最新ネタバレ『炎炎ノ消防隊』211-212話!考察!巨大焔ビトの出現とジャガーノートの復活!未曽有の危機に攻撃不可!?

スポンサーリンク

大久保篤「炎炎ノ消防隊」211話より引用

はるばる新青島からやってきたスコップ。

その目的は“黒の女”の最期の言葉を伝えることでした。

「大災害が目前であり、円周率が重要」ということがシンラたちに伝えられていた時、突如不気味な地震が起き、なんと海上に巨大な柱が出現!

大災害を予感させる不穏な建造物に人々が息を呑む中、今回更なる脅威が出現します。

異常な事態に特殊消防隊の反応は!?

いち早く動きを見せた最前線が描かれます。

 

スポンサーリンク

『炎炎ノ消防隊』211話!のネタバレ

それでは『炎炎ノ消防隊』211話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

やはり柱は8本ある様子

静けさに満ちた海上に突如現れた大きな柱。

太平洋沖に起きた異変はテレビのニュースでも伝えられていました。

高さは約500mほどもあろうかという謎の柱の出現を伝えるニュースを食い入るように見る第8の面々。

そして「なにやら物騒になってきやがった…」と呟く紅丸に、「急がないと白装束の思い通りになってしまう」とジョーカー。

同じくニュースを見ている火華は、先日の修道院での一件を思い出していました。

あそこで見た柱の数を考えれば、今回の騒動は「これで終わりじゃない」と考えられるのです。

「あと七本現れるだろう」

隣にいるリヒトはその言葉を聞き「もし八本全部出てきたら…」と想像します。

そう、今回はその幕開け。

「ついに大災害が始まった」

リヒトはいつものように口角を上げながらもドキドキと恐れを感じている様子。

 

スポンサーリンク

巨大な焔ビトの出現

そこへ緊急速報が入りました。

なんと太平洋沖に出来た柱の下に巨大な焔ビトが出現したのです。

甲冑を着たような厳つい奴。

強そうで恐いです。

テレビを見ていた第8も大慌て。

「あんな焔ビトが上陸したら大変な被害になるぞ」

焦る桜備の言葉に、シンラが自分が向かうと提案しました。

シンラの足なら焔ビトの上陸前に柱まで辿り着けるはずですし、海上の戦闘にも対応できるからです。

「俺に行かせてください!」

そうしてシンラがいち早く海へ向かいました。

「頼んだぞシンラ」と空を見上げ見送る桜備。

手配中の身のため動かない方がいいという火縄の判断もあり、第8はシンラ以外は現場には向かわない姿勢の様子。

シンラの頭に乗って同行しているスコップはシンラに「やめさせるんだ!」と言っています。

どうやら柱を攻撃したら東京にとんでもない被害が出るそうなのです。

“やめさせる”の意味とは。

 

スポンサーリンク

2が現着

柱の現れた海の沿岸には『02』と書かれたマッチボックスが到着していました。

「総員配置につけ!対海上迎撃陣形用意!」

機敏に下車してきたのは第2特殊消防隊、そして指揮を執るのはもちろんグスタフ本田大隊長!

今日は初めから頭の炎が全開ですね。

現在“対海上迎撃陣形”をとっている第2ですが、「迎え撃っては遅い!ここから砲撃を!」という意見も出ています。

そうこうしている間にひとり遅れて到着した隊員がいました。

それは…ジャガーノート!!

義足と砲身のような義手をつけて登場!

地下にて右手左足を失い瀕死の重傷を負ったジャガーノートですが、危険を恐れず特殊消防官として復活してくれましたね。

「直接支援砲兵 配置につきました!」

ジャガーノートも加わり陣形を整えた第2は万全の戦闘態勢です。

 

スポンサーリンク

灰島重工も参戦!

「第2が来るなら俺が来る必要なかったろ…」

第2がいち早く駆けつけた現場にはこの人も来ていました。

「おれはまるで怪獣映画で見る強そうな大怪獣だ…俺の相手じゃない」

弱い者いじめが大好き、灰島重工の黒野です。

そんな黒野に「何を言う。まさに企業戦士のお前の仕事だ」と言っているのは大黒部長。

黒野は上司である大黒に文句を垂れながらも、対大怪獣・焔ビトへのやる気を見せました。

「やりますよ。あんなのが上陸したら俺の好きな馬鹿で弱い奴らから死んでいくんだから」

理由がやはり黒野ですね。

大黒部長は無能力者ですが、黒野が彼と社長の命令しか聞かないからこんな危険な所まで一緒に来たそう。

「いつか出世して部長の言うことも聞かなくなりますよ」という生意気な社員・黒野に「お前が出世した頃には私は役員だ!」と笑い飛ばす大黒。

黒野を飄々と扱えるのはなかなかのクセ者ですね。

文句言いながらも素直に従う黒野の会社員感、企業戦士な感じもやはり憎めないんですよね。

いつもの違い巨大な強者相手にどんな戦闘を見せてくれるのか楽しみです。

 

スポンサーリンク

ジャガーノートの砲撃

しかし出現した焔ビトですが…思ってた以上にデカい!

巨大ロボ以上に巨大ロボです。

小火器もまるで通じないレベルの巨大さに第2の面々も焦りを見せています。

そこでグスタフは「準備は?」とジャガーノートに声を掛けました。

「万全です」

以前の彼なら間違いなく怯えている状況のはずですが、ジャガーノートは落ち着いて答えました。

「強くなったな」とグスタフ。

やはり地下での死闘がジャガーノートを大きく変えていました。

「誰かがやってくれるのを待ってちゃダメなんだ…自分で戦わなくては大切なものを失ってしまう!」

あの戦いで大きな体に見合った大きな勇気と強い心を味方にしたジャガーノート。

彼は消防官として一回りも二回りも更に大きくなって現場に帰ってきたのです。

ジャガーノートが右手の砲身を構えました。

「照準合わせ!!」

義足からは対砲火衝撃アンカーが地面にセットされます。

そしてグスタフの声が響きました。

「撃ェエい!!」

ドッ!!!

ジャガーノートから放たれた砲撃はもの凄い威力。

これならあの巨大焔ビトにも通じるか!?

しかしそこに―

「ダメだ!!」

なんと突然シンラが現れ、ジャガーノートの砲撃をその身で阻止したのです。

あの威力の砲撃を間近で受けたシンラはボロボロになり海へ落ちていきました。

スコップはこうして誰かが攻撃を始めることをやめさせるようにシンラに言っていたのです。

シンラが攻撃をやめさせた理由、柱を攻撃してはいけない理由とは!?

 

スポンサーリンク
"
"

『炎炎ノ消防隊』ネタバレ211-212話のまとめ

やはりさすがに“黒の女”の言葉は「大災害は目前だよ」というだけではなかったですね。

他にも“柱を攻撃してはいけない”という大事な伝言をスコップは持ってきていました。

今回その内容は明かされませんでしたが、柱を攻撃してはいけないとなると、このまま8本完成するのを見ていることしかできないので、柱出現前に場所を予測して各特殊消防隊協力して防ぐとかでしょうか。

壊せないとなると、恐らくそれこそ「柱」と呼ばれていたシンラたちのアドラリンクなどが重要になってくるのかもしれません。

スコップの伝言はその辺の対策も込みだと期待していましょう。

さてこの状況…柱を傷つけないようにしながら、巨大焔ビトを上陸させないための動きをとることになりそうですね。

ここにいるシンラと第2、そして意外にも駆けつけた黒野の共闘が期待されます。

しかしこの巨大すぎる焔ビトの正体も気になりますね。

通常の焔ビトのように鎮魂できるものなのか…“角持ち”あるいはそれ以上の強さだったら…など、かつてない敵を前に消防隊に打つ手はあるのでしょうか。

もちろん第8もただ待機というわけではないでしょう。

次の柱がどんなペースで出現するか分からない緊迫した状況で、“黒の女”の伝言を味方に特殊消防隊がどんな手を取っていくか楽しみですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『炎炎ノ消防隊』212話!災害隊到着!シンラを巡り三者の・・

⇒『炎炎ノ消防隊』213話!ショウ参戦!シンラは誰の手に・・

⇒『炎炎ノ消防隊』210話!黒の女の伝言!柱出現で大災害が・・

⇒『炎炎ノ消防隊』214話!第4到着でオグン活躍!巨大焔ビ・・

⇒臆病な新人隊員“ジャガーノート(破壊兵器)”こと武 能登(タ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA