PR

スポンサーリンク

最新ネタバレ『はじめの一歩』1453-1454話!考察!主導権争い

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • 間柴とマーカス・ロザリオがリング中央での激しい主導権争い。
  • 初回から予想外の展開となった両者の攻撃と戦略。
  • ゴング直後に展開される高速で緊迫した攻防の詳細。

紆余曲折あり、遂に迎えたWBC世界ライト級タイトルマッチ。

チャンピオンのマーカス・ロザリオと、挑戦者である間柴はリング中央で対峙します。

ゴングの音が鳴り響くと湧き上がる「間柴コール」に会場は包まれます。

そんな大歓声の中、レフェリーがマーカス・ロザリオと間柴の2人にグローブタッチを要求すると一転緊張に包まれます。

祈るように見守る一歩と久美

東邦ジムの会長も「スタミナを削る作戦を忘れるな」と祈るように見ています。

その状況の中、リングの上でグローブタッチを交わすマーカス・ロザリオは狙っていました。

ロザリオはスタミナを削る作戦を間柴が実行する前に勝負をつけようとしていたのです。

そして、マーカス・ロザリオはそれをすぐに実行しようとしますが、ここで予期せぬ事が起きます。

間柴も同じ事を考えていたのです。

この行動に一瞬戸惑いを見せるマーカス・ロザリオ。

間柴はいきなり右ボディを炸裂させました。

一瞬あせりながらもすぐに冷静さを取り戻すマーカス・ロザリオ。

一方、射程距離に入った間柴はフリッカー振り攻撃体勢に入ります。

一体どんな展開になるのか、緊迫する1453話を早速見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『はじめの一歩』1453話!のネタバレ

 

それでは『はじめの一歩』1453話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。 

 

スポンサーリンク

死神のムチ

 

ゴングと同時に前に出たのは、なんと間柴でした。

そして、右ボディストレートを当てた後すぐにフリッカージャブを繰り出します。

死神のムチとも言われる高速の左ジャブを放つ間柴。

ですが、マーカス・ロザリオはそのフリッカージャブを何とかガードすると一旦離れ、距離を取る事を選択します。

 

スポンサーリンク

予想と逆だ

 

間柴の先制に下がるマーカス・ロザリオという構図に盛り上がりを見せる会場。

一歩は予想と逆だと驚きを見せますが、千堂はナイス選択だとみています。

そんな中、もう1人「そうだよ、そうこなくちゃ」と間柴の戦法に賛同していたのが観戦しにきていたかつてのライバル沢村竜兵でした。

 

スポンサーリンク

ロザリオの気性

 

いきなり出たのは間柴の気性だという鷹村。

一方でマーカスのロザリオの気性とも合致すると言います。

その予想通りにマーカス・ロザリオは「俺はまだ打ってないぞ」と呟きます。

そして、「俺はまだ手を出していない、不公平だぞ」と不気味な顔つきになります。

その姿を見て「目が離せない」「荒れる」「来ます」と観客席にいる皆んなが言うようにマーカス・ロザリオが前に出てきます。

 

スポンサーリンク

激しい攻防

 

不公平だぞと呟くマーカス・ロザリオは、間柴の左ジャブを交わすと攻撃に転じます。

マーカス・ロザリオはオーバーハンドから左フック、懐に入ってからのボディと目まぐるしくパンチを繰り出します。

一方の間柴もマーカス・ロザリオの攻撃を交わしながらアッパー、ストレートで応戦します。

かなり近距離で激しい攻防を続ける間柴とマーカス・ロザリオ。

観客は素晴らしい戦いに息を呑みます。

何故なら両者がこれだけパンチをくりだしているのに1発も当たらないからです。

 

スポンサーリンク

世界戦だ

 

間柴とマーカス・ロザリオの2人は共に高速の攻撃を繰り返しますが、1発も当たりません。

観客席の青木村や板垣も「一体、何がはじまったんだ」と口にし唖然とします。

その言葉を聞き、現役の世界チャンピオン鷹村はこう答えました。

「見ての通り、世界戦だ」

一体どちらが主導権を握るのか。

解説者の言葉通りに世界最高峰の舞台に観客席も熱く拳を振り上げます。

 

スポンサーリンク

『はじめの一歩』ネタバレ1453-1454話のまとめ

 

後半勝負だという予想が立つ間柴でしたが、ゴングと同時に攻撃体勢に入ったのは間柴でした。

この時、対戦相手のマーカス・ロザリオも同じ事を考えており、間柴を仕留めようとしていました。

ですが、間柴の意外な攻撃に面食らってしまったマーカス・ロザリオは右ボディストレートを喰らってしまいます。

更に追撃していく間柴は早くもフリッカージャブを放ちマーカス・ロザリオを滅多打ちにしようとしました。

そんな間柴の攻撃に一旦距離を取るマーカス・ロザリオ。

予想していなかった間柴の先制攻撃に会場は湧きあがります。

この様子に面食らう一歩。

それでも千堂や沢村竜兵は間柴が出ていくのはある程度予想していました。

そして、鷹村も2人の気性なら当たり前だと口にします。

ここからマーカス・ロザリオが攻撃を繰り出し目まぐるしい攻防が開始します。

2人とも至近距離でパンチを交錯させますが、1発もクリーンヒットを許さない、素晴らしい展開です。

観客席の青木村や板垣も「一体、何が始まった?」と困惑するほどでした。

そして、この言葉を聞いた鷹村は「見ての通り、世界戦だ」と説明します。

一歩も引かない間柴とマーカス・ロザリオ。

レベルの高い攻防の中、どちらが主導権を握っていくのでしょうか。

要チェックの次回1454話を楽しみにしたいですね。

 

読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒『はじめの一歩』1454話!当たらない・・

⇒『はじめの一歩』1452話!前へ・・

⇒『はじめの一歩』1451話!世界戦始まる・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

 

⇒はじめの一歩第1巻の無料分を読む
(すべてのはじまりはここから)

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

【はじめの一歩】ネタバレ一覧

142巻
1470話1469話1468話1467話1466話
1465話1464話1463話1462話1461話
1460話1459話1458話  
141巻
1457話1456話1455話1454話1453話
1452話1451話1450話1449話1448話
1447話1446話1445話  
140巻
1444話1443話1442話1441話1440話
1439話1438話1437話1436話1435話
1434話1433話1432話  
139巻
1431話1430話1429話1428話1427話
1426話1425話1424話1423話1422話
1421話1420話1419話  
138巻
1418話1417話1416話1415話1414話
1413話1412話1411話1410話1409話
1408話1407話1406話  
137巻
1405話1404話1403話1402話1401話
1400話1399話1398話1397話1396話
1395話1394話1393話  
136巻
1392話1391話1390話1389話1388話
1387話1386話1385話1384話1383話
1382話1381話1380話  
135巻
1379話1378話1377話1376話1375話
1374話1373話1372話1371話1370話
1369話1368話1367話  
134巻
1366話1365話1364話1363話1362話
1361話1360話1359話1358話1357話
1356話1355話1354話  
133巻
1353話1352話1351話1350話1349話
1348話1347話1346話1345話1344話
1343話    
132巻
1342話1341話1340話1339話1338話
1337話1336話1335話1334話1333話
1332話1331話   
131巻
1330話1329話1328話1327話1326話
1325話1324話1323話1322話1321話
1320話    
130巻
1319話1318話1317話1316話1315話
1314話1313話1312話1311話1310話
1309話1308話   
129巻
1307話1306話1305話1304話1303話
1302話1301話1300話1299話1298話
1297話    
128巻
1296話1295話1294話1293話1292話
1291話1290話1289話1288話1287話
1286話    
127巻
1285話1284話1283話1282話1281話
1280話1279話1278話1277話1276話
1275話    

【はじめの一歩】登場人物一覧

 

国内選手

鴨川ボクシングジム

幕之内一歩

宮田一郎

鷹村守

鴨川源二

青木勝

木村達也

板垣学

山田直道

八木晴彦

宮田父

篠田

赤松勇

黄桜大

後藤

川原ボクシングジム

宮田一郎

宮田父

木田

川原ジム会長

 

なにわ拳闘会

千堂武士

星洋行

柳岡

なにわ拳闘会

会長

 

 
東邦ボクシングジム

間柴了

平野和彦

東邦ジム会長
仲代ボクシングジム

伊達英二

沖田佳吾

仲代ジム会長

音羽ボクシングジム

速水龍一

空白

ヴォルグ

ザンギエフ

今井京介

空白

八戸拳闘会

ジェイソン

尾妻

ハンマー・ナオ

山田直道

八戸拳闘会

会長

めんそ〜れ沖縄SEASIDEGYM

島袋岩男

 

 
鬼槍留(キャリル)ボクシングジム

沢村竜平

 

 
大滝ボクシングジム

小橋健太

 

 
木下ボクシングジム

真田一機

唐沢拓三

河合ボクシングジム

矢島吉秋

冴木卓麻

 
鮫一
ボクシングジム
森山
ボクシングジム
佐山
ボクシングジム
武恵一 小島寿人疱瘡神 牧野文人
塚原ボクシングジム

福井恭介

 

 
菊元ボクシングジム

今江克孝

 

 
新日本ボクシングジム

茂田晃

鈴木利雄

 

西川ボクシングジム

小田裕介

三上

三上玲子

玉置厚

 

 
前田ボクシングジム

藤原義男

高田照彦

 
その他の国内ジム所属選手

吉田満男

藤沢正広

安川和仁

李龍洙

寺井真

石井裕太

伊賀忍

土屋

竜崎武士

ジャッカル

伊藤

 

森田マコト

 

王島総司

 

 

海外選手

 

フェザー級

リカルド

マルチネス

ジミー

シスファー

アーニー

グレゴリー

メッガン

ダッチボーイ

ポンチャイ

チュワタナ

崔正範

空白

ランディー

ボーイ

ジュニア

マルコム

ゲドー

空白

ウォーリー

空白

空白

アルフレド

ゴンザレス

 

 

 

アントニオ

ゲバラ

 

ジュニアライト級

エレキ

バッテリー

ヴォルグ

ザンギエフ

マイク

エリオット

ライト級

パパイヤ

ダチウ

アルマン

ガルシア

ボーイ

アラーデ

アーロン

ドミンゴ

  
ジュニアミドル級

ブライアン

ホーク

ラリー

ベルナルド

 

ミドル級

デビッド

イーグル

リッキー

マウス

リチャード

バイソン

 

国内選手の身内・支援者

釣り船幕之内

幕之内寛子

幕之内一男

幕之内一歩
鴨川ジムを取り巻く人々

梅沢正彦

間柴久美

トミ子

山口智子

猫田銀八

鷹村家

鷹村卓

鷹村京香

板垣家

板垣菜々子

板垣父

月刊ボクシングファン編集部

藤井稔

飯村真理

 

海外選手の身内・支援者

ビル

スチュワート

ルスラン

ラムダ

ミゲル

ゼール

 

戦後編

ラルフ

アンダーソン

ユキ

 

 

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA