最新ネタバレ『ヒロアカ』420-421話!考察!白雲の意識が蘇る?エリちゃんの巻き戻し発動!デクを助けに参戦するクラスメイト!!

PR

スポンサーリンク

最新ネタバレ『ヒロアカ』420-421話!考察!白雲の意識が蘇る?エリちゃんの巻き戻し発動!デクを助けに参戦するクラスメイト!!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • AFOは死柄木に完全に取り込まれて消えていた。
  • デクの両腕はエリちゃんの巻き戻しで無事復活。
  • 相澤によりワープゲートからデクの援軍がやって来る。

死柄木の深層世界で突如復活したAFO(オール・フォー・ワン)は、驚きの真実を述べます。

志村転孤の誕生はAFOが孤太朗に仕向けたものであること。

崩壊の個性がドクターによる破滅のみに進む粗悪な複製品であること。

その個性をAFOが転孤に与えたこと。

死柄木の選択や感情の全てがAFO に与えられたものであったこと。

ショックを受けた死柄木の自我は粉砕され、その身体はAFOが乗っ取りに成功します。

一方、現実世界に戻ってきたデクの肉体は、深層世界のダメージが反映されていました。

両腕が欠損していたのです。

デクにトドメを刺そうとするAFO。

そこにワープゾーンからデクの援軍がやって来ました。

クラスメイトの瀬呂、砂藤、尾白。

そしてイレイザー・ヘッドこと相澤消太です。

 

スポンサーリンク

 

『僕のヒーローアカデミア』420話のネタバレ

 

それでは僕のヒーローアカデミア第420話『相澤くんから』の要点をまとめてみました。

死柄木の心が完全に消えて、その肉体を乗っ取ったAFO。

歴代OFA(ワン・フォー・オール)の因子は死柄木に譲渡されたので、現在のAFOはOFAも配下にあります。

ピンチのデクを助けにきた相澤たち。

ワープゾーンを利用した出現から、黒霧に対する動きにも変化があったようです。

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

元2年A組

 

黒霧と共にワープした相澤とマイク。

一体ここは何処なのか?

周囲を荒波に囲まれた岩場に飛ばされていました。

通信も効かないため状況が把握できません。

調子良く壊れたなと黒霧を殴るマイク。

自らの運命を委ねるべきではなかったと後悔します。

こんな屍体に縋るべきでなかったと再び殴ろうとします。

その拳を止めたのは黒霧の異変に気付いた相澤でした。

泣いているのはマイクだけではありません。

黒霧も泣いていると感じたのです。

こいつは脳無だと懸命に否定するマイク。

目の前の存在が白雲ではなく黒霧だと思い込むつもりです。

死柄木ハメた相澤が邪魔だから排除された。

だから戦線に復活したら黒霧を壊すべきだとマイクは主張します。

お互いに31歳です。

いつまでも雄英高校の2年A組生のままではいられません。

タルタロスの奇跡は忘れた方が良いと、マイクは相澤に諭します。

しかし白雲は雄英生のまま死にました。

相澤に頭を掴まれて質問を受ける黒霧は何か呻いています。

タルタロスでは白い栓を引き抜いた相澤たち。

黒に白をどれだけ混ぜても真っ白にはなりません。

しかし黒については逆でした。

だから黒霧は再び動いたのです。

相澤にはマイクの言わんとすることを理解しています。

二人とも今はヒーロー科の教師です。

雄英生たちを無事卒業まで送り出す義務があります。

相澤、マイク、白雲たちが過ごした雄英高校こそが原点です。

カタコトで黒霧から“ヤマダ”と言葉を聞いたマイクは顔を上げられません。

思い出が消えてくれないのです。

よく見ると黒霧の後頭部が白雲朧の姿に変化しつつありました。

 

スポンサーリンク

作戦は次の段階へ

 

作戦本部との通信が回復した相澤。

塚内に物間の状況を確認しますが、今は頭部を打って緊急搬送中です。

すると相澤は各地戦況と稼働可能な人員、そして座標位置を次々と確認します。

相澤は避難シェルターにワープアウトしました。

驚くエクトプラズム。

黒霧が使用可能になったため、防衛特化以外のヒーローを招集するよう要請します。

すぐに戦線に行けるのかと声を上げたのはデステゴロです。

市民としてシェルターに避難していたようです。

ほかにも無名のヒーローも参加を志願します。

それだけではありません。

オールマイトTシャツをはじめ、市民たちも多くの救援物資を手にしています。

一瞬意外そうな表情をしつつ、相澤は感謝の言葉を口にします。

戦いの趨勢はほぼ決しています。

今は各地で戦線可能なヒーローを当たっていますが、残すは国立多古場競技場です。

ここでは面制圧と長持久戦で犯罪史に名の残すダツゴクがいました。

嬰兒樹(えいじじゅ)ギャシュリーです。

瀬呂や砂藤たちは乱戦さながらの状況にありましたが、ワープゲートを通じて1年B組のジャックマンティス、リザーディたちが参戦。

相澤は分断作戦“フェーズ3”への移行を宣言します。

 

スポンサーリンク

朋友遠方より来れり

 

デクとAFOの戦線にワープアウトしてきた相澤たち。

両腕が欠損してどの程度経過したのかデクには分かりません。

死柄木の深層世界の中で戦っていたからです。

AFOは死柄木と統合しただけだと嘯いていました。

しかし死柄木の場合は違います。

AFOは死柄木に完全に取り込まれて消えていました。

そのため、転孤(死柄木)の心をうった時に一緒に砕けているはずです。

デクは目の前のAFOが何者なのか考えます。

相澤はエリちゃんからオデコに付いていた角を託されていました。

デクのためにと自らの角を折っていたのです。

協力したエクトプラズムはエリちゃんが賢い娘だと知っています。

エリちゃんは力の使い方を勉強しました。

角を折っても効力はあると分かっています。

オールマイトや爆豪の時には助けることが出来ませんでした。

エリちゃんの個性自体に傷がつくと相澤は懸念しますが、後悔はしたくありません。

お歌が好きだと耳郎を思い浮かべながら語るエリちゃん。

デクが戻ってきたら一緒に歌いたいのです。

微々たる力かもしれませんが、エリちゃんも戦いたいのでした。

エリちゃんのエネルギーは満タンではないため、巻き戻しの効果は2~3分程度がいいところ。

それでもデクの両腕は再生していきます。

ホッとする相澤はエリちゃんの歌を聴くまで死ねないとデクに語ります。

デクは涙を流すしかありません。

さらには多くのワープゾーンから次々とヒーローたちが参戦します。

デクが頑張る姿を見ていると、動けなかったはずの体が動いてしまいます。

背後のワープゾーンからは、峰田、上鳴、八百万たちも登場するのでした。

 

スポンサーリンク
"
"

『僕のヒーローアカデミア』420-421話の考察まとめ

 

黒霧の制御に成功した相澤によりワープゲートからデクの援軍がやって来る。

そんな感じのお話でした。

人によっては高校時代の親友とは一生の宝物でもあります。

大人として無理矢理割り切ろうとするマイクと最後まで拘り続ける相澤。

オッサンになっても色あせない白雲に対する二人の熱い思いに涙がホロリです。

男の子は涙を流さない。

今どき小学生でも言わないセリフを堂々と発するマイク。

人情味にあふれていい味だしています。

デクの両腕はエリちゃんの巻き戻しで無事復活。

もう少し引っ張るかと思いましたが、この辺りは概ね予想通りかな。

小さな子供を戦線に参加させないためには、角の折るのがベストではないにせよ仕方のない方法かもしれません。

ラストはA組のクラスメイトがさらに参戦。

歯を食いしばって踏ん張る峰田が熱い。

上鳴の表情はギャグではなく電池切れのままのようです。

気になるのは今後の戦い方でしょう。

デクの両腕は復活しましたが、OFAの因子はAFOに残ったままでしょう。

恐らくは無個性のデク。

ヤオモモが何か作り出して、デクがフルアーマーを装着して戦うのか?

デクがクラスメイトに指示を出しながら総動員で戦うのか?

この場合は瀬呂が黒鞭、飯田が参戦すれば2代目の変速の代わりとしてなどです。

ついでに焦凍や爆豪も戦線に復活して欲しいのですが。

また、オールマイトがそうであったように、デクにもOFAの残り火があり最後のワンチャンで使い切る?

などなど。

沈黙するAFOの様子に不気味なものを感じますが、勢いは俄然としてヒーロー側が有利に動いています。

フェーズ3の全体概要も気になります。

ギャシュリーが局地戦の顔見せ程度で終わらなければいいのですが。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒『ヒロアカ』422話!仲間が作るビクトリーロード!仲間の声援を受けてデ・・

⇒『ヒロアカ』421話!頑張れデク!ヒーロー全員集合で最終決・・

⇒『ヒロアカ』419話!AFO復活で死柄木消滅?両手欠損のデクに援軍が到着・・

⇒『ヒロアカ』418話!死柄木はヴィランのヒーロー!?AFOが真のラスボス・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA