最新ネタバレ『ブラッククローバー』243-244話!考察! ダンテがアスタに会心の一撃を浴びせる!

スポンサーリンク

前回242話は、アスタとゴーシュがミラーズ・メテオライトを放つが、ダンテが悪魔の力を解放し、空間を歪ませて攻撃を躱す。

困惑しているアスタに追撃をして地面に叩きつけます。

ダンテは同じ悪魔の力を持つ者同士気が合うと思っているが、アスタとダンテは全く違う思想の持ち主です。

アスタはお前なんかと一緒にするなと言いますが、それは褒め言葉だと話します。

ダンテは悪意とは動物にはない人間だけが持つ者だと言います。

アスタはもう一度彼の言葉を否定します。

悪い気持ちを制御して正しく使えるのが人間だと言い、ダンテは変わったやつだと言います。

ダンテがさらにアスタを叩きつけようとしますが、ルージュの能力で何とか免れます。

ダンテは怒った素振りを見せて、次の瞬間悪魔の力を60パーセント解放するとバネッサの全魔力を消耗させます。

ルージュの姿が消えてしまいます。

次にヘンリーが魔力を保てなくなり、暴牛号の左腕が崩れます。

ダンテはゴーシュ、バネッサ、グレイを魔法で動けなくします。

そしてゴーシュに魔法で作った剣を体に突き刺します。

それを見て怒りが頂点に達したアスタは、ダンテを剣で吹き飛ばします。

今回で言霊魔法を使う悪魔の名前が判明します。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』243話!のネタバレ

それでは『ブラッククローバー』243話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

悪魔ルチフェロ

田畠裕基「ブラクロ」243話より引用

アスタがダンテに放った一撃でバネッサ達を捕らえていた魔力が消えます。

アスタのアンチ魔法の剣の効果が広範囲に及んだようです。

もしかしたらもうちょっと強くなったらアンチ魔法の剣の効果が持続するなんてこともありえますね。

そうなったら魔法封じが完全にできますね。

余裕のダンテにアスタは攻撃を仕掛けます。

アンチ魔法の剣から黒いもやもやが現れてダンテに向かっていきます。

アスタはうなっていて我を失っていると感じます。

黒いもやもやはダンテを追跡しますが、躱されます。

次々と攻撃を繰り出しますが、ダンテは余裕で躱します。

田畠裕基「ブラクロ」243話より引用

ダンテはあの悪魔は何者かと、自分に憑いている悪魔ルチフェロに尋ねます。

アスタは悪魔と話しませんが、ルチフェロはダンテと普通に対等に話しているようです。

悪魔の力を扱えるようになるほど、話せるようになるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

言霊魔法を使う悪魔ザグレド

田畠裕基「ブラクロ」243話より引用

ルチフェロは、上位の悪魔でこの世界に来ているのは冥府を出たザグレドだけだが…やつではない…と話します。

冥府というのは恐らく悪魔が生きている世界のことでしょう。

パトリを利用した言霊魔法を使う悪魔の名前がここで判明しました。

ルチフェロは魔法を消すというアスタに憑いている悪魔の力を姑息な力だと思っているようです。

ダンテはそれを聞いてそれでは最上位の悪魔が憑く漆黒の三極性には相手にならないなと呟きます。

最上位の悪魔が憑いているようです。

メギキュラ、ルチフェロは最上位の悪魔のようです。

 

スポンサーリンク

会心の一撃

ダンテは重力魔法で地面を操りそれをアスタに投げると、アスタはその岩の塊を破壊します。

バネッサはアスタが暴走していることに気づきますが、今は仕方ないと思います。

blank

田畠裕基「ブラクロ」243話より引用

胸に剣が刺さっているゴーシュを見て、グレイは何もできない自分に苛立って涙を流します。

何をしても無駄だと言うダンテにアスタは彼が現れるところを予知して剣を振るいます。

アスタはダンテに傷を負わせると、ダンテは傷を付けられたことに怒ります。

ダンテは性格的に自分のことをバカにされたりすると怒るようです。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』ネタバレ243-244話のまとめ

今回は、言霊魔法を使う悪魔とダンテに憑いている悪魔の名前が判明する、グレイが何もできなくて涙を流す、アスタがついに一撃をダンテに食らわせる、などが描かれました。

blank

田畠裕基「ブラクロ」243話より引用

アスタがダンテに一撃を入れたことがいいことかというと違うと感じます。

ダンテが悪魔の力を最大に解放したらどうやっても今は勝てません。

そして逃げる事もできません。

グレイが今回涙を流していましたが、もしかしたら覚醒する可能性があるかもしれませんね。

blank

田畠裕基「ブラクロ」243話より引用

あと、最上位の悪魔と言う言葉が気になりますね。

最上位の悪魔の中にも序列があるのかもしれません。

もしアスタに憑いている悪魔が最上位ではない場合、最上位の悪魔に勝つ方法を何か企んでいるかもしれません。

そのためにアスタに憑いている可能性があると感じます。

 

次回は、ダンテが悪魔の力を80パーセントくらいまで解放すると予想されます。

自分よりも弱いやつに傷つけられるのがよっぽど嫌いなようです。

バネッサがダンテに連れて行かれる可能性が今回で高まったように感じます。

ヤミがもうちょっとで出てくる可能性がありますね。

もし、ヤミが来ても勝てないならバネッサは連れていかれるでしょう。

重力魔法の弱点の魔法というものがないと厳しい状況です。

しかし、今のところ重力魔法の弱点の魔法を使える魔法騎士がいないです。

次回もお楽しみに!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です