最新ネタバレ『ブルーロック』258-259話!考察!潔世一の熱く止まらない覚醒

PR

スポンサーリンク

【ブルーロック】258話ネタバレ最新!潔世一未公開新技二銃式直撃弾で逆転の瞬間!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • 潔世一の新技、二銃式直撃弾(トゥーガンボレー)が世界中を沸かせる
  • 潔のゴールがバスタード・ミュンヘンの戦術を変え、チームが完全に機能し始める
  • ノエル・ノアの選手交代がカイザーとネスを弱体化させ、潔にとって大チャンスが訪れる

前回のブルーロックは、遂に主人公・潔世一が熱い劇的ゴールを決めてくれました。

バスタード・ミュンヘンは、P・X・G(パリ・エクスジェン)に大反撃をを開始。

氷織羊が出した最高のパスからシュートを決める為に、潔は全力で走り出します。

超越視界(メタ・ビジョン)を展開させて中央突破を目指す潔。

しかし、士道龍聖が邪魔に入り危うい展開になります。

潔は、既に士道が接近する事を予め想定してボールとは真逆の方向に移動。

國神錬介が借りを返す為に見せた最高のヘディングパスが繋がりました。

フリーとなった潔は、ゴールを決める事しか選択肢がありません。

でも、糸師凛とミヒャエル・カイザーが想定外の急接近。

潔は、強い衝撃を受けながらも彼らが自分を倒す事のみに執着したと理解します。

しかも、凛とカイザーのプレーが最高表現(ベストパフォーマンス)に至ると驚愕。

潔は、獰猛な獣と化した2選手を退ける為に必死に抵抗して行きました。

潔の直撃蹴弾(ダイレクトシュート)を狙い、カイザーの方はトラップを奪う計画。

狙われた潔は、決断を迫られて行きシュートを撃つ事を選びます。

土壇場で脳内をフル回転させて新しい攻撃手段を発明する思考に到達。

左足で直撃蹴弾を撃つフェイクを見せて、凛を回避する事に成功しました。

トラップを狙い己がゴールを決めようとするカイザーよりも早打ち直撃蹴弾を実行。

二銃式直撃弾(トゥーガンボレー)を決めて同点に追いついたのです。

凜とカイザーは、自分達を寄せ付けない潔の新必殺技に絶句。

気合と執念を見せた潔のゴールは、熱くて痺れました。

潔が見せた最高は、フィールドの全選手と世界中を大いに沸かせたのです。

バスタード・ミュンヘンとP・X・Gは、同点になり勝負の行方がわからなくなってきました。

熱く盛り上がる新英雄大戦最終戦からもう目が離せません。

それでは、今回もブルーロックの258話について熱く語って行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

『ブルーロック』258話!のネタバレ 

 

それでは『ブルーロック』258話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

潔世一のスーパーシュートは世界中を沸かせる

 

バスタード・ミュンヘンの潔世一は、遂に得点を決めました。

P・X・G(パリ・エクスジェン)の糸師凛と同じチームのミヒャエル・カイザーの妨害を回避。

しかも、新しい得意技・二銃式直撃弾(トゥーガンボレー)を発明したのです。

そのインパクトは強烈で世界中の観戦者達は興奮していました。

若い青年や少年は、潔の超絶同点弾に憧れを抱きます。

家族で観戦していた者達は、潔が見せた超人的な空中での直撃蹴弾(ダイレクトシュート)に歓喜していました。

バスタード・ミュンヘンを同点に導いた潔。

彼は、その場で叫びガッツポーズを見せていました。

フィールドでは、潔のスーパープレーに誰もが震撼。

潔を防げなかった凛とカイザーは、怒りの大絶叫を上げていたのです。

鳥旅人は、潔が空中で左右切り返したシュートが未だ信じられません。

時光青志は、潔を見て怯えながらバケモノだと呟く事に精一杯。

雷市陣吾は、潔がゴールを決めたのを喜び何度も叫んでいました。

七星虹郎は、潔がまだ進化して行くと全身を硬直。

士道龍聖は、潔が見せた爆発が凄いと称賛します。

彼は、潔から視線を話さずに笑い続けていました。

シュートを決めた潔に、國神錬介が近づきます。

國神は、潔に向かってもうパスを出さないと宣言。

しかも、他人(ヒト)任せエゴイストと呼び捨て去っていきます。

潔は、表情を変えず淡々と対応。

また戦い合おう正々堂々と、國神をジャンキーと言い見送ります。

潔の同点弾は、フィールドの全選手にも大きな影響を及ぼしたのです。

 

 

潔、遂に熱いゴールを決めてくれました。

彼の二銃式直撃弾は、本当に見事としか言えません。

潔のスーパーゴールは、世界中を大興奮の渦に叩き込みました。

彼の姿を見て憧れ歓喜する者達が多いのには、とても驚きです。

潔が叫んでガッツポーズを見せた光景がとても印象的でした。

一方、潔を阻止する事に失敗した凛とカイザーの2名。

彼らが感情を剥き出しにした怒りの絶叫も迫力あり過ぎです。

潔の覚醒と味わった屈辱をどう晴らして行くのかも注目。

凜達もこのままでは終わらないと思います。

フィールドに居た他の選手達も潔のプレーに大きな影響を受けました。

特に、時光がバケモノと呟く所。

雷市が嬉しさのあまり叫び続ける所は笑えました。

その中で、國神のみ潔に塩対応。

今回は、パスを出したがもう出さないと宣言します。

潔もまた戦い競い合おうと約束する潔。

お互い言葉は悪いですが、信頼と変わらない絆が伝わりました。

羊と國神からの連携で決めた潔が、単独でゴールを決める瞬間も見てみたいです。

それでは、再び話の続きを見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

潔世一と氷織羊、喜びの会話と分析時間

 

バスタード・ミュンヘンの潔世一に背後から飛びついて来た選手が居ました。

それは、同じチームの氷織羊。

彼は、潔が決めた二銃式直撃弾(トゥーガンボレー)を大絶賛。

最強過ぎると笑顔を見せ喜びを爆発させていたのです。

潔は、羊のパスもエグかったと笑って手を出します。

そんなのは当たり前だと潔をアホと呼びながら叩く羊。

羊は、潔に向かってある質問をします。

その内容は、自分のパスや國神錬介のアシストに対する計算。

何処まで見抜いてシュートに持って行ったのか教えてくれと迫ったのです。

まず、潔は羊のパスを信頼していたと告白。

國神のプレーは、現在の思考状態を逆算して動いたと語りました。

國神は、リベンジ心からP・X・G(パリ・エクスジェン)の士道龍聖をマークしていた事。

士道に喰らい付きフィールドを動いていると理解していました。

それは、國神がバスタード・ミュンヘンのピンチやチャンスにも出現する高確率。

國神が必ず士道に競り勝ち、それを自分が信じれた結果論だったと話します。

羊は、潔の話を聞き納得。

潔だからこそ出来た関係値の信頼による連鎖から生まれたと気づきます。

そこから直撃蹴弾(ダイレクトシュート)の二段式に繋がったのだと言いました。

しかし、潔は違うと素直に回答。

今回決めた二銃式直撃弾は、計算外だったと告げます。

羊は、潔の言葉に驚く事しか出来ません。

彼らの話は、まだ延々と続いて行くのでした。

 

 

羊と潔が喜ぶ姿がとても印象的でした。

彼らが見せた最高同士のぶつかり合いによる素敵な結果。

2人の砕けて弾む会話がとても新鮮です。

羊は、自分や國神の連携を計算していたのかと率直な質問。

潔は、羊のパスを超絶に信頼していたと告白。

國神の方は、思考を読み逆算し利用した点には恐れ入りました。

士道の対抗心からマークを執拗に実行していた國神。

彼のプレーは、チームの危機と勝機に必ず出没すると分析していました。

國神が士道に必ず勝利して自分に繋げると信じていた強気の潔。

見事というしか言葉が出ません。

羊は、信頼の連鎖から二銃式直撃弾が出来たと納得。

でも、潔はそのシュートは想定外だったと打ち明けました。

潔がどんな状況と考えで得点に結びつけたのか詳しく知りたいです。

潔と羊の会話に注目をして行きましょう。

 

