最新ネタバレ『キングダム』794-795話!考察!亜花錦が王翦を立て直す!ただし王翦軍はこの戦いで壊滅!

PR

スポンサーリンク

【キングダム】794話ネタバレ最新!亜花錦が王翦を立て直す!ただし王翦軍はこの戦いで壊滅!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • 王翦軍は敗走し、壊滅の危機に立つ。
  • 亜花錦が現れて王翦を救い、王翦の復活を励ます。
  • 王翦軍は掃討戦で完全に壊滅する。

右翼戦場に信たちが戻りました。

が、時すでに遅し。

王翦軍本陣は崩壊し、王翦は後退を始めるもそれも危うい状況となっていました。

致命傷を負っていた亜光が…同じく田里弥が…王翦の復活を信じながら倉央に後を託し、最後の命を尽くして王翦退却の時間を稼ぎ散っていったのでした…。

第794話『根を残す』は久々のあのキャラの登場です!

 

スポンサーリンク

 

『キングダム』794話!のネタバレ

 

それでは『キングダム』794話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

李牧に届く勝報

 

その頃、李牧に「王翦敗走」の報せが届いていました。

敵総大将・王翦の敗走、それはつまり趙軍の勝利!ということで側近たちは喜びに沸きます。

ただし王翦の首が取れたわけではないので李牧はまだ気を抜きません。

すでに国境までの間に軍を展開しているため逃がしはしないだろうものの、当然ここで討てれば確実。

勝利は確定したとはいえ、王翦の首を取れるかどうかで影響の大きさは全く違います。

桓騎に続き王翦まで失えば、さすがに秦の中華統一への道は砕け散るはずですから。

李牧はここで確実に王翦の首を取るよう、心の中で強く青歌軍に託しました。

 

スポンサーリンク

倉央に訪れた絶体絶命

 

実際、王翦の首まであと一歩の状況。

田里弥のおかげで司馬尚たちとはやや距離ができたものの、青歌兵の回り込みが早すぎて振り切れないでいるのです。

倉央兵ももう限界。

倉央ももちろん、いざとなれば亜光や田里弥のように盾となって死ぬことは容易にできます。

しかし、それでは王翦もここで討たれることになってしまいます。

王翦だけは脱出させる!それが王翦軍の意志、そして仲間たちに託された倉央の絶対の使命なのです。

ところが前方から敵の新たな騎馬隊が…。

これにはさすがの倉央も諦めに至り、王翦様を守れなかったと田里弥に謝罪したのでした。

 

スポンサーリンク

いざという時の亜花錦!

 

すると、そこへなんと亜花錦が現れ敵を一閃!!

亜花錦隊が敵の後方から現れたのです。

驚く王翦軍に、亜花錦は王賁の指示で来たと説明しました。

王賁の命で来たもののすでに絶体絶命の窮地だったので、あえて中には入らず脱出の援けになろうと外で張っていたのだそう。

本当に機転が利いていつも頼りになります!

 

スポンサーリンク

王翦がやや立ち直る

 

亜光、田里弥に続き、今度は亜花錦隊が殿を引き受けます。

亜花錦は「王翦が死ななければ“根は残る”」と伝え、王翦を咤激励しました。

根が残れば復活できる、そのために皆が犠牲になっているのだと。

するとその言葉に、王翦が「復活への道筋について思考を巡らせている」といつもの冷静な表情を取り戻したのでした。

 

スポンサーリンク

糸凌、尽きる

 

とはいえ王翦軍は完全に敗北です。

倉央は辺りを見渡し、常勝だった王翦軍が初めて見る敗戦の光景を胸に刻みました。

そしてその中に糸凌がいることを思い「すまぬ」と涙したのでした。

その頃、糸凌は生きていました!

しかしすでに満身創痍であり、倉央を思いながら手を伸ばしますが当然その手は握り返されることはなく、そのまま馬上に倒れたのでした。

そこを趙軍が包囲し、一緒にいた糸凌の側近2名が討たれてしまいます。

そのまま趙軍が糸凌を包囲する絶望的な描写で終わっています。

糸凌がすでに息絶えているのか、ここで趙軍にとどめを刺されてしまったのか、実際の糸凌の生死は分からないままとなっています。

 

スポンサーリンク

王翦軍、壊滅!

 

いよいよ趙軍が掃討戦に移行しました。

李牧は傅抵軍も戦場に投入。

徹底的に掃討戦が行われた結果、王翦軍はこの戦いによって壊滅したのでした…。

 

スポンサーリンク
"
"

キングダム』ネタバレ794-795話のまとめ

 

前回の描写から王賁が状況打破の鍵となるかと思っていましたが、ここで亜花錦を動かしていたとは熱いですね!

しかも、さすが亜花錦!

頼りにしかならない男です。

王翦の危機を救っただけでなく、王翦の気持ちも立て直してくれました。

ここのところの王翦は感情が揺れ動くような見たことのない姿が続いていてしんどかったので、ビシッといつものような威厳を取り戻してくれて嬉しいです。

皆が命を賭して繋ぎ続けてくれている“復活”への道。

王翦はそこへ至るための思考を巡らせているとのことなので、その言葉と王翦の力を信じていましょう。

とはいえここで王翦軍が壊滅し、秦軍にとって桓騎軍壊滅に続く悪夢に…。

ここで気になるのが中央の主戦力が壊滅し、総大将が敗走した秦軍の戦いの行方です。

特に番吾城に向かったキタリたちが気になりますね。

きつかった宜安の撤退戦も記憶に新しいですが、ここからは飛信隊・玉鳳軍・楊端和軍の動きも注目していきましょう。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒キングダム796話!壁とキタリが再会!キタリの意思がかっこ・・

⇒キングダム795話!秦軍撤退開始!番吾城へ向かったメラ族は・・

⇒キングダム793話!田里弥まで…!王翦軍の崩壊が止まらない・・

⇒キングダム792話!亜光戦死!動けない王翦!・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA