最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』171-172話!考察!濡れた髪は男子の夢?!

スポンサーリンク

いよいよ始まった修学旅行ですが、かぐやは早坂のことが気になって仕方ありません。

御行と過ごす時間もなく、別行動で過ごしてしまいます。

こうして1日目はあっという間に過ぎ、迎えたのは入浴タイム!

そこには男子たちの”見たい!”という夢が詰まっています。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」171話より引用

一方、生徒会室にいた石上は伊井野と御行たちのことを話していました。

「女湯覗く展開あるけど普通に犯罪だよな」

「バレたら一発退場もありえるわね」

 

御行たち、まさかの大ピンチ?!

男子たちの夢の行方はどうなるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』171話!のネタバレ

それでは『かぐや様は告らせたい』171話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

モラルはあった

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」171話より引用

「てっきり女湯でも覗きに行ってるのかと思ってた」

田沼はたむろっている御行たちに声をかけます。

「俺たちにも最低限のモラルはある」

そう、御行たちは女湯を覗きには行っていませんでした。

最低限のモラルがあって本当によかったですねw

一歩間違えば退学になるところでした。

しかし、逆を言えばモラルは最低限しかないわけで、完全に諦めたわけではありませんでした。

 

スポンサーリンク

裸体よりエロいもの

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」171話より引用

「裸体よりエロいものがここにはある」

風祭はそう言い出します。

田沼も食いつき気味で聞きます。

御行たちが泊まるホテルは一般客もいます。

そこで一般客に配慮するため、修学旅行の学生たちは17時〜19時にお風呂を済ませるスケジュールが組まれていました。

そこから逆算すると、一班につき30分前後しか時間がないことになります。

そうするととある現象が起きると予想していたのです。

「ドライヤーが混む!」

田沼はそれがどうした?という顔をします。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」171話より引用

「濡れた髪はなんかエロい!」

風祭と豊崎にとってはたまらないようですw

 

スポンサーリンク

彼氏の特権

御行が風祭たちの持論を即座に理解したと聞き、田沼はちょっぴり引き気味です。

御行は弁解するように田沼に説明します。

御行の持論はこうです。

女子の湯上りの濡れた髪に遭遇する機会は非常に少ない

→温泉だろうとプールだろうと、基本女子は髪を乾かしてから出てくるから

→濡れた髪を見れるのは普段はプライベートな空間だけ

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」171話より引用

→彼氏の特権!

だからエロいわけですねw

御行は濡れた髪からこれからイチャつく時などを連想したわけですが、彼女のいない風祭たちからは「キモい!」と言われてしまいます。

でも彼女がいる御行と田沼はここで初めて意気投合します。

彼女の有無で全く違ってくることがよくわかりますねw

 

スポンサーリンク

ついに女子登場

男子たちが濡れた髪論争をしている間に女子が登場しました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」171話より引用

第一号は真妃です。

田沼を見つけた真妃は近寄りますが…。

風祭たちの目的を知っている田沼はそのヤバい目つきから守るためにその後に続いた渚も連れて去って行きました。

普通に女子2人の肩を抱いて離れさせる田沼…。

それを追う風祭の目が怖いですw

「ついて来て良かっただろ?」

風祭は御行に声をかけます。

御行はかぐや以外の女子を変な目で見るつもりはありませんでしたが、やっぱり濡れた髪はいいと思ってしまうのでしたw

 

スポンサーリンク

かぐや様のピ!

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」171話より引用

次に登場したのはマスメディア部の2人です。

エリカはのぼせているようで、うわ言のように呟いていました。

「かぐやしゃまの…ピ!」

それを聞いたかれんは慌ててエリカを止めます。

2人は逃げるように去って行きました。

残された男子たちの妄想は膨らんでいきます。

ピ?ピーチとか?

つまりお尻?!

盛り上がりかける風祭と豊崎に、御行は静かに怒りを伝えました。

「四宮でそういう妄想をするな」

風祭たちは顔を見合わせました。

御行はわかりやすくてかわいいですね!

 

スポンサーリンク

かぐや登場

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」171話より引用

「会長」

濡れた髪、立ちのぼる湯気…

ついにかぐやが登場します。

御行はそんなかぐやを見て、ドライヤーで乾かしてから出てくるように言います。

「心配なさらなくても部屋にドライヤーが」

「いいから!」

言いかけたかぐやに御行は即座に答えます。

「…はい」

驚いた顔をしたかぐやでしたが、御行は言葉に素直に従い、髪を乾かしに戻りました。

御行からしてみればここは男の目線が強すぎるので嫌だったのでしょうね。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」171話より引用

(俺…こんな独占欲強かったのな)

御行自身、初めて自覚したようです。

 

ちなみに、続いて出て来たのは藤原ですが色気のないジュース一気飲みを披露していましたw

 

スポンサーリンク

早坂愛の正体は?現れる雲鷹!

エレベーターに乗った御行は早坂と遭遇します。

今日1日中、かぐやと一緒にいるのを見ていた御行は声をかけました。

「仲がいいのか?」

早坂は適当にごまかしてエレベーターを降りようとしましたが…

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」171話より引用

「またそうやって俺を騙そうって言うのか?」

「スミシー・A・ハーサカ」

御行が口にした言葉の真意とは?

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」171話より引用

一方、ホテルの外に泊まった車の中にいたのは四宮家三男の雲鷹でした。

「逃げ切れると思うなよ 早坂愛」

意味深な言葉を呟く雲鷹…。

早坂と何があったのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ171-172話のまとめ

今回のお話は修学旅行1日目のお風呂タイムが中心でした。

男子の夢が詰まっていましたね〜!

サービスショットはありませんでしたがw

御行がかぐやを本当に大切にしていることが分かるシーンもあり、ホッコリしました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」171話より引用

それにしても、エリカが言った「ピ」とは本当にお尻のことなんでしょうか?

ピーチというよりピンクの…何か?という想像をしてしまいましたw

物語の展開としては後半一気に動きました。

早坂を巡り、新しい動きが起きそうな予感です。

次回以降も目が離せませんね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です