スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】将軍レヴォルテの強さについて解説!魔族における将軍とは!?

スポンサーリンク

何かを極めようとすることは、人間も魔族も関係ありません。

必要なのは相当の覚悟と時間です。

魔族ならば己の研鑽に何百年もかけるケースは珍しくありません。

もし魔族が武の追究に全振りした場合、どうなるでしょうか?

間違いなく普通の魔族よりも遥かに強い力を手にするはずです。

その極みに到達した魔族こそ、人間が畏怖する魔族の「将軍」ともいえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】レヴォルテのプロフィール

レヴォルテは魔族の将軍です。

名前のレヴォルテ(Revolte)はドイツ語で「反抗」を意味します。

魔族のイコンともいえる角を有し両目はマスクで覆われています。

容姿端麗な魔族が多い中、その外見はクヴァールのような異形に分類されます。

四本腕の上半身と大蛇のような下半身。

身の丈は優に人間の倍以上はありそうです。

他の魔族と同様に感情の抑揚はなく、口調は淡々としています。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】レヴォルテの性格とは?

レヴォルテは用意周到さと慎重さを兼ね備えています。

まずは前者についてです。

大勢の人をわざと殺して放置していました。

死体を敢えて食べなかったのでしょう。

レヴォルテはそれをエサにして、魔力の高い者が村に来るよう誘っていたのです。

殺しを楽しむ趣味はないと自分申告しています。

次に後者についてです。

人間は死体を守る習性があるため、安置された教会に誰かが残ると踏んだレヴォルテ。

相手側の戦力を把握して勝てると思いつつ、なおかつフリーレンたちが分散するまで攻撃を仕掛けませんでした。

嫌な予感がしたのは、将軍としてのカンが働いたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】魔族の将軍とは? 

「将軍」とは熟練した魔族の戦士のことです。

強大な魔力で身体を強化して武器を操ります。

魔族はエルフと同様に長寿のため、求道者のように武芸を極めた魔族も存在します。

魔王軍に「将軍」という正式な役職はありません。

人間側がその強さから呼称したことに由来するようです。

ここからは、レヴォルテ以外の将軍たちも簡単に紹介していきましょう。

 

<血塗られし軍神リヴァーレ:26話に初登場>

シュタルクの故郷を滅ぼした自称「魔族最強」の戦士。

外見は大柄な人間体でややタレ目。

戦いに愉悦を求める相当ヤバめのキャラです。

己の技量を試すべく、強い敵と戦うことを生きがいにします。

過去にはアイゼンと互角以上の戦いを繰り広げました。

単行本12巻の時点で生死は不明ですが、おそらく生きているでしょう。

 

<玉座のバザルト:21話に登場>

全身が鎧に覆われたガタイのいい魔族。

兜をかぶっていたため素顔は不明です。

約1000年前に軍勢を率いてエルフの集落を襲撃しました。

バザルトは集落を崩壊させたものの、真正面から挑んだフリーレンに倒されます。

フランメは強力な魔力を持つフリーレンに才能を見出し弟子とします。

 

<電閃のシュレーク:91話に登場>

魔王軍の残党を率いて要塞都市ヴァイゼを攻撃しようとした将軍です。

しかしながら、グリュックと主従関係を結んだマハトがこれを討伐。

マハトはシュレークに対して聡明な印象を持っていました。

シュレークが消滅するコマから推測すると、恐らくは巨大な剣が武器のようです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】レヴォルテの強さとは?

レヴォルテは“神技のレヴォルテ”の二つ名で恐れられてきました。

仰々しい名前です。

ちなみに“神技”は「かみわざ」ではなく「しんぎ」と読みます。

レヴォルテの攻撃により、ゲナウは故郷だけでなく相棒まで失いました。

ノルム騎士団の隊長はシュタルクより遥かに強く、団員も精鋭の集まりでした。

にもかかわらずレヴォルテには敵わず騎士団は全滅します。

しかも全員が即死です。

亡骸の傷跡からレヴォルテの斬撃を辿ると、驚くべき事実が判明しました。

何とレヴォルテは四刀流の使い手だったのです。

ゲナウがいうように四刀流の魔族なんて滅多にいるものではありません。

レヴォルテの武器は、四本の剣<神技の砕剣>です。

魔法で作り上げた神技の砕剣は、重さを自在に変えられます。

軽くて鋭くて巨岩のように重くもなる矛盾の剣は、まさに殺意の塊です。

この手の武器を作る魔族は不必要なほどに大勢の人を殺します。

レヴォルテは剣術の達人から獰猛な肉食獣へと動きの切り替えが可能です。

四本腕なので手数が多いのは当然として、反射速度と体力も人間とは桁違いです。

致命傷を負っても戦い続けるため、持久戦は確実に負けてしまいます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】レヴォルテVSゲナウ&シュタルク!

教会を守るゲナウとシュタルクの前に現れたレヴォルテ。

先制攻撃はレヴォルテの重い斬撃からです。

レヴォルテの剣術で正面から斬られるシュタルク。

実はわざとでした。

その隙にゲナウはレヴォルテの尻尾を斬り、脇腹にも傷を負わせます。

今度は子供を守る習性を利用されて、ゲナウは剣で腹部を貫かれます。

双方がダメージを負う中、レヴォルテの剣は脆くなっていました。

1本、2本・・・と剣を破壊するシュタルクたち。

全ての剣を折り勝負ありかと思った瞬間です。

レヴォルテの手刀がゲナウとシュタルクの腹を貫きます。

素手が武器になり得ないと発想する人間に勝利したと確信するレヴォルテ。

しかし、その思い込みこそがレヴォルテの敗因でした。

シュタルクはレヴォルテの腕を切り落とすと、下から振り上げて<光天斬>。

最後はゲナウの<黒鉄の翼を操る魔法(デイガドナハト)>により、レヴォルテは横一文字に真っ二つ。

人間のしぶとさを知らない魔族に対して、ゲナウとシュタルクが勝利を収めました。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】レヴォルテは死亡した?

ゲナウにトドメを刺されたレヴォルテ。

塵になり完全消滅するシーンは描かれていません。

レヴォルテはゲナウたちとの戦いで傷を修復していません。

回復機能や魔法を持っていないと考えるでしょう。

したがって、レヴォルテは再生せず死亡したと考えるのが妥当です。

部下の名も無き少年の魔族も倒されており、復讐劇のような展開もないでしょう。

しかし、魔王が倒された後も多くの魔族は潜伏しています。

ましてやここは北部高原です。

まだ知られていない将軍が登場するかもしれません。

さらに気になるのはリヴァーレの存在でしょう。

シュタルクの兄であるシュトルツの仇でもあるため、将軍枠として再登場しそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

フランメに弟子入りする前のフリーレンに倒されたり、七崩賢に敗北したりと強キャラ感が薄い一方、全盛期のアイゼンと五分に戦う魔族がいたりと、個々の将軍で強さに相当の幅がありそうです。

今回紹介したレヴォルテは、戦士と一級魔法使いの2対1と戦い、敗北を喫しました。

とはいえ、シュタルクには相当危険な状態にまでダメージを与えています。

回復したゲナウも自分は死に損なったと呟くほど。

間違いなくレヴォルテは「強い将軍」に位置付けられるでしょう。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒神技のレヴォルテと部下の策略!ゲナウとの因縁深掘りと全貌!・・

⇒ゲナウと黒金の翼を操る魔法!意外な優しさが隠されたいいヤツ・・

⇒魔族における将軍とは?・・

⇒大魔族の秘密!一覧と強さの真実を徹底解明!・・

⇒未だ謎多き魔王の正体について考察!魔王の強さやその最期とは・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA