかし成功した者はすべからく努力しておる」と送り出します。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】1~2R ホークがみせた圧倒的能力

選手入場でド派手な演出を見せた鷹村とホーク遂に試合開始のゴングがなります。

1R開始からトリッキーな動きで鷹村を翻弄するホークを鷹村はいきなりジャブで攻めますがホークはありえない体勢で交わします

上体反らしの体勢からホークは鷹村を攻撃します。

セオリーを無視した攻撃に鷹村はいきなり防戦一方になりホークのパンチに晒されます

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】2R ホークから屈辱のダウン

あり得ない防御と攻撃を見せるホークは鷹村に襲いかかります。

ホークのトレーナー、ミゲルはホークのパンチは無限、故に読めない、トレーナーとして言いたくないがホークのはボクシングではない、ただの暴力だからと言います

スピード勝負の鷹村でしたがホークのボクシングではない暴力のパンチを受け天井を見上げるように仰向けにダウンします

それでも立ってくる鷹村ですが大きくよろけダメージを残します。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】3~5R 鷹村の逆襲

blank

心配する鴨川陣営ですが鷹村はホークの弱点に気がつきます

鷹村はガードを上げ足を使いいつものスタイルから変身します

ホークは変わらず鷹村を攻めますが鷹村はセオリー通りのボクシング、ジャブでダウンを奪います。

盛り上がる会場ですがホークはダメージなく直ぐに立ち上がります

立って来たホークですが鷹村は休む事なくジャブを突きまたもやホークからダウンを奪います

ホークの足が揃っているところにジャブを出しただダウンを奪っているのでダメージのない事を知っている鷹村

ダウンを奪われ怒りの形相を浮かべるホークに鷹村はここからはケンカだと迎えうちます

序盤の展開が嘘のように鷹村が攻撃しホークを追い詰めます

そして、5R開始直後コーナーを出た鷹村は両手を挙げKO宣言し会場の熱気はピークを迎えます。

ホークを攻め立てる鷹村ですが仕留め切れず5Rが終了します。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】6R 鷹村を支える皆の手

blank

コーナーに戻ってきた鷹村の異変に鴨川会長は気づきます。

汗を拭ってもその下から汗が出てきません

焦る会長ですが鷹村は悟ったように「スッカラカンになっちまった」と言います。

5R開始直後のKO宣言は自身を鼓舞するためでもあったのです。

それでもコーナーを出て行く鷹村に鴨川会長はこんな事しか出来ないと背中に気合を入れます。

6Rは5Rまでの優勢が嘘のように劣勢になりとことん追い詰められる鷹村は腰から落ちるダウンを喫します。

それでも立ってくる鷹村ですがホークは攻撃の手を緩めません。

体も心も限界の鷹村、遂に背中から倒れるようにダウン寸前になります。

ですが鷹村は何かに気づき背中を支えられているように感じます

鴨川会長、一歩、青木、木村、板垣と鷹村に関わっている人間の想いに支えられている事に気がつきます

鷹村は俺を信じているヤツラがいる、強いままでいなきゃならない、負けられねえ、心臓が止まっても魂で戦う、棺桶からはいだしてでも貴様に勝つ、と最後の力を振り絞り反撃します。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】7R 鷹村がついに覚醒

blank

反撃したとはいえ瀕死の状態の鷹村ではホークの攻撃を遮る事が出来ません。

何とか凌ぐ鷹村、そこへホークの右がテンプルに直撃します。

意識が遠のく鷹村、頭の中でホーク戦までの出来事を思い出します。

その中には会長がホークに殴られたシーン、自身の壮絶だった減量そしてジジイ何で殴られた、俺は何でこんなに苦しい、そこへホークの顔が浮かんできます。

お前か、お前のせいか!と突然、鷹村はラッシュを仕掛けホークに襲いかかります

観客席にいる青木と木村は鷹村がキレたと言い初めてみる姿に驚愕します。

会長とのミット打ちで体に染み付いたパンチを繰り出す鷹村、その姿を見てホークのトレーナー、ミゲルはなんて素晴らしいトレーナーなんだ、そして何と恐ろしい事を叩き込んだんだ実に理にかなった人を撲殺するための攻撃だと冷や汗を浮かべます。

殺人許可証は自分だけと思っていたホークは自分だけではなかった事に気づき恐怖を覚えます

窮地に追い詰められていた鷹村ですがキレて本能のみの攻撃で遂にホークからダメージを与えたダウンを奪います

カウントが聞こえる鷹村、何度でも立ち上がってやると言い意識が戻ります。

ダウンしているのはホークで自分ではない事に気づき、冗談じゃねぇ、全く覚えていない。

右か左かわからねぇパンチで勝ったらドサクサに紛れて世界取ったみたいじゃないか。

記憶に残るパンチでとってやると思い。

立ちやがれ、この野郎!」と腕をぶんぶん振り回します。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】8R ホークを凌駕する鷹村

blank

コーナーを出る際、王様になってくらぁと出て行く鷹村は完全に息を吹き返しホークを攻め立てますが観客席にいる伊達や世界を知るボクサーはいやな予感を感じます。

恐怖を覚えたとはいえブライアン・ホークは何かやってくると見ています。

そして、攻める鷹村のジャブに合わせ1Rに見せた上体反らしを見せ反撃しようとします。

伊達は世界をとる人間はこれがあるんだよと言い驚きますが鷹村はその上体反らしの攻撃にカウンターを合わせます

それを見たミゲルは野生と理論の融合、正に理想のボクサーだと鷹村に驚きます。

最後の攻撃をかわされたホークは鷹村のパンチで遂にダウンし、10カウントと共に試合は終了します

鷹村、8RKO勝ちで世界タイトル奪取です。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】大ブーイングの勝利インタビュー

大興奮の中、勝者鷹村のインタビューが始まります。

大歓声に包まれた鷹村は柄にもなく感傷に浸ったようにこんな喜んでくれるとはと答えます

ですが会場からのカッコいいや最高などの声を聴き鷹村は元に戻ります。

日本中の女共、俺さまの所へ来い 精子をくれてやる20年後は俺様で溢れさせてやる」ととんでもない暴走をします。

それじゃホークと一緒じゃねえか、日本の恥、ベルトを返上しろなどの野次に包まれます

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

鷹村の世界初挑戦は無理な試合日程から始まりましたが減量を乗り越えホークに勝利すると言う快挙を成し遂げました

感動に浸るはずが完全にオチまで付ける辺りはさすが鷹村です。

6階級制覇を目論む鷹村ですがこの試合を見る限りは可能ではと思わせます。

これから先も鷹村に注目したいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です