スポンサーリンク

潔世一、新兵器の発明に戦慄する

 

バスタード・ミュンヘンの潔世一は、氷織羊と会話を続けて行きます。

二銃式直撃弾(トゥーガンボレー)を決める事を全く考えていなかったと告げる潔。

混戦から抜け出せてフリーとなった時、そのまま決められると思っていたと話します。

しかし、P・X・G(パリ・エクスジェン)の糸師凛の急接近。

更に、ミヒャエル・カイザーの邪魔が入るとは計算外だったと教えます。

競り合いの中でとっさに出たシュートだったと説明。

ただ、1番のヒントになったのは、ある選手のシュートだったと語りました。

潔が参考にしたのは、マンシャイン・Cの凪誠士郎。

彼が試合で決めた空中曲芸砲(ジャグリング・ショット)だったと言います。

潔の中で、誠士郎のシュートする動作イメージが頭の片隅に残っていた事。

凜とカイザーに挟まれて、危機一髪だったとも打ち明けます。

得意の直撃蹴弾(ダイレクトシュート)の選択肢を殺された潔。

それでも、即興(アドリブ)でシュートを諦めずに狙ったと素直に言いました。

その結果が、自然と二銃式直撃弾に繋がったと全て話し終えます。

それを聞いた羊は、とても嬉しそうな表情を見せていました。

誠士郎の発想と潔が生み出した両脚直撃蹴弾の合体技。

それが見事にマッチしたのだと理解します。

潔は、自分が誠士郎から勝手にパクったプレーだと告白。

今回の二銃式直撃弾は、自分の中だけでは生まれなかった新兵器だと話しました。

羊は、改めて潔の武器となった左右両式空中早打ち可能な二銃式直撃弾を考察。

この技がとてもヤバくないかと驚きを隠せません。

潔は、羊の言葉がよくわかっていなかったのです。

羊は、丁寧に潔に向かって説明を開始。

左右どちらからシュートをブロックされても、空中フェイクも出来ると教えます。

更に、タイミングをずらし躱したり撃てる技。

防ごうとするGKも読みにくい厄介な状況になるとメリットを列挙して行きます。

羊は、潔が二銃式直撃弾の再現性を高めたら無敵だと強調。

ようやく、潔は羊の語る内容を感じ取ることができたのです。

自分は、とんでもない蹴技を発明したのかもしれないと冷や汗を掻く潔。

彼の脳裏には、二銃式直撃弾という新たな最強で最高のピースが完成していたのです。

潔は、二銃式直撃弾の凄まじさを実感していきました。

 

 

潔のシュートを決めた状況がより鮮明にわかってきました。

フリーとなり抜け出せたのでそのまま得意の直撃蹴弾を決める思考しかなかった潔。

しかし、凛とカイザーによる予想外の邪魔で困難となります。

それでも、危機的状況の中で誠士郎のシュートイメージが浮かび上がりました。

彼が決めた空中曲芸砲が脳裏に焼き付いていたのでそれを参考。

アドリブでシュートを狙った結果もマッチして、二銃式直撃弾が決められたと告げました。

偶然とはいえ、誠士郎の発想と潔の合体技が凄すぎます。

潔も自分では生まれなかった新兵器だと誠士郎に感謝している所が印象的です。

羊は、空中でも早打ち可能な二銃式直撃弾がヤバい武器だと宣言。

失敗しても空中フェイクやタイミングを遅らせたりする事が可能だと説明しました。

GKも止める事が容易でない潔にとってはメリットしかない大技。

これが確実に使いこなせたらとんでもないと潔自身も驚愕していました。

彼が様々なバリエーションで操れたら無敵だと感じます。

潔は、新兵器で世界一のストライカーを目指して貰いたいと思います。

フィールドがこれからどんな流れになっていくのか面白くなってきました。

どんなアクションが起きるのか楽しみです。

 

スポンサーリンク

ノエル・ノアの選手交代は、チームの流れを変化させていく

 

バスタード・ミュンヘンの潔世一の背後から呼び掛ける者が居ました。

ナイスゴールだと告げた人物。

それは、バスタード・ミュンヘンの指導者ストライカーであるノエル・ノアでした。

ノアは、ここで選手交代だと宣言。

バスタード・ミュンヘンの全選手達に語り掛けて行きます。

今、潔を中心にチームが完全に機能し始めたと説明。

潔を起点にした戦術をより強固なものにする為に行うと告げました。

ノアは、ベネディクト・グリムに下がれと命令。

グリムは、大きな衝撃を受けて言葉が出ません。

更に、ノアは黒名蘭世に入れと指示します。

やる気満々の蘭世は、行くしやるとその場でジャンプしアピール全開。

その状況を見て潔は、内心驚きながらも黙っていました。

アレクシス・ネスは、信じられない交代だと動揺。

ミヒャエル・カイザーの表情は、怒りに満ち溢れていました。

潔は、カイザー中心の戦術がネスとグリムで今まで展開していた事を理解。

しかし、グリムが外れた事でカイザーとネスの2人しか出来ないと悟ります。

潔は、この状態がヤバくて大チャンスだと察知。

自分が決めた二銃式直撃弾(トゥーガンボレー)のゴールの影響が大きいと見抜きます。

己のプレーがチームの勢力図を変えたと読んだ潔。

しかも、ノアが自分のゴールに期待しているとも肌で感じたのです。

蘭世の投入で自分のシュートが決めやすくやりやすい状況になると実感。

蘭世は、潔に近づき2点目も行くべしだとピースサインを送ります。

やがて、潔の中である感情が次第に湧き上がって行きます。

それは、とても強く静かに熱く燃え上がって行ったのです。

 

 

ゴールの余韻に浸る潔にノアが声を掛けてきました。

潔を称賛すると共に選手交代の宣言。

ノアの絶妙過ぎるタイミングは、慧眼で指導者として流石です。

彼は、バスタード・ミュンヘンの戦術が潔中心に動き出したと実感。

より勝利の為、強固で確実な得点を決める為の判断でした。

グリムを下げて、蘭世を投入。

カイザーとネスは、当然面白くありません。

怒りの形相を見せるカイザーが怖すぎます。

弱体化したカイザーとネスに逆転の秘策があるか、興味深いです。

その現実を目の当たりにした潔は、自分のゴールが勢力図を変えたと認識。

ノアの期待と蘭世のアシストが加われば、プレーがしやすく2点目も狙えると気づきます。

その最中で、とある感情が湧き上がる潔。

彼の中で、また新たな熱く激しいエゴが誕生するのか見物です。

劇的なドラマが続き、とても面白い展開になってきました。

 

スポンサーリンク

世界一の道筋が見え熱いプレーを渇望する潔世一

 

バスタード・ミュンヘンの潔世一の中にある感情が生まれます。

それは、次も己が得点を決めたいと言う気持ちでした。

ミヒャエル・カイザーとの勝負に決着がつけられると考える潔。

完全勝利した暁には、バスタード・ミュンヘンが自分のチームになると察知します。

そして、この新英雄大戦で個人3得点(ハットトリック)を決め優勝。

そうすれば、P・X・G(パリ・エクスジェン)の糸師凛を超えられると実感しました。

2位の潔は、新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)で1位になれるとも確信。

潔は、今がチャンスで行けるし勝てると呟きます。

やがて、彼の脳内であるイメージが流れ続けて止まりません。

指導者ストライカーのノエル・ノアは、表情も変えず潔を見つめていました。

潔は、新英雄大戦が終わった後の未来が視えてきます。

その先に待つのは、己がずっと渇望した世界一ストライカーの座。

新兵器・二銃式直撃弾(トゥーガンボレー)を引っ提げた潔に迷いはありません。

超強気の自信が全身に満ち溢れて、前を進む事しか選択肢が無かったのです。

潔の闘志は、最高潮に燃え上がります。

彼は、速く試合をさせろとギラギラした眼差しで発言。

潔の新しいエゴが誕生したのです。

今までは、遠くて将来のビジョンが描けなかった潔。

しかし、今度ばかりは違いました。

潔は、プレーでゴールを決める気持ちが全開。

高く険しい頂に向かい、挑戦する道程を歩み始めたのです。

潔の野心がより静かに加熱して行きました。

 

 

潔の中で、次もゴールを決めたいと言う強い気持ちが高まってきました。

彼のストイックすぎる姿勢が熱くて痺れます。

ライバルであるカイザーとの得点勝負に勝利できる大チャンスが到来した潔。

勝利したら、バスタード・ミュンヘンが完全に自分中心のチームになれると理解します。

更に、この最終戦でハットトリックを決めて優勝すれば凛を超える事も可能。

新英雄大戦で1位となれる強い自信が生まれました。

その後も脳内に未来のイメージが途切れない潔。

新兵器も手に入れた潔は、無双状態に突入しました。

そして、目指すのはやはり世界一のストライカーです。

より潔の夢が現実を帯びてきました。

超強気の潔は、今すぐにプレーしたいと渇望。

己のエゴイストがより高まり、ギラギラした野心を見せてくれました。

潔の覚悟と決意が、プレーに結び良い結果を出す事を願います。

困難な道に挑む潔がカッコ良いです。

これからの試合展開がどうなっていくのか、とても期待したいと思います。

次回の話も続きが早く読みたくて仕方ありません。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブルーロック』ネタバレ258-259話のまとめ

 

今回のブルーロック258話は、潔のゴールの大きな影響が描かれていました。

彼のスーパーシュートは、フィールドや全世界を震撼。

それを止められない凛とカイザーが見せた怒りの絶叫がインパクト大きかったです。

他の選手達も潔のスーパープレーに驚きを隠せません。

國神はもう潔にパスを出さないと不器用ながらも宣言。

潔もそれを理解して堂々と競い合おうという光景が熱かったです。

羊は、潔の新兵器・二銃式直撃弾を大絶賛。

潔は、羊のパスや國神のアシストを絶大に信頼していたと打ち明けます。

國神のプレーは、士道を倒す為にチームのピンチやチャンスに搭乗すると確信する潔。

彼の対抗心を逆算してゴールに結びつけた思考や戦術が見事です。

しかし、二銃式直撃弾だけは想定外だと説明。

凜とカイザーが迫る中、発明を強いられたと素直に語るのが潔らしかったです。

彼が参考にしたのは、天才・凪誠士郎が見せた空中曲芸砲の強いイメージでした。

その発想を組み合わせた早打ちの合体技。

羊の分析で、フェイクやGKも見切る事が困難なヤバすぎる武器だと解かりました。

潔がこの強烈すぎる超兵器をどう活用して行くのかも今後の楽しみです。

その最中、ノアによる選手交代の指示。

グリムを下げて、蘭世を投入する展開となり潔に有利な方向になっていきました。

戦力ダウンのカイザーとネスもこのままで終わらない気配がします。

潔は、蘭世のフォローやノアの期待を実感。

更に、あるエゴが彼の中でまた新たに誕生しました。

2点目も取れば、カイザーとの得点勝負に完全決着。

バスタード・ミュンヘンが己主体のチームになれると歓喜します。

そして、ハットトリックを決めれば凛を超える事も可能。

新英雄大戦で優勝し1位に浮上できると闘志が漲ります。

その先の未来と言う名のビジョンも見え始めた潔。

遠く感じた世界一のストライカーに到達する事が近づいてきました。

二銃式直撃弾と言う超兵器を装備した潔の無敵状態。

直ぐにプレーして結果を出したいと燃え上がっていました。

潔が何処まで行けるのか見てみたいです。

試合が荒れてよりハードになって行きそうな予感しかしません。

P・X・Gの逆襲にも注目です。

それでは、また、次の話でお会いしましょう。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒ブルーロック260話!ミヒャエルカイザー壮絶過ぎる暗黒の過・・

⇒ブルーロック259話!ミヒャエルカイザー逆転の不可能挑戦へ・・

⇒ブルーロック257話!意外な結末!潔世一二銃式直撃弾で運命・・

⇒ブルーロック256話!氷織羊最終手段を選択!?シャルルの計・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA