【葬送のフリーレン】 第123-124話ネタバレ!シュタルクの特別な日!誕生日の奇跡とフリーレン一行の絆 | 漫画コミック考察ブログ

PR

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】 第123-124話ネタバレ!シュタルクの特別な日!誕生日の奇跡とフリーレン一行の絆

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • シュタルクの誕生日を祝うためにフリーレンとフェルンが試行錯誤する姿が描かれる。
  • フリーレン一行が帝国領ヘーレン地方に到着し、シュタルクのための特別な一日を準備する。
  • シュタルクが街の平和を守るために暴れ牛に立ち向かい、英雄として讃えられる。

葬送のフリーレン第123話では、シュタルクの誕生日を祝うためにフリーレンとフェルンが試行錯誤する姿が描かれました。

帝国領ヘーレン地方の静かな街に到着した彼らは、久しぶりに街の安らぎを感じながら、シュタルクのための特別な一日を準備します。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】ヘーレン地方到着

フリーレン一行が帝国領ヘーレン地方に足を踏み入れた瞬間、フリーレンは今日はシュタルクの誕生日だよと明るく宣言します。

この新しい土地への到着は、彼らにとって久々の都市生活への復帰を意味していました。

フェルンはこれまでは野営ばかりで、地面が固く冷たくてあまり寝付けなかったと、自然の中で過ごした日々を振り返ります。

シュタルクは自分の誕生日を意識しつつも、鍛冶屋で斧を研いでもらうと言って歩いて行きました。

この町への到着は、新たな冒険の始まりを告げるものとなります。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】宿での休息

宿でのんびり過ごすことを計画していたフリーレン。

フェルンとシュタルクがフリーレンの寝相について話し合うのを耳にし、宿ではのんびりするといいと穏やかに応えます。

フリーレンのこの落ち着きは、一行の絆と互いへの信頼感の表れのようですね。

部屋の暖かいベッドでの休息は、フリーレン達にとって長い旅の中でのほっとする一時であり、お互いの存在がどれだけ心地よいかを再認識させてくれる時間です。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】誕生日の準備

フリーレンは、シュタルクへのプレゼントを準備するフェルンに、また変なプレゼントじゃないよね?と冗談めかして尋ねます。

これに対しフェルンは、「今回はちゃんとプレゼントを用意していました。」と自信を持って答えました。

フリーレン自身は、いつものようにユニークなアイデアを考えているようでしたが、私はハンバーグを焼くだけにするよ…と、最大限シュタルクに喜んでもらえるように心を配ったようです。

しっかりと準備をするあたり、お互いいかに大切に想っているかが伝わってきてほんわかしますね。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】贈り物のタイミング

贈り物のタイミングに悩むフェルン。

一方でフリーレンは

「プレゼントを渡すなら早い方がいいんじゃない。夕方まで時間あるし渡すチャンスはいくらでもあるんじゃない。」

と励ましの言葉をかけました。

フェルンはどんなタイミングで渡すのでしょうか?

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】暴れ牛との戦い

フリーレンとフェルンが誕生日の準備に勤しんでいる頃、主役であるシュタルクは街の平和を守るために暴れ牛に立ち向い、その勇敢さで多くの人々から感謝されていました。

街の人々から英雄として讃えられ、感謝の言葉が絶え間なくシュタルクにかけられています。

シュタルクの勇気と行動力は多くの人を魅了したようです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】英雄シュタルク

シュタルクの街での英雄的行動は、まず暴れ牛の鎮静化から始まります。

彼は迅速かつ冷静に暴れ牛を制御し、周囲の人々を守りました。

この勇敢な行為によって集まった人々からは感謝の声が上がり、その場にいた鍛冶屋のおじいさんからは、感謝の印として斧の研磨を無料で提供されます。

しかし、シュタルクは「みんなを守るのは当然のこと。そんな特別なお礼はいらないよ」と謙虚に辞退しました。

この謙虚な態度が、彼の人柄の素晴らしさをより一層際立たせ、街の人々からの愛情と尊敬を一層集めることに繋がります。

その後も、シュタルクの英雄的な振る舞いは続きます。

路地裏で樽を運ぶ人を手伝ったり、小さな子供たちが遊ぶ場を安全に保ったりと、街の人々のためにさまざまな形で貢献しました。

さらに、街の達人から特別な稽古を受けたり、変わった人物にも慕われるなど、シュタルクの人懐っこさと彼が放つ陽の光のような温かさは、街中で話題となりました。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】広場での疲労と誕生日プレゼント

長い追跡の末、フェルンはようやく広場で一人になったシュタルクを見つけます。

フェルンが疲れ果てた表情をしていることにシュタルクは驚き、彼女がなぜこんなにまでして自分を探していたのか理解しようとします。

フェルンは言葉を交わさず、シュタルクの隣に静かに座り、ゆっくりと誕生日プレゼントを差し出します。

動作一つ一つに、フェルンのシュタルクに対する深い思いやりと、シュタルクの誕生日をどれだけ大切に思っていたかが込められているようです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】革手袋と新たな誓い

フェルンから新しい革手袋を受け取ったシュタルクは、自身の古い手袋がボロボロになっていたことに気が付きました。

フェルンは、シュタルクの過去の苦労と努力を称え、新しい手袋が彼のこれからの道のりにおける新たな始まりを象徴していることを伝えます。

「もしかして、俺の以前の姿がみすぼらしかったから?」

と不安そうに尋ねるシュタルクに対しフェルンは

「外見よりも、シュタルク様の過去の挑戦と成長の証です」

と答えます。

このやり取りは、二人の間に存在する深い信頼と理解を際立たせ、シュタルクがフェルンの支持を背に新たな決意を固める瞬間となりました。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ハンバーグの夜

ハンバーグを囲んで過ごす夜は、フリーレン一行にとって、互いの絆を深める大切な時です。

「遅い、夕方に再集合って言ったでしょ。」とフリーレンがシュタルクを叱る場面もありますが、「おかわりもあるよ。」と和やかな雰囲気で誕生日を祝います。

何気ないシーンですが、フリーレン達の絆や信頼感がとてもよく表されている素敵な一コマでしたね。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】絆を深める時

シュタルクの誕生日を通じて、フリーレン一行の絆がさらに深まることが描かれました。

互いへの深い愛情と尊敬が、彼らの強い結びつきを形成しているのでしょう。

各メンバーの行動一つ一つが、この絆をより確かなものにし、彼らの旅はより一層楽しさを増していくことでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

第123話は、シュタルクの誕生日という特別な日を通じて、フリーレン一行の友情と絆の深さが確認できる回でしたね。

暖かいベッドでの休息、革手袋のプレゼント、そしてハンバーグでの誕生日祝いは、彼らの関係性の美しさが際立っていました。

次回は、フリーレンが村長に命を狙われることに?!

唐突な展開にどう向き合うか、その勇気と絆が再び試されることになりそうです。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒葬送のフリーレン125話!フリーレン危機一髪!最後に残され・・

⇒葬送のフリーレン124話!影なる戦士の真実とは?フリーレ・・

⇒葬送のフリーレン122話!没落貴族アルメー伯と城塞の秘密・・

⇒葬送のフリーレン121話!壺に秘められた闇!帝国の謎を解・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA