【葬送のフリーレン】122話ネタバレ!没落貴族アルメー伯と城塞の秘密! | 漫画コミック考察ブログ

PR

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】122話ネタバレ!没落貴族アルメー伯と城塞の秘密!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • ティタン城塞は帝国の歴史と魔法文明の栄光を物語る重要な場所。
  • アルメー伯はかつて権威ある家族であり、現在は没落している。
  • フリーレンはフランメから受け継いだ魔法の理論に再び気づかされる。

第122話では、フリーレン一行が伝説のティタン城塞跡を訪れ、そこでアルメー伯という没落貴族と運命的な出会いを果たします。

城塞の秘室、遺産の探索、そして壮絶な魔物との戦いを経て、フリーレンはかつての師フランメから受け継いだ魔法の理論と、その深遠な価値に改めて気づかされるのでした。

第122話を通じて、フリーレン一行は真の宝物とは何か、そして帝国の遺産の重要性を再認識することになります。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】ティタン城塞の伝説への到着

ティタン城塞…これが伝説の難攻不落の要塞かとフリーレンの言葉に始まり、一行はティタン城塞跡に到着します。

かつて魔王軍との激戦の舞台となったこの地は、帝国の歴史と魔法文明の栄光を物語る重要な場所です。

「獅子の身中に帝国あり」という言葉が、かつての獅子奮迅の活躍を象徴しています。

帝国は魔王軍の領地に囲まれながらも、その圧倒的な技術力で反撃に成功し、一部の領地を取り返すことに成功しました。

これは、魔法文明としての帝国の栄光と、その技術力の高さを示すエピソードであり、フリーレン一行の到着はこの歴史的な背景を感じ取る重要な瞬間でした。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】アルメー伯との運命的な出会い

魔物に寝技かける人、初めて見た…とフェルンがつぶやきます。

上半身裸で魔物と戦うアルメー伯との初遭遇は、一行にとって衝撃的な出来事でした。

アルメー伯の「その名で呼ばれるのは本当に懐かしいですな。」という言葉は、彼の過去の栄光と現在の没落した境遇を物語っています。

アルメー伯家はかつて権威ある家族でしたが、政争に弱く、祖父の代に没落してしまいました。

フリーレンは過去に帝国領を訪れた経験があるため、彼らとの運命的な出会いは、これまでの歴史と未来の可能性をつなぐ重要な一歩となります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】アルメー家の遺産と隠し部屋の秘密

何か訳ありのようで、ちょうど冒険者方に依頼したいことがあるんですとアルメーが話し始めます。

城塞地下の隠し部屋にあるアルメー家の遺産を取り返しにきたアルメーと、フリーレン一行の共同の探求は、冒険の新たな幕開けを告げます。

アルメー家の過去と現在の状況が明らかになり、彼らの隠し部屋と遺産にまつわる秘密の探索が始まります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】城塞内の試練と魔物たちとの遭遇

フリーレン一行が城塞内部へと進入すると、彼らは連続する試練と多数の魔物との激闘に直面します。

「やっぱり大陸北部の魔物は厄介なのが多いね。」

フリーレンの言葉通り、これらの戦闘は一行の勇気と結束力を試す重要な瞬間となります。

アルメーは、「危なくなったら逃げてください。」と警告しますが、フリーレンは最後まで戦う決意を示します。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】フランメの遺した理論:魔法の真価

フリーレンの回想シーンでは、彼女がかつての師フランメから受け継いだ魔法の理論と、その深遠な価値について語られます。

「お前が一生かけても学びきれないほどの魔法を、この世界に残してやるって言ってるんだ。」

フランメの言葉は、フリーレンに対する信頼と期待を示しており、フリーレンの探究心と魔法への深い興味をさらに強くします。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】「体がポカポカする魔法」の発見と真価

体がポカポカする魔法か…なかなか珍しいとフリーレンが興味を示したこの魔法。

結局あまり役に立たなかったものの、「結局いつも通りでしたね。」とフェルンがつぶやくシーンまで、フリーレンの探究心と魔法への深い興味を再確認させる出来事でした。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】勝利と選択:真の宝物への気づき

アルメーはフリーレンたちに感謝を表明し、

「この御恩は忘れませんぞ。」

「財宝は本当にいらないのか?」

と尋ねます。

しかし、フリーレンは「私は魔法(こっち)のほうが大事だから。」と答え、物質的な価値よりも精神的な豊かさを重んじる彼女の哲学を示します。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】まとめ

最終的に、フリーレン一行はティタン城塞での冒険を通じて、アルメー家とティタン城塞の歴史、そして自らの成長を振り返ります。

フランメの不可逆性の原理の研究や、フリーレンが過去に戻ってしまった女神様の魔法に関する話は、後々の物語の伏線となりうることを示唆しています。

次回、シュタルクの誕生日にフェルンがどのような誕生日プレゼントを渡すのかも楽しみです。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒葬送のフリーレン124話!影なる戦士の真実とは?フリーレ・・

⇒『葬送のフリーレン』123話!シュタルクの特別な日!誕生日の奇・・

⇒葬送のフリーレン121話!壺に秘められた闇!帝国の謎を解・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA