PR

スポンサーリンク

【ヒロアカ】414話ネタバレ最新!デクの2代目の一手で死柄木を撃破!?歴代OFAの継承者たちの秘密を徹底考察!!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • 荼毘やトガヒミコがなぜデクの記憶に?深層心理の謎が明らかに!
  • デクの新戦略、2代目の「あの一手」とは?心理戦の行方に目が離せない!
  • 死柄木内部への侵入成功?精神攻撃の意外な効果が判明、その衝撃の結末に驚愕!

現在の死柄木を構成するのは、小さな怒、不満、記憶が集約された憎悪の精神。

心の中にあるのは鉛のような黒い塊です。

しかし、スターアンドストライプとの戦いで負った“精神の傷”は、再生しきれませんでした。

死柄木はAFOを呑み込み強くなり過ぎました。

力比べでデクが勝利するのは難しいでしょう。

そこで2代目は歴代OFA(ワン・フォー・オール)を死柄木に譲渡して、精神の内側から攻めることをデクに提唱します。

譲渡の先陣を切るのは“変速”の個性を有する2代目からです。

 

スポンサーリンク

 

『僕のヒーローアカデミア』414話のネタバレ

それでは僕のヒーローアカデミア第414話『オーバーレイ』の要点をまとめてみました。

受け継いだOFAの力を手放す決意をしたデク。

目は吊り上がって指は尖り全身黒鞭タトゥーの異形ともいえる外見は、もはやヒーローとは思えない姿です。

もちろん堀越先生が大好きなスパイダーマンの要素もありますがね。

打倒死柄木として内面から攻める方針のデクと継承者たち。

思惑通り死柄木への譲渡は可能なのでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

いざ尋常に

 

カクッと歪な挙動をするデク。

肌から透けて見える全身に張り巡らされた黒鞭が、デクの身体を無理矢理にでも動かしているのです。

実戦への即応用に6代目は驚き、2代目は納得します。

デクが抱く個性への憧れこそがOFAを最も輝かせる方法だからです。

空中で死柄木と距離を取りながら戦略を練るデク。

変速が無い中で死柄木のスピードを攻略しつつ、2代目を譲渡しなくてはいけません。

もはや賭けともいえるでしょう。

OFAを譲渡するためには、渡したい相手にそのDNAを取り込ませる必要があります。

2代目が現役時代に3代目と仮説を立て、既に立証をしていました。

デクは血を媒介にして傷からDNAを渡すつもりです。

死柄木は再生能力があるため傷が残りません。

傷ができるのはデクと死柄木が接触する一瞬だけです。

デクの意識は保てなくなりつつあります。

死柄木は先ほどのデクの攻撃に嫌なモノを感じました。

何か企んでいる。

そう思えばこそ、攻撃が当たる直前に自らの手を切り離しました。

デクの全身は砕けそうなほどの痛みが走り、間違いなく呼吸困難なはずです。

普通ならば全ての思考が生命の維持を最優先とするでしょう。

あくまでも“普通ならば”ですが。

デクの覚悟を感じてか何度でも壊すつもりの死柄木。

日本も含めて全部を壊すつもりです。

デクはOFAのDNAを渡すつもりで。

死柄木はデクを殺すつもりで。

雌雄を決すべくお互いが突っ込んでいきます。

 

スポンサーリンク

光と煙

 

煙幕の発動で先に仕掛けたのはデクでした。

自分の使い所がないと思っていただけに驚く6代目。

しかし死柄木にとっては、デクが何を企もうが関係ありません。

崩壊を発動すればデクが守らざるを得ないと思っていたからです。

地面に両手を触れる死柄木。

すると地面が浮遊します。

崩壊の伝播防止のため、デクが黒鎖を使って広範囲で地面を抉っていたのです。

デクは死柄木の攻撃で吹き飛ばされた際、次に備えて黒鎖で地面を抉り分けていました。

雄英の崩壊対策を活用したのです。

死柄木は後方から何かくると察知し防御します。

手に触れたものはマントだけでした。

またまた驚く6代目。

スナイパー戦で使ったデコイ(囮)の方法が、活用されていたからです。

煙幕の中から蛇のように伸びて来る血の鞭。

その先端は光っており、死柄木のサーチは確かに反応しました。

違和感を覚える死柄木。

血の塊の先端にある光はデクのものはありません。

ならばデクの何処に?

デクの意図を理解した死柄木ですが時すでに遅し。

左手で防御する死柄木の前には、光の列が直線に連なっていたのです。

サーチとは見た者を認識する個性です。

デクは継承者たちにも適用される可能性に賭けました。

譲渡の意思を込める二代目の意思が血に宿り、それに対してサーチが反応をしたのです。

死柄木が2代目の光に反応する隙に接近を試みたデク。

煙幕でつくった距離誤認の不意撃ちともいえるでしょう。

6代目は感極まります。

一方、デクの一撃はくらってはダメだと身体が拒絶しだす死柄木。

全身から無数の手で湧きでますが、デクの左ストレートが死柄木の腹部を直撃!

2代目はデクには気に病むなと言い残して、死柄木の内面世界に向かっていくのでした。

 

スポンサーリンク

譲渡の代償

 

2代目のDNAを取り込んだ死柄木は、体全身でドクンと大きな反応をします。

デクと死柄木は驚きます。

空中に荼毘とトガヒミコが巨大な姿を現したからです。

状況を理解できないデク。

今度は体育祭に舞台が移動します。

目の前には2回戦の相手であった焦凍が浮かび上がってきました。

そればかりではありません。

背後にはスピナーまで登場してきたのです。

デクと死柄木の記憶が交錯していると推測する与一。

しかし手を緩めている余裕はありません。

デクに叱咤するのは6代目でした。

死柄木の様子は明らかにおかしいです。

2代目が取り込まれた効果は出ていますが、まだ不十分な状態です。

再度デクは後継者を死柄木に撃ち込もうとします。

 

スポンサーリンク
"
"

『僕のヒーローアカデミア』414-415話の考察まとめ

今回のバトルは知能戦の趣がありましたね。

体力面で劣るにはどう戦えばよいか?

その回答の一つが今回のような「相手の性能を利用する」に該当します。

死柄木も本能的にデクの攻撃がヤバいと思いましたが、最後はデクが上回った格好でした。

アップで太く描かれたデクの左拳に力強さを感じます。

譲渡に伴い荼毘やトガヒミコなどが嬉しい再登場。

走馬灯ではありませんが、譲渡が行われるたびに今まで登場したキャラが浮かんでくるのかもしれません。

ちなみに今回の影の主役といえば、やはり6代目でしょう。

最初は当の6代目自身が戦いの場で必要か疑問でした。

しかし実際にはデクの戦略もあり、煙幕は有効に活用されていました。

最初は驚きながら入り、徐々にテンションが上がる6代目。

感動する様子が分かります。

最後は自分からデクに対して叫びながら指示を出すほどでした。

デクの右手の甲が再び光りました。

どうやら次は6代目が死柄木に特攻する覚悟を決めたようです。

もしかして全ての継承者が死柄木に譲渡されるまで、当面はこのパターンの繰り返し?

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒ヒロアカ416話!&デクは6代目の譲渡で死柄木の心をこじ開・・

⇒ヒロアカ415話!&デクのオーバーレイスキルで死柄木を撃破・・

⇒ヒロアカ413話!デクがOFAを手放す!?で一致団結する継・・

⇒ヒロアカ412話!AFO消滅後のでデクに究極の二者択一!?・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事