スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ダッハ伯爵について解説!ダッハ家の要求は無理難題!? 

スポンサーリンク

勇者ヒンメルの死から29年後。

フリーレンたちは北側諸国のとある伯爵領に到着しました。

久しぶりの大きな街です。

普段は平気で長期滞在をするフリーレンですが、今回ばかりは様子が違います。

補給が終わり次第すぐに出発しようと言うのです。

しかしながら、その願いは叶いませんでした。

先を急ごうとするフリーレン一行の前に現れたのが、領主であるダッハ伯爵の召使いでした。

一足遅かったかとフリーレンは嘆くばかりです。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】ダッハ伯爵のプロフィール

ダッハ伯爵は北側諸国の貴族です。

ドイツ語では“Dach”と綴り、「屋根」を意味します。

ダッハ家とフリーレンは少なくとも曾祖父の代から面識があり、現在はひ孫のダッハ伯爵が受け継いだ領地を守り続けています。

ひ孫であるダッハ伯爵の外見ですが、長髪を後ろに束ねた長身の男性。

身なりも整っており、物腰は柔らかく言葉遣いも丁寧です。

また、曾祖父が受けたお礼にフリーレンを晩餐会に誘うなど、恩義を大事にする一面も備えています。

フリーレンは後で何かあると露骨に嫌な表情をしていますがね。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】ダッハ家の気質とは?

魔族や魔物が多い土地柄なのか、強引な貴族多い北側諸国。

その中でも、ダッハの領主は特に無理難題を代々で要求していたようです。

曾祖父の時代には、宝剣を取り返さない場合は投獄するとまで脅されたヒンメルたち勇者一行。

あのアイゼンが「暴君すぎる」と感想を述べるほどの無茶ぶりでした。

ダッハ家の強引な気質を承知するフリーレン。

断るだけ時間の無駄と思ったか、魔導書を報酬に現領主の用件を聞くことに徹します。

伯爵も話が早いと満足気な様子です。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ダッハ家に伝わる「家宝の宝剣」とは? 

ダッハ家の家宝である宝剣は、元々名のある魔族の物でした。

そのためなのでしょうか。

現領主の曽祖父の代にも盗まれたことがありました。

どうやらダッハ伯爵の家系は、代々、家宝が盗まれがちなようです。

フェルンには魔族が宝剣を狙い続ける理由が分かりません。

フリーレンも詳細は不明です。

おそらく魔族にしか分からない魅力があるのだろうと答える程度でした。

宝剣は鞘に収まった状態で地面から成年男子の腰よりやや上ほどの長さで、刃の部分も決して太いというほどではありません。

戦闘シーンでは、振り下ろした剣の地面には衝撃波が走る描写がありました。

見た目よりも重い威力があるもかもしれません。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ダッハ伯爵の依頼とは?

曾祖父に続いて家宝の宝剣が盗まれたダッハ伯爵。

このタイミングで立ち寄ったのがフリーレンたちでした。

ダッハ伯爵はフリーレンに対して、宝剣を魔族から取り戻すことを依頼します。

結果として、フリーレンは同じ依頼を二度受けることになりました。

曾祖父の時代は手掛かりゼロの状態からシュベア山脈の山頂まで向かいました。

今回は魔族の逃走方向が判明しているため、依頼としてはマシな部類のようです。

剣の魔族に滅ぼされた村を訪れるフリーレンたち。

そこで死者を弔う女性の僧侶と出会いますが、その僧侶こそ宝剣を盗んだ魔族でした。

最後はフリーレンのゾルトラークが剣の魔族にトドメを刺します。

奪われた宝剣を手にしてダッハ伯爵も嬉しそうでした。

一見、ダッハ家の無理難題ぶりの紹介と思わせつつ、本当はヒンメル上げのエピソードでもある64話。

フリーレンが伯爵の依頼を承諾したのも、ヒンメルたちと一緒に剣を奪い返した思い出があったからでしょう。

ちなみに報酬は<赤いリンゴを青いリンゴに変える魔法>の魔導書でした。

シュタルクはくだらない魔法と呆れますが、フリーレンには「むふー」と言わんばかりの成果です。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ダッハ伯爵は何巻に登場した?

ダッハ伯爵は単行本7巻の原作64話「剣(つるぎ)の魔族」に登場します。

この7巻は前半が4巻から続く一級魔法使い試験編、後半は1話完結のアラカルトからラストの前後編がシュタルクとフェルンのデートまで、バリエーション豊かなお話が収録されています。

ダッハ伯爵のエピソードは1話限りでしたが、もしフリーレンが魔王城を訪れた後日談があれば中央に帰る途中で立ち寄ってもおかしくはありません。

そのほか、宝剣がダッハ家の家宝になった経緯も不明なため、再登場の機会があれば言及して欲しいところです。

 

スポンサーリンク

まとめ

二度も盗まれたダッハ家の家宝。

ひょっとしたら、二度以上かもしれません。

それにしても魔族は如何にしてダッハ伯爵の領主に侵入できたのでしょうか?

宝剣の奪還をフリーレンに託す前に、ノルム騎士団のように民間レベルすら護衛団がいなかったのかも気になります。

魔族の多い北部地域にしては、ザルな警備ぶりだと言わざるを得ません。

今度も魔族が宝剣を盗みにくる可能性は高そうです。

現在のダッハ伯爵は聡明な様子なので再発防止に抜かりはなさそうですが、それでも盗まれるオチの方が作品的には面白いのですがね。

この領地では、宝剣を奪う、取り返す、が日常の出来事になりそうです。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒魔族VS魔物!究極の違いとは!?強さ秘密も大公開!進化の軌・・

⇒主人公フリーレンについて徹底解説!フリーレンって一体何歳?・・

⇒フェルンがますますかわいい!その秘密と年齢に迫る!声優は?・・

⇒シュタルク!年齢は?でも驚異の強さ!その理由を探る!意外な・・

⇒オルデン卿!強引な性格が息子たちにどう影響する?遺伝なの?・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA