スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】不死なるベーゼの謎!結界魔法の秘密とは?七崩賢の弱点を徹底解明!

スポンサーリンク

ベーゼは七崩賢の1人であり、大魔族です。

不死なるベーゼと呼ばれることも。

登場機会が少なく、使用する魔法の詳細も明確とはいえません。

ベーゼは南の勇者との戦いを生き抜きましたが、その後、勇者ヒンメル一行の手で倒されたとされています。

なぜ不死なるベーゼと呼ばれているのか?

本当にヒンメル一行に倒されているのか?

謎大きベーゼについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】不死なるベーゼのプロフィール

ベーゼは七崩賢の1人であり、大魔族です。

初登場は59話。

ヴィアベルが話したヒンメル一行の冒険譚の中に名前だけが登場しました。

その後、南の勇者との対決でも登場し、この戦いを生き延びたものの、最後はヒンメル一行に討伐されました。

ちなみに、葬送のフリーレンはドイツ語からつけられるキャラクターが多く、ベーゼの名前の由来は“悪”を意味するドイツ語となっています。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】不死なるベーゼの特徴

ベーゼの特徴といえば、七崩賢の中でも群を抜く長身と屈強な体つきを持っていることでしょうか。

イカつい鎧を身に纏い、マントを羽織っています。

また、レヴォルテのようにマスクをつけているため、顔はよく見えません。

魔族の特徴であるツノはやや下向きにねじれて生えており、ヤギや羊を連想させます。

本作に登場する将軍以外の魔族は完全に魔法に傾倒しており、細身であることが多い中、ベーゼは将軍顔負けの肉体を誇っているのです。

七崩賢の中では脳筋タイプにも見えちゃいますが、使う魔法の種類は意外にも手堅い結界魔法ですw

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】七崩賢とは?

七崩賢とは、魔王直下の大魔族で構成された魔王軍の中でも最大戦力といえる7人の魔族のことです。

七崩賢の魔法は人知も人の理も超えるものです。

身体や脳の構造などの生物的な違いから人類には決して扱えない魔法とされています。

アウラが使う服従させる魔法も、他の魔族や人類には使うことができない最強クラスの魔法と言えるでしょう。

 

七崩賢メンバー

・断頭台のアウラ(服従させる魔法の使い手)

・黄金郷のマハト(全てを黄金に変える魔法の使い手)

・不死なるベーゼ(結界魔法が得意な模様)

・奇跡のグラオザーム(楽園へと導く魔法の使い手)

 

残る3人はまだ名前すら明らかにされていませんが女魔族2人、男魔族1人となります。

ちなみに魔王の腹心である全知のシュラハトは七崩賢ではありません。

立場的には魔王の下にシュラハトがいて、七崩賢がその下につくイメージでしょうか。

まだ登場していない七崩賢も過去の回想を交えてフリーレンの前に現れると思われます。

どんな能力を持っているのか、気になるところですね!

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】不死なるベーゼと呼ばれる由縁とは?

実は、作中においてベーゼが「不死なる」と呼ばれる理由は明かされていません。

異名から察するに、死なない魔族を連想させますが、ヒンメルに倒されているため、それは否定されています。

おそらく、ベーゼの結界魔法は強力であり(普通に考えたら)倒せる者はいない=不死、そんなところからつけられたのではないでしょうか?

実際、フリーレンはベーゼの結界に閉じ込められた時、完全に諦めていました。

ベーゼの結界を壊せるイメージが湧かなかったのです。

もう一つの可能性としては、ベーゼが特別に寿命の長い魔族=不死、だったのかもしれません。

ヒンメルに殺されさえしなければ、まだまだ寿命が残っていたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】不死なるベーゼの性格とは?

ベーゼ唯一セリフは「…何故…」です。

これはヒンメルにトドメの一撃を打ち込まれた時の一言です。

ベーゼは得意の結界魔法でヒンメルたちを閉じ込めることに成功して油断していたのでしょう。

ところが、ヒンメル一行は化け物揃い。

破られるはずのなかったベーゼの結界をも崩壊させて外に出てきてしまいます。

この時、ベーゼは「葬送のフリーレン」と呼ばれ、魔族の中でも恐れられたフリーレンだけを警戒していました。

人間であるヒンメルに注意を払うことはせず、なめていたのです。

結果、ヒンメルに倒されることに…。

ベーゼが動いて話す姿が見れるのは、今の時点でこのシーンだけですが、自分の力に慢心しきった傲慢な性格であることは一目瞭然ですよね。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】不死なるベーゼの魔法とは?

ベーゼが使う魔法の名前は明らかになっていません。

97話で、フリーレンはベーゼとの戦いを回想しますが、その時にベーゼの魔法を見ることができます。

ベーゼは強力な結界魔法を使ってヒンメル一行を封印していました。

結界の中は円柱のような形をした密室で、壁には規則正しい方眼が描かれています。

外からは光が差し込んでいるような印象も与えます。

べーゼの結界魔法に閉じ込められた者は、通常、餓死するまで出ることはできません。

ちょっと気になるのは、ベーゼの意思で決壊の解除ができるかどうかですね!

マハトの万物を黄金に変える魔法も、強力な魔法でしたが、元に戻すことはマハトにもできませんでした。

ベーゼの結界魔法も、ベーゼの意思で解除できるかどうかは汎用性の面でも重要なポイントになります。

まぁ…ベーゼが死んじゃってるので、この考察もあまり意味をなしませんがw

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】不死なるベーゼの強さとは?

ベーゼの強さはその結界魔法の強度でしょうか。

1000年以上生きる魔法使いであるフリーレンが「ベーゼの魔力にはかなわない」と完全に諦めるほどです。

でも、それ以上に強かったのがヒンメル・ハイター・アイゼンのメンタルです。

絶望的な状況にも関わらず全く諦めるということを知りませんw

ヒンメルは剣で結界の内側を攻撃、少しだけ傷をつけることに成功します。

それを見たハイターは無酸素・無補給でも2ヶ月もつ女神の魔法をかけ、アイゼンはヒンメルと共に結界を壊すべく立ち上がりました。

その結果…ヒンメル一行は決して破られないと言われていたベーゼの結界魔法を打ち破り、外に出てくることができたのです。

ベーゼの結界魔法は誰にも破られないほど強いはずなのに、ヒンメルたちのせいで名誉まで傷つけられてしまいましたね…!

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】不死なるベーゼの最期とは?

ベーゼにトドメを刺したのは、ヴィアベルの言葉やフリーレンの回想からもヒンメルで間違いありません。

ベーゼの最期は、あっけないものでした。

まさかヒンメルたちが結界を破って出てくるとは思いもしなかったベーゼ。

ヒンメルたちが結界から出てきてからも、ベーゼはフリーレンしか見えていません。

これを利用しない手はありませんよね!

ヒンメルは隙をついて背後から心臓を一突きしました。

この一撃でベーゼは完敗。

こうしてベーゼはヒンメル一行が倒した七崩賢2人のうちの1人に名を残しました。

 

スポンサーリンク

まとめ

ベーゼは七崩賢の1人であり、大魔族です。

不死なるベーゼとも呼ばれ、恐れられていました。

実際には不死ではないことがわかっており、誰にも倒せないほど強いという意味合いか、長寿を誇るのかのどちらかでこの異名がつけられたと思われます。

ベーゼはマスクに鎧を身につけ、まるで将軍のような出立です。

使用する魔法の名前は明らかになっていませんが、強力な結界魔法の使い手です。

かつて、ヒンメル一行はベーゼの結界に閉じこめられてしまうのですが、フリーレンはベーゼの魔力を前に早々に諦める始末。

ところが、ヒンメルは決して諦めませんでした。

それにつられたハイターとアイゼンも援助します。

化け物揃いのヒンメルパーティのおかげでフリーレンもついに立ち上がりました。

結果、誰にも破れないと言われたