スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】リュグナーの能力や強さについて解説!リュグナーはフェルンの力を見誤った!?

スポンサーリンク

「魔王」を勇者ヒンメル率いる「勇者パーティー」が討伐した後も、生き残りの「魔族」は支配を巡り人類と争いを繰り返しています。

そんな中、勇者ヒンメルが死亡し活発に動き出したのが「魔王軍」の大魔族として恐れられた「七崩賢」の1人「断頭台のアウラ」です。

アウラは80年前の侵攻に失敗した「グラナド領」を直属の部下3人を率いて再侵攻していました。

今回はそのアウラの直属の部下の1人、リュグナーについて詳しく解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】リュグナーのプロフィール

リュグナーは「断頭台のアウラ」の直属の部下である「首切り役人」の1人です。

詳しいプロフィールは不明ですが、「断頭台のアウラ」に古くから仕える「魔族」です。

再侵攻を狙う北側諸国「グラナト領」に「和睦の使者」として派遣されており、内側から崩壊させようと暗躍しています。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】リュグナーの特徴

「首切り役人」のリュグナーは、「魔族」の証である2本の角と灰色の長髪が特徴的な「魔族」です。

また、中世的な見た目と美形の顔立ちも特徴で、穏やかそうな口調と合わせて「和睦の使者」という役割にはピッタリな「魔族」といえます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】首切り役人とは?

「首切り役人」は「断頭台のアウラ」の直属の部下3人で「魔族」で構成されています。

メンバーは「模倣する魔法(エアファーゼン)」の使い手であるリーニエ、魔力の糸で相手の首を切断するドラート、そしてリュグナーです。

リュグナーはこの「首切り役人」を纏めるリーダー格で、アウラに次ぐ実力者となっています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】リュグナーの性格とは?

「首切り役人」のリーダー・リュグナーは冷静沈着で理論を振りかざす賢い「魔族」です。

「人の言葉を巧みに操り人間を騙す」と言われる典型的な「魔族」ですが、「言葉の通じない猛獣」である事も自ら認識しています。

この為、グラナド伯爵には上手い言葉で翻弄していますが、最終的に本性を露わにしています。

また、リュグナーはかなりプライドの高い人物で弱い者には興味も脅威も示さず見下しています。

この性格が後に仇となりますが、考え方や性格など「魔族」らしい「魔族」といえます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】リュグナーの魔法とは?

「断頭台のアウラ」直属の部下であるリュグナーは「血を操る魔法(バルテーリエ)」を使用します。

この「血を操る魔法(バルテーリエ)」は、自身の血液を自在に操る魔法で攻撃も防御も可能な厄介ない魔法です。

また、「魔力」を込めた血液を相手に付着させ、GPS(発見器)のように使う様子もあり非常に万能型の魔法となっています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】リュグナーの強さとは?

「血を操る魔法(バルテーリエ)」を使うリュグナーは、「断頭台のアウラ」の部下だけにかなりの強さを誇る「魔族」です。

その後、戦う事になるシュタルクやフェルンを脅威にすら感じていないほどでした。

実際、対峙したフェルンには魔力や技術など上回っており、その実力を遺憾なく発揮していました。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】リュグナーは死亡した?

「血を操る魔法(バルテーリエ)」を使うリュグナーですが、魔法使いフェルンと戦いで死亡しています。

技術や魔力では上回っていたリュグナーですが、フリーレンを師匠に持つフェルンの戦法に飲み込まれていきます。

そして、隙をつきフェルンが放った「ゾルトラーク(魔族を殺す魔法)」をまともに受けたリュグナーは敗北してしまいました。

因みにフェルンから受けた「ゾルトラーク(魔族を殺す魔法)」で、体半分を失ってもリュグナーは喋っており、「魔族」である恐ろしさを見せつけながら死亡しています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】リュグナーの敗因とは?

フェルンに敗北したリュグナーの最大の敗因は油断していたという事です。

フリーレンを師匠に持つフェルンは魔力を抑えていました。

リュグナーは自身より魔力が下だと思い攻撃していたのでした。

ですが、1発を放つ魔力はフェルンが上回っていたのです。

そして、徐々に追い込まれ焦りが生まれたのです。

また、リーニエがシュタルクに敗れたのも一つで想定外の事が起きたというのが敗因と言えます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】アニメ・リュグナー役の声優は誰?

リュグナーをアニメ「葬送のフリーレン」で演じているのは、ベテラン声優の諏訪部順一さんです。

これまで多くの作品で活躍している声優で、「三大特撮」にも全て出演する快挙も達成しています。

2023年に病気で療養していましたが現在は活動を再開させており、今後もより一層の活動が期待されています。

 

スポンサーリンク

まとめ

「断頭台のアウラ」の直属の部下「首切り役人」の1人でリーダー格として登場したのがリュグナーです。

リュグナーは中世的な顔立ちと巧みな話術で、再侵攻を狙う「グラナト領」に「和睦の使者」として派遣され、内部から崩壊させようとしていました。

ですが、その時に現れたのがフリーレン一行です。

そして、「魔族」である本性を出したリュグナーはフェルンと戦う事になりました。

リュグナーは「魔力が全て」の「魔族」で、魔力を抑えて戦うフェルンを弱いと判断します。

ですが、この判断が仇となり魔力を放出したフェルンに圧倒されます。

最後、「ゾルトラーク(魔族を殺す魔法)」を直撃されたリュグナーは魔力を抑えていたフェルンに魔法使いの恥だと罵りながら死亡する事になりました。

「魔族」らしく話術で巧みに人間をだましていたリュグナー。

フェルンに敗北しましたが、もう少し見たかった「魔族」だったように思いますね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒断頭台のアウラ!噛ませ犬ではない真の強さを徹底解明!・・

⇒かわいいリーニエの能力や強さとは?リーニエ相手にシュタルク・・

⇒フェルンがますますかわいい!その秘密と年齢に迫る!声優は?・・

⇒フェルンの死亡理由の真相と死亡シーンの噂を徹底解析!・・

⇒七崩賢生き残りは何人?一覧でその強さを探る!全員消滅か!?・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA