PR

スポンサーリンク

【キングダム】797話!ネタバレ最新!倉央も離脱!?糸凌を探しに戻りそう!?

スポンサーリンク

秦軍が全軍撤退に動き出していた頃、秦軍のキタリ率いる別動隊はすでに番吾城に到着していました。

包囲・全滅の危険を承知でキタリは「今回が救出できる最後の機会」だとして、ギリギリまで壁ら捕虜になった秦兵たちの捜索をすることを決意。

そのキタリたちの侵入を感じ取り、壁らも意を決し脱走を開始しました。

そして双方全滅のリスクを抱えながらも起こした行動により、壁とキタリがついに1年ぶりの再会を果たしたのでした。

第797話『砕け散る』は2人の再会を喜ぶ一方で、この戦だけではない秦国の大敗を感じる悲しき1話にもなっています。

 

スポンサーリンク

 

『キングダム』797話!のネタバレ

 

それでは『キングダム』797話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ナジャラ族も捕虜になっていた

 

ついに再会したキタリと壁。

僅かながらに残っていた周囲の秦兵たちも、山の民の姿を見て「助かったのだ!」と歓喜しました。

とはいえ寡兵で臨んだ敵地であり、今にも包囲されそうなギリギリの状況。

そんな一刻を争う場面でスムーズに脱出を開始できたのは、壁たちと一緒に捕虜になっていたナジャラ族のおかげでした。

もはや数人になっていましたが、ナジャラ族も一緒に捕虜になっていたそうです。

彼らのおかげでキタリたちは余計な捜索をすることなく、素早く脱出へと動き出すことができたのでした。

 

スポンサーリンク

山の民の言葉を覚えた壁

 

メラ族それぞれの馬に1~2人を乗せて出発。

1~2人乗せても大丈夫なほど痩せ細ってしまっているのが悲しいですね。

ただし絶対に逃げ遅れるわけにはいかないという理由で、キタリの馬に乗ったのは壁のみです。

痩せ細った腕でキタリに掴まり乗馬した壁は、“山の民の言葉で”礼を伝えました。

この1年で壁はナジャラ族に山の民の言葉を教わっていたのです。

壁はこれまでも少しずつ言葉を覚える姿勢を見せていましたが、まだおぼつかないながらも直接キタリと会話できるようになったのは読者としても胸が高鳴りますね。

 

スポンサーリンク

秦軍の過酷な敗走劇

 

城門が閉められる本当にギリギリのところでしたが、キタリたちは全員番吾城からの脱出に成功しました。

サポートしていた猿手族も脱出。

番吾城から離れると秦兵たちは、大勢を失いながらも「助かった」という事実に改めて涙を流し、キタリたちに感謝を伝えたのでした。

そこへ楊端和からの早馬が届き、キタリたちも国境を目指し始めます。

こうして秦軍はキタリたちも含めて本格的に全軍撤退へ。

このキタリが強引に行った壁たち数十名の救出・帰還が、この戦いにおいて秦軍が唯一得たものとなりました。

つまりあとは失うだけだった番吾の戦い。

楊端和軍、飛信隊とその撤退を援けた玉鳳は何とか最小限の被害に抑えつつ国境に近づきました。

ほぼ本陣だけとなった王翦軍も、合流した王賁たちに守られながらなんとか国境近くまで辿り着いたのでした。

 

スポンサーリンク

咸陽に伝わる大敗

 

そうした状況が少しずつ伝わり、咸陽は今回の第二次趙北部攻略戦が大敗に終わったことを知ったのでした。

嬴政や昌平君をはじめ、その場にいた者たちは誰も声を出せませんでした。

その事実を受け入れるのに時間がかかると同時に、中華統一への道が今砕け散ったのではないかという思いが過っていたからです。

 

スポンサーリンク

王翦の敗因

 

国境まであと僅かの王翦一団も、誰も言葉を発することは出来ずにそれぞれが様々な思いを抱えながらただ体を休めていました。

倉央も意外にも王翦の傍にはついておらず、外で寝そべり夜空を見上げていました。

そこへ王賁がやってきます。

王翦に限って油断したというわけではないだろうが、朱海平原の勝利もあってどこか隙ができていたのかも、と今回の敗北について王賁は推測。

すると倉央が、敗因は李牧が“単純な戦い”にはめ込んだことであると語りました。

朱海平原のように戦が複雑になるほどより強みが増す王翦に対し、そうなると敵わないと察した李牧が複雑さを作る要員となり得る飛信隊と玉鳳を封じて勝負に出たのだと。

そして、そのことに王翦自身もとっくに気づいているだろうと倉央は語ったのでした。

 

スポンサーリンク

倉央も王翦軍を離脱!?

 

どちらにせよ“次”は王翦が勝利すると信じる倉央と王賁。

ただし“次”があれば…。

ここからの王翦軍の立て直しは容易ではありませんから…。

王翦軍を作り上げた側近衆、亜光・麻鉱・田里弥はいなくなり、右腕として支えられるのはもはや倉央のみ。

側近として唯一生き残った倉央に、王賁は王翦を託しました。

が、「王翦様のことは若が支えられよ」と倉央。

なんと倉央はどうしてもやらなければならないことが1つあるとして、王翦軍からの離脱を示唆したのでした。

 

スポンサーリンク
"
"

キングダム』ネタバレ797-798話のまとめ

 

壁とキタリが再会し、その絡みで少しでもニヤニヤさせてくれて一安心ですね。

壁たちにはゆっくりでいいから心身を戻していって欲しいです。

ただしその救出が唯一の前向きな出来事となり、キタリが行動を起こさなければ秦軍は失うものしかなかった此度の番吾の戦い。

王賁の言葉から、軍容や王翦のメンタル含めて王翦軍の立て直しがいかに困難か伝わってきました。

そんな中で倉央までもが離脱を示唆。

「どうしてもやらねばならぬこと」というのはやはり糸凌のことでしょうか。

ここで王翦のもとを離れてまで倉央が行動を決意するのは、やはり糸凌に対する想いしかないですよね。

恐らくずっと駆けつけたい思いだったのでしょうが、皆に託された王翦をひとまず安全なところまで守ってからと考えており、そして今なのでしょう。

安否はどうあれ糸凌を迎えに行かなければ、恐らく倉央は秦国に帰れないのだと思います。

王翦を1人にしないで…と思う一方で倉央の決意も応援したい複雑なファン心…。

第二次趙北部攻略戦は終わりへと近づき、中華統一の断念も過る中、どんな展開へと続いていくのか次回も楽しみです。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒キングダム799話!倉央&糸凌解放される!趙では反李牧の動・・

⇒キングダム798話!倉央が命がけで愛を貫き糸凌と再会!・・

⇒キングダム796話!壁とキタリが再会!キタリの意思がかっこ・・

⇒キングダム795話!秦軍撤退開始!番吾城へ向かったメラ族は・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA