最新ネタバレ『葬送のフリーレン』128-129話!考察!任務失敗?!魔導特務隊に拘束されるユーベルとラント!!

PR

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】128話ネタバレ最新!任務失敗?!魔導特務隊に拘束されるユーベルとラント!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • ユーベルとラントは夫婦役でリネアールの文書を回収する任務に挑む。
  • 特務隊のカーネルとノイに物色されるも、ラントの機転で脱出に成功する。
  • ユーベルとラントは魔導特務隊に拘束され、ノイの実力に圧倒される。

リネアールの文書を回収するため、夫婦役を演じるユーベルとラント。

パーティーに紛れ込むことに成功しましたが、屋敷の警護を優秀でした。

内乱の鎮圧に駆り出される魔導特務隊が担当していたのです。

倉庫を物色するラントたちを察知する特務隊のカーネルとノイ。

ユーベルは一戦交えたいようでしたが、特務隊との戦力差は想像以上です。

ラントは逃げること最優先とし機転を利かせてユーベルに壁ドン。

何とか屋敷の脱出に成功しました。

すぐさまカーネルはノイに追跡を命じます。

そのころ夜の市場を見回りするフリーレンは、遠方からの視線を感じています。

正体は眼帯をした“閣下”でしたが、慌てる様子はありません。

ゼーリエ暗殺計画にさしたる支障はないと判断したからです。

 

スポンサーリンク

 

『葬送のフリーレン』128話のネタバレ

 

それでは葬送のフリーレン第128話『魔導特務隊』の要点をまとめてみました。

扉絵は魔道特務隊のイケメン精鋭たちがズラリ。

どうやら若手中心で構成される部隊のようです。

水面下で静かに始まった大陸魔法協会と帝国による魔法大戦。

逃亡したユーベルとラントに特務隊が迫ります。

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

帝国の抑止力

 

魔導特務隊のノイに追われるユーベルとラント。

旧帝国広場の近くまで逃げましたが、周囲は区画整理のため現在立ち入り禁止です。

ラントは逃げ切れないと思います。

眼下ではノイが冷静に2人の動きを観察しています。

慎重に慎重を重ねながら逃走路を確保するラント。

魔導特務隊とは帝国最強の魔法使い達です。

確かに一級魔法使いは大陸最強の魔法使いでしょう。

しかし“魔法使い”に過ぎません。

この時点で既に相性が悪いのです。

帝国は昔から魔法の軍事転用に積極的でした。

裏を返せば戦争に特化した魔法使いを多く抱えているのです。

比喩でもなく一国を滅ぼす戦力に匹敵します。

一方で反乱が発生する危険もあります。

そのため、「影なる戦士」や「聖杖法院」など、対魔法使い専門の特務機関の存在が数多く噂されてきました。

「魔導特務隊」は帝国が存在を認めた内乱鎮圧部隊であり、国防戦力の一翼も担います。

侵略側にも魔法使いがいることは想定されるからです。

内乱、戦争、人間、魔族、そんなものは一切関係ありません。

特務隊を魔法使い狩りに長けた“猟犬”にラントは例えます。

ユーベルはラントの物言いに私怨を感じます。

まるで追われている側の視点だからです。

ラントは祖母と住んでいた時に特務隊が押しかけて来たことを思い出します。

 

スポンサーリンク

猟犬部隊の実力

 

逃亡を続ける2人に問答無用で建物の塊が襲ってきます。

ラントが瓦礫に潰されていまいました。

特務隊のノイによる魔力の質量攻撃です。

攻撃自体はスタンダードですが、ユーベルが気になったのはノイの操作方法です。

魔力探知に長けたラントが反応できず、ユーベルも着弾後に気付きました。

単純な魔法ではなさそうです。

ノイはユーベル達に投降するよう魔力信号を送っていました。

投降しなければ武力制圧を宣言するノイ。

一応ラントに声をかけるユーベルですが返事がありません。

これは好きにやっていい。

そう判断したユーベルはノイに戦いを挑みます。

上空から落下する瓦礫を躱しながら違和感を覚えるユーベル。

物質操作と魔力の流れに若干のズレがあったからです。

ラントが着弾のタイミングを間違えた原因かもしれませんが、目視での回避ならば問題ありません。

ノイの魔法特性が認識できていないのは気になります。

その正体を知った時点では既に手遅れでしょう。

決着を急ぐユーベルは“見た者を拘束する魔法(ソルガニール)”を発動します。

強力に拘束されたノイは魔力操作が出来ません。

トドメの一振りを構えるユーベル。

その時ノイの左側から三つの小さな光が輝きます。

ユーベルは視線を奪われソルガニールは解除。

魔法が使えないはずのノイから反撃を受け、ユーベルは疑問に思います。

再度ソルガニールで拘束されるノイ。

しかしソルガニールの発動条件を絞られた時点で勝敗は決していました。

攻撃を仕掛けるユーベルの右側面に再び三つの光です。

次の瞬間、前の前がブラックアウトするユーベル。

視界と魔力探知を失われたのです。

その場に座り込むユーベルに対して、一名制圧したと接近するノイ。

尋問は潜伏しているだろうラントについてです。

ラントは特務隊のことを凄く恐怖していました。

暴れた理由はラントが逃げる時間稼ぎだとユーベルは話します。

しかしノイの見立ては違いました。

ラントが近くで反撃の機会を窺っていると言うのです。

その言葉を聞いて反撃にでるユーベル。

後ろ向きながら特務隊の帽子を切り裂きます。

交代しながらユーベルと距離を取るノイ。

襲ってくる無数の瓦礫をものともせず突貫するユーベル。

最後は武器を手放しながらも、ユーベルはノイの懐に入ることが出来ました。

ネクタイを締め上げられ、魔法の杖を抑えられたノイは驚きます。

ラントは臆病で性格は悪いですが、誰かを見捨てることはしません。

歪んだ性格のラントに呼びかけるユーベル。

隙は作りました。

ラントの腕ならばノイの頭部を打ち抜けるはずです。

ノイは不本意な方法ですが潜伏するラントに投降を呼びかけます。

下手な動きをすればユーベルを殺すと脅してきたのです。

カウントを3つ数えようとするノイですが、その必要はありませんでした。

潜伏していたラントは武器を捨て投降に応じたからです。

 

スポンサーリンク

そして馬車は行く

 

鉄製のロープに拘束されるユーベルとラント。

ノイは三つの光が入った小瓶を胸元にしまいます。

現場を見た同じ特務隊のヴェークは後始末が大変だと思いますが、副隊長のカノーネは手柄を上げれば怒らないはずです。

それにしてもと思うノイ。

石は切れるが傷一つない街灯を見て、ユーベルの物を切る基準が不明なままでした。

ノイはユーベルが石切り場でも見たかと推測します。

鉄製の馬車で搬送される中、ユーベルの視力は失われたままでした。

ロープの感触を伝えるラント。

その手があったかとユーベルがラントに寄りかかります。

今のラントは本体と知り、ユーベルは安堵の表情を浮かべます。

ラントの分身は作るに時間を要するのです。

そこまで聞いてラントにヘッドバットを食らわせるユーベル。

ノイを撃てば勝てたとユーベルは思っています。

ラントはユーベルが相討ちを辞さない覚悟だとも知っていました。

命を軽く扱おうとするユーベルに疑問を呈するラント。

ユーベルが戦いを選択しなければ、一緒に逃げることも出来ました。

自分に死んで欲しくなかったとラントの本音を聞き出そうとするユーベル。

それを聞いて撃つべきだったとラントは愚痴るのでした。

 

スポンサーリンク
"
"

『葬送のフリーレン』128-129話の考察まとめ

 

魔導特務隊の概要と実力を紹介しつつ、ユーベルとラントの距離が縮まった?お話でした。

まずは序盤。

逃げたつもりが泳がされた感のあるユーベル達。

最初から戦場を立ち入り禁止区域で設定していたようです。

またラントの祖母に関するエピソードがチラリ。

どうやら特務隊とひと悶着あったようです。

当時の特務隊の人物がアップで描かれていましたが、今後の何らかの伏線になりそうです。

ラントが成長した年月を考慮すると、現在は特務隊の上司役に就いているかもしれません。

久々の戦闘シーンは実にスピーディーでした。

作画もこなれてきた感がありますね。

ユーベルを跪かせたノイの実力。

三つの光が入った小瓶が秘密のようです。

最後はユーベルとラントのイチャぶりですか。

ラントに寄りかかるユーベルの安心感。

これは分身ではなく本物だと分かったからでしょう。

ユーベルのヘッドバットは、その気持ちを分からないラントの鈍さに対してでしょう。

そのほか、気になる点としては帝国に噂される「聖杖法院」についてです。

部隊章のバックに描かれた影に注目。

耳の長さから推測するにエルフの存在を匂わせます。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒葬送のフリーレン130話!マハト&グリュック再び!着々と事・・

⇒葬送のフリーレン129話!眼帯閣下は帝国最北端領総督!蠢く・・

⇒葬送のフリーレン127話!帝都大戦序章!ラント&ユーベルの・・

⇒新編開幕!ゼーリエ暗殺計画?!!ユーベル&ラントが再登場!・・

⇒ラントの秘密の能力とティータイムの真実!分身魔法の謎に迫る・・

⇒ユーベル再登場の噂は真実か?かわいさと強さで注目の魔法使い・・

⇒恋愛要素が明らかに!運命のカップルを大胆予想!・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA