最新ネタバレ『あひるの空』608-609話!考察!大栄の八熊が大活躍!!

スポンサーリンク

現在、九頭龍高校対横浜大栄高校の1stクォーターで、前話は白石静が3ポイントを決めたところで終わりました。

2―18で大栄高校が16点リード中です。

1stクォーターで16点の差をつけられてしまった九頭龍高校は差を縮めることはできるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

『あひるの空』608話!のネタバレ

日向武史『あひるの空』608話より引用

それでは『あひるの空』609話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

トビが「ちょいと暴れるワ」と発言

16点差をつけられてしまった九頭龍高校。

試合の流れは完全に横浜大栄高校が掴んでいます。

日向武史『あひるの空』608話より引用

この横浜大栄高校の流れを止めるべく、トビが「ちょいと暴れるワ」とつぶやきます。

横浜大栄高校相手でも全く臆しないのはトビらしいですね。

トビがこの悪い流れをこじ開けてくれることを期待してしまいますね。

 

スポンサーリンク

千秋の戸惑い

千秋は直前の白石とのマッチアップでスリーポイントを決められていて、白石の実力を痛感していました。

白石静を全く止めることができずに戸惑っている千秋にトビが「あんさん パス回してくれ」と声をかけました。

白石との実力差に戸惑っていた千秋でしたが、トビの提案に乗ることにしました。

 

千秋は普段は余裕をもってプレーをすることが多いですが、相手が白石静なので全く余裕が感じられませんね。

でも千秋とトビのコンビなら何か起こしてくれそうな期待感はあります。

千秋とトビはコート外でも仲が良いですからね。

千秋が白石の対処に困っているのを察してトビは話しかけたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

トビが横山を抜き、峯田をかわしシュートをするも八熊に防がれる

日向武史『あひるの空』608話より引用

パスを受けたトビは横山篤を華麗に抜き、ブロックしようとした峯田をかわしレイアップシュートをしました。

トビが得点するかに思われましたが、八熊がレイアップシュートを防ぎ、得点させませんでした。

 

八熊はリバウンドやダンクシュートが得意なイメージがありますが、今の横浜大栄のDFの要でもあります。

前に九頭龍高校と横浜大栄が練習試合したときには、八熊は派手なプレーが多かったですが、この試合では地味な好プレーが目立っています。

 

スポンサーリンク

八熊はセンターからポジションアップ

blank

日向武史『あひるの空』608話より引用

八熊は元々センターの選手でしたが、今回の試合ではポジションアップしていてパワーフォワードを担当しています。

この試合ではセンターに峯田が抜擢されていることもあり、八熊はパワーフォワードを担当しているのですが、酒巻監督の言動からすると八熊がより生きる役割を前から考えていたように思います。

 

酒巻監督は峯田をセンターに抜擢し、八熊のパワーフォワードを試したかったのではないでしょうか。

blank

日向武史『あひるの空』608話より引用

酒巻監督は八熊のパワーフォワードに手ごたえを感じているようで、「アイツの使い方が分かった」と言っています。

 

しかし八熊自身はセンターのポジションの方が好きなようで、地味な仕事が多いパワーフォワードを気に入っていないようです。

 

スポンサーリンク

八熊がモキチの上からダンクを決める

blank

日向武史『あひるの空』608話より引用

トビのシュートを止めた後の次のプレーでは、モキチにファールを受けながらもダンクで押し込みました。

ダンクシュートを決め、さらにフリースローを1本獲得します。

608話は八熊無双の回ですね。

 

スポンサーリンク

八熊が百春に「なんか期待ハズレだったワ オマエ」と話しかける

blank

日向武史『あひるの空』608話より引用

フリースローを打つ前に八熊は百春に「なんか期待ハズレだったワ オマエ」と話しかけました。

八熊は前回の九頭龍高校と横浜大栄の練習試合の時から百春に話しかけていて、意識していました。

 

八熊は百春との熱くて激しい勝負を期待していたようでしたが、百春はケガの影響が大きく実力を発揮できていませんでした。

しかしこのとき八熊は百春がケガをしていることを気づいていませんでした。

 

百春は八熊に言われても何も言い返しません。

ケガであることを隠すためでしょう。

本来百春の性格からすると、言い返すと思うのですが、ケガをしていることを相手に知られないために八熊の言葉を飲み込みました。

 

スポンサーリンク

八熊がフリースローを外すも点差は18点差に

八熊はモキチからファールを受けたので、フリースローを獲得しました。

blank

日向武史『あひるの空』608話より引用

フリースローは外しましたが、点差は18点差とさらに開きました。

序盤に点差をつけられてしまった九頭龍高校は追いつくことができるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

『あひるの空』ネタバレ608-609話のまとめ

今回は『あひるの空』608話のネタバレについて紹介させていただきました。

前話同様に依然として横浜大栄高校ペースで試合が進んでいます。

blank

日向武史『あひるの空』608話より引用

試合の流れを変えるべくトビが一人で仕掛けますが、八熊のディフェンスに阻まれてしまいました。

さらに八熊はディフェンスだけでなくオフェンスでも高い潜在能力を発揮します。

 

オフェンスでもディフェンスでも主導権を握る横浜大栄高校をどのようにして止めることができるのでしょうか。

九頭龍高校の誰が突破口になるのでしょうか、今後の追い上げに期待したいです。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『あひるの空』609話!トビが流れを変えるプレー!!・・ 

⇒『あひるの空』610話!天才プレイヤーヒョウが遂に登場・・

⇒『あひるの空』607話!九頭龍と大栄の圧倒的実力差!?・・

八熊 重信(やくま しげのぶ/ヤック)!百春を阻む実力はトッ・・

⇒『あひるの空』613話!いざ反撃開始だ!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です