【進撃の巨人】マルセル・ガリアードの短い生涯!マルセルの命を奪ったのはだれ?弟に対する思いとは?

スポンサーリンク

大人気漫画「進撃の巨人」で世界を滅ぼす力を持つと言われる9つの巨人、その中で小さくとも機動力があり硬質化した牙と爪を武器に最も強襲に向いていると言われる「顎の巨人」の現継承者はポルコ・ガリアードです。

ポルコが継承しましたが前継承者、前々継承者からのそれぞれの思いがありました。

「顎の巨人」の継承者を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】「顎の巨人」継承者 マルセル・ガリアード

マルセル・ガリアードはマーレの戦士の1人であり同期の戦士候補生のライナー・ブラウンやベルトルト・フーバーの友人です。

マガト隊長に認めれた訓練候補生であり「顎の巨人」の継承者です。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】弟はポルコ・ガリアード

ライナー・ブラウンやベルトルト・フーバー、アニ・レオンハートとは同期の戦士候補生でライナーとは「鎧の巨人」の継承者を争ったライバルです。

兄はマルセル・ガリアードでマルセル以外には名前で呼ばせずガリアードと呼ばせています

性格は粗暴で同期のライナーには劣等生だと揶揄して様子があります。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】マルセルがマーレ戦士を志した理由は?

マーレの戦士マガト隊長から体力を評価され戦士候補生に選出されています。

「顎の巨人」の継承者ですので機動力があり強襲を得意とありますのでマルセルには適正があったと思われます。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】マルセルは訓練生のなかでも優秀だった?

blank

同期である弟のポルコ・ガリアードやライナー・ブラウン、ベルトルト・フーバー、アニ・レオンハートがいますが兄貴分的な存在でありマーレ戦士候補生の皆に慕われている様子があります。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】「始祖の巨人」奪還のためパラディ島へ

フリッツ王家が持つ世界を滅ぼす力をマガト隊長の指示のもとマーレによる始祖奪還計画のリーダーとしてライナー、ベルトルト、アニと共にパラディ島に乗り込みます

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】マルセルは弟を継承者にしたくなかった?

兄マルセルは弟であるポルコに「鎧の巨人」の継承者になってもらいたくなくワザと印象操作を行い決して戦士候補生でも優秀ではなかった友人ライナーが継承者になるように仕向けた事をパラディ島に乗り込んだ夜に本人に打ち明けすまなかったと謝罪します。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】真実を知ったライナーの反応は?

blank

バカにされていたマルセルの弟ポルコにライナーは自身が継承者に選ばれた時に自慢気に話し貶しました。

それを聞いたライナーは唖然としてしまい激しく動揺する様子を見せます

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】ユミルに食べられてしまったマルセル

blank

ライナーに弟を継承者にしたくなかったと打ち明けたマルセル達は突然出現した無知性巨人になり60年彷徨っていたユミルに襲われます。

その際ライナーを庇いマルセルは成すすべなく捕食されます

捕食したユミルは人間の姿に戻ります

その瞬間をみたライナー、ベルトルト、アニ、捕食されたマルセルも激しく動揺していたと思われる様子があります。

後悔するライナー、ベルトルト、アニですがそれぞれに成長し特にライナーは大きく成長しカリスマ性を発揮していきます。

その後、マーレの戦士として乗り込んでいた同期である第104期訓練兵団そしてエレンに自身の正体を明かし巨人化し激しい戦闘になります何とかエレンを拉致しマーレに帰還しようとしますが事態を知った調査兵団に囲まれた上、エレンの「始祖の巨人」の力の発動により絶望的な状態になります。

ですがマルセルの「顎の巨人」を捕食したユミルがライナー達の姿に未来を覚えた事によりユミルも大きな傷を負いながらもライナー達が逃げる事に協力する事で無事に逃げる事が出来ます

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】マルセルの記憶はポルコに引き継がれた?

blank

ユミルの手助けにより逃げる事に成功したライナー達にユミルは自身の持つ「顎の巨人」の継承者に捕食したマルセルの弟ポルコに捕食される事を望みます。

その望み通りにユミルはポルコに捕食されポルコは「顎の巨人」の継承者になります

「顎の巨人」の継承者になったポルコは記憶も継承しパラディ島時代のライナー達の姿を記憶を通して見る事が出来ます

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

戦士候補生時代からリーダーとしての資質を備えていたマルセル・ガリアードですがパラディ島でいきなり無知性巨人のユミルに捕食されてしまいます。

ライナーを庇ってですのでポルコに巨人の継承者にさせたくないとマーレに操作した件でのすまない気持ちもあったかのようです。

実際、ライナーに謝罪していますので弟ポルコにはマルセル自身だけで名誉マーレ人になれば家族は救われるとの思いましてや弟ポルコまでとの思いがあったように感じられます。

ポルコは継承者になれなかった事でライナーに強く当たっています。

ユミルの願いによりポルコを継承者に選んだ事でポルコには「顎の巨人」の継承者達の記憶を見る事が出来た際でも兄貴の真似と一蹴している事からライナーとの関係はあまり改善していないようです。

ポルコによる「顎の巨人」の力がこれからどんな活躍するのか期待したいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です