最新ネタバレ『ヒロアカ』421-422話!考察!頑張れデク!ヒーロー全員集合で最終決戦!!

PR

スポンサーリンク

【ヒロアカ】421話ネタバレ最新!頑張れデク!ヒーロー全員集合で最終決戦!!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • 黒霧、相澤、マイクがワープアウトして岩場に現れる。
  • A組のクラスメイトがワープアウトしてデクの救援に来る。
  • AFOに対する攻撃は通じず、ヒーローたちは一塊で走り出す。

荒波が囲う岩場にワープアウトした黒霧、相澤、マイクの3人。

目の前の黒霧は脳無だと殴るマイクですが、まだ相澤は拘ります。

教師になった今でも雄英高校2年A組が原点だからです。

泣いている黒霧の後頭部が白雲の姿に戻ってきました。

マイクは消えない思い出に涙します。

かくして黒霧の制御に成功した相澤たち。

直ちに残存兵力を招集してワープゾーンをフル活用します。

国立多古場競技場の戦場に参戦するB組のジャックマンティス、リザーディたち。

相澤はエリちゃんに託された角を持ち、デクの救援に向かいました。

“巻き戻し”の力で欠損した両腕が復活していくデク。

そればかりではありません。

AFO(ワン・フォー・オール)と対峙する戦場には、A組のクラスメイトがワープアウトしてきたのです。

 

スポンサーリンク

 

『僕のヒーローアカデミア』421話のネタバレ

 

それでは僕のヒーローアカデミア第421話『WE ARE HERE』の要点をまとめてみました。

主人公のピンチに助っ人として参上する仲間たち。

どこまでも王道スタイルを貫くヒロアカです。

デクも両腕が戻り何とか一安心ですね。

各地での戦線が終息化する中、分断作戦は“フェーズ3”に移行しました。

いよいよ物語は佳境を迎えていきます。

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

ワンちゃん
仲間たちが救援に駆けつける!ピンチのデクに勇気を与えるヒロアカですね。
ハムちゃん
仲間の鼓舞がデクを力へと変えることを願います!ヒロアカ最高潮ですね!

 

スポンサーリンク

ヒーロー宣言

 

ワープアウトしてきたのは峰田たちばかりではありませんでした。

お互い生きていることを確認する切島や障子。

田口は警察から戦闘可能か確認されたようです。

芦戸は相澤が黒霧を仲間にしたことを聞きました。

上鳴、八百万たちは友達が戦っているのに行かずにはいられません。

梅雨は意識がある内はどこへでも駆けつけるつもりです。

耳郎も同じです。

勝つためにこれまでやってきました。

今日踏ん張らなくては、何の為にヒーローを夢見てきたのか分かりません。

だからこそ“オイラたちがここに来た”と峰田は声を大にします。

思わず涙を浮かべるデク。

その背後にはA組以外にも多くのヒーローが続々と集結してきました。

ワンちゃん
仲間たちが一致団結しましたね!ヒーローたちの絆がデクを包んでいます。
ハムちゃん
デクの覚悟を感じてください。闘志が燃え上がっています。

 

スポンサーリンク

異形のAFO

 

多数のヒーローを灰色の肉と例えるAFO。

本来ならば自分は死柄木の一部として打ち砕かれていたのでしょう。

しかし弟である与一の喪失によりAFOの世界は色褪せました。

デクの気持ちを理解できると語るAFOは宙に浮くと、両腕を無数の突起物に変化させます。

悲劇こそが人を強くする。

AFOの意見に淡々と疑問を呈したのは瀬呂でした。

確かにAFOほど起伏に富んだ人生は歩んできていません。

明日の授業で実技は置いていかれないよう、頑張る程度のレベルでした。

また、ガンマギリと呼ばれた彼も今日まで大変だったことを知っています。

AFOの前後からワープアウトして同時攻撃を仕掛けるのは轟親子でした。

ダブル赫灼熱拳!

少しでも戦える力があるならばと夏雄に送り出された二人。

AFOに攻撃を終えた焦凍たちをテープで回収する瀬呂。

焦凍が荼毘に勝利したと知り、悲しい事は無い方が良いと思っていました。

最後にワープアウトしたマイクは白雲の意識に礼を述べます。

戦闘可能なヒーローを招集が完了したからです。

今日が分水嶺だと喝を入れるマイク。

全てのヒーローが最後の大仕事としてAFOに向かって走り出します。

しかしAFOは手負いのヒーローの攻撃に寂しさを感じ、屑肉だとまでに揶揄します。

ハウンドドッグやギャングオルカの攻撃は通じません。

掃き掃除にしか過ぎないとAFOの動きは速いです。

一つの挙動に対してヒーローは数十人で対処する必要がありました。

ワンちゃん
ヒーロー達の絶望的な戦いが始まります!衝撃の展開に目が離せません!
ハムちゃん
デクの意志を胸に!ヒーロー達の壮絶な闘いが幕を開けますね。

 

スポンサーリンク

みんな走れ!

 

全員が離れないで一塊でAFOに向かう中、デクも一緒に行こうと動きます。

しかし思うように体に力が入りません。

デクの両腕は回復したものの、それは腕を失う前の状態に戻ったに過ぎません。

AFOとの継戦したダメージは残ったままでした。

どれほど長く激しい戦いをしてきたのかと絶句する相澤。

さらにOFAの個性が全てAFOに譲渡されたと知り驚きます。

しかしながら、歴代の個性は短い間ながらも無個性のデクに沁みついています。

オールマイトの最後と同様に“残り火”で戦う決意です。

その前にと相澤はデクにTシャツを渡します。

避難した市民から預かっていたメンズノンノの全サ大五弾Tシャツです。

そこに青山がデクに手を差し伸べます。

皆にはデクの力が必要であり、デクにも皆の力が必要です。

応援するのはエリちゃんばかりではありません。

誰もがデクと一緒に戦ってくれます。

デクは復活した両手を大きく振りながら懸命に走ります。

頑張れ!

ワンちゃん
デクの闘志が燃え上がりますね!最後の戦いに向けて!

 

スポンサーリンク
"
"

『僕のヒーローアカデミア』421-422話の考察まとめ

 

まずはフォントも独特のタイトルに注目です。

もちろんオールマイトお馴染みのセリフ“I  AM HERE”を意識してのことでしょう。

A組を代表するような形で叫ぶ峰田のイキりっぷりが立派です。

「私たちが来た」よりも、ここは「オイラたちが来た」の方がしっくりきます。

A組は現場に爆豪、お茶子、常闇、飯田がいませんでしたね。

そういえば心操の姿もありません。

マイクが招集完了と言っていたので、追加で参戦するヒーローはいないと思います。

それでも飯田は走って遅れて到着しそうな気もします。

よく見るとワープゲートの片隅に白雲の顔らしき描写がありました。

焦凍も重傷だから登場は無理かと思っていたところにまさかの登場。

しかも親子によるダブル攻撃です。

演出が上手い。

その伏線は、焦凍と仲の良かった瀬呂に見せ場があった点かもしれません。

他のヒーロー含めてAFOに対して効果的な攻撃だったかは疑問なのですが。

最後は青山の登場です。

あのシリアスな表情のキャラは一体誰かと思いました。

それとは対照的だったのが、Tシャツを着たデクのリアクションでしょう。

緊迫した場面のはずでしたがデクのオタク魂にほっこりします。

内通者事件の際、デクは青山に手を差し伸べましたが、今回はその逆でしたね。

青山のセリフは正にオール・フォー・ワン&ワン・フォー・オールの精神そのものです。

OFAのヒーローとAFOのヴィランの両方を知る青山だからこそ、説得力を持つ言葉なのかもしれません。

最後の力を振り絞って走り出すデク。

奇しくも第1話で懸命に走るデクを彷彿とさせます。

満身創痍のデクに残された最後の手段は、予想通りの残り火でした。

ということはOFAとの戦いに勝利しても、デクは無個性で物語が終わりそうな感じです。

ワンちゃん
デク、最後の力を振り絞って奮闘している姿、感動的ですね。
あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒ヒロアカ423話!完全決着!勝利のデクと消滅する死柄木・A・・

⇒『ヒロアカ』422話!仲間が作るビクトリーロード!仲間の声援を受けてデ・・

⇒ヒロアカ420話!白雲の意識が蘇る?エリちゃんの巻き戻し発・・

⇒ヒロアカ419話!AFO復活で死柄木消滅?両手欠損のデクに・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA