最新ネタバレ『キングダム』793-794話!考察!田里弥まで…!王翦軍の崩壊が止まらない!

PR

スポンサーリンク

【キングダム】793話ネタバレ最新!田里弥まで…!王翦軍の崩壊が止まらない!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • 王翦軍は青歌軍の猛攻に敗北し、崩壊が進む。
  • 信が右翼戦場に戻り、宜安軍との戦闘に参加する。
  • 王翦軍の第三将、田里弥が戦死し、王翦の復活を信じる青歌軍に託される。

李牧の来訪をきっかけに「青歌の誇り」を掴むべく自ら秦趙の戦いに参戦した青歌の民たち。

しかし覚悟して出てきたとはいえ、やはり上和龍やジ・アガをはじめ多くの仲間たちが犠牲になってしまいました。

彼らの犠牲を意味のあるものであったとするためには、王翦の首を取って皆で青歌に帰ること!と覚悟を決め直した司馬尚とカン・サロ。

そして彼らの率いる青歌軍の猛攻に、王翦軍はついに敗北を受け入れざるを得なくなるほど追い詰められてしまいます。

せめて王翦だけでも逃がそうと、亜光に王翦を託しその場を引き受けようとする倉央。

ところが亜光はすでに楽彰から致命的な傷を負っていたため、王翦を倉央に託し、自分が残りの命を賭して司馬尚軍の足を止めると告げたのでした。

そして王翦の復活を断言しながら司馬尚の刃に散っていったのでした…。

第793話『本物の殿』は王翦軍にとって、そして王翦軍ファンにとってさらに厳しい展開が続きます…。

 

スポンサーリンク

 

『キングダム』793話!のネタバレ

 

それでは『キングダム』793話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

信が右翼戦場に戻る

 

久々に場面は右翼の戦場。

ここは李牧を追っていった信たち“以外の”飛信隊2万と、援軍に来てくれた玉鳳1万が、羌瘣と王賁の指揮で趙左翼・宜安軍と対峙しているところです。

しかし宜安軍は倍以上の兵数のため、さすがの羌瘣隊にも限界が訪れようとしていました。

それでも信がいない中でこれほど粘り強く戦えていることに感心する宜安軍将軍の袁環。

その粘り強さは飛信隊の地力と王賁の手腕であると感じており、信と王賁の2人を早々に封じられたことが勝因となるかもしれないと感じていました。

するとそこへようやく信が戻ってきました。

 

スポンサーリンク

王翦の元へ急ぐ王賁

 

信はすぐに王賁の元へ行き、遅くなってしまったことと、何より李牧が討てなかったことを謝罪しました。

元より王賁は趙軍の動きに違和感を抱いていましたし、その様子から李牧を討てなかったことも察していた様子。

それよりも中央戦場が一刻を争う事態だと認識していたため、信が戻ってきたらすぐに中央戦場へと向かうつもりでいました。

そこへ王翦軍本陣崩壊・王翦後退・それも危うい状況であるという急報が入ります。

それを聞いた瞬間、王賁は一目散に中央戦場へ駆けていきました。

信と河了貂も「王翦後退」の意味を感じ取り青ざめます。

 

スポンサーリンク

関常隊が楽彰に阻まれる

 

関常の元にも亜光討ち死にという衝撃的かつ絶望的な報せが届いていました。

そして王翦が脱出を試みているも包囲されている状況である、と。

関常率いる玉鳳軍は司馬尚を狙い動いていたところですが、関常はその報を聞き、包囲の外側から王翦の脱出を援ける動きに変更することにします。

ところが、それに対し楽彰軍が壁となって立ち塞がってきたのでした。

 

スポンサーリンク

田里弥が殿に

 

絶体絶命の窮地にある王翦本陣。

王翦を任された倉央ですが、青歌軍の動きが素早く、うまく突破できずにいました。

相応の突破力が必要…でも兵力を前にもってくると殿がなくなる…。

そんな葛藤の中、心の中で亜光に謝罪するほど脱出を諦めざるを得ない状況に追い込まれている倉央。

そんな時、なんと後方に田里弥と田里弥兵が出現!

生きていた、そしてここまで駆けつけてきたのです!

「フオオ!」という声もあるので山秀もいるのでしょうか。

田里弥はやはり亜光と同じく王翦の復活を信じ、そのために捨て駒になると申し出ます。

王翦が「ならん!お前も来い!」と声をかけるも、田里弥は亜光同様すでに限界を越えているため、ここで最後まで命を使い切る覚悟をしているようでした

田里弥は日頃“攻め”以外に不真面目だった倉央を咎め、「本物の殿」を見せてやると軍を展開しながら倉央に王翦を託しました。

 

スポンサーリンク

田里弥戦死

 

百人将の頃にはすでに高い実力を示していたらしい田里弥。

その名は王翦の耳にも届くほどだったようで、ある日「私のところで千人の指揮を執れ」と声をかけられたことをきっかけに王翦の下に付いたという過去がありました。

始めは自らの実力に自信満々だった様子の田里弥でしたが、王翦の傍で学んでいくほどに自分はまだまだだと感じていったようです。

ただし田里弥がそうして謙遜する一方で、王翦は「お前ほどの男が来てくれたことをありがたく思っている」と言うほど田里弥の実力をかなり評価していたようでした。

そんな過去を思い出しながら、殿としての務めを全うする田里弥。

田里弥兵が次々と散っていく中、ついに田里弥の元にもカン・サロが矛を振り上げに来ましたが、カン・サロは田里弥を斬らずに去って行きました。

田里弥はすでに息絶えていたのです。

王翦軍第三将・田里弥、戦死。

 

スポンサーリンク
"
"

キングダム』ネタバレ793-794話のまとめ

 

ぐや゙じい゙~~~!!!

田里弥までいなくなるなんて!!

今後キングダムを読んでいる限りやはり一生李牧を恨みます。

亜光の死から一週休載を挟んだとはいえ、続けての田里弥死亡はちょっと精神的に来ますね…。

しかも亜光は登場ごとにかっこいい姿が見られたので許せます(許せません)が、田里弥はやや活躍の機会が少なかったのでまだまだ見たかったです。

それに前回に引き続き王翦の姿がしんどい。

亜光はもちろん田里弥のこともどれほど信頼していたか、王翦の動揺でその絆が窺えます。

王翦は寡黙なうえに仮面を着けているため感情を読めないキャラではありましたが、そこに隠しきれないほど愛情深い人物だったのですね。

亜光や田里弥の想いに応えるためにも必ず生きて復活して欲しい!

ということでそのカギとなるのは、やはり王賁でしょうか。

将軍が2人もいなくなり加速していく秦軍の絶望に転機は訪れるのか…正直つらいですが次回も注目です。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒キングダム795話!秦軍撤退開始!番吾城へ向かったメラ族は・・

⇒キングダム794話!亜花錦が王翦を立て直す!ただし王翦軍は・・

⇒キングダム792話!亜光戦死!動けない王翦!・・

⇒『キングダム』791話!青歌民を動かした李牧の言葉!青歌の誇・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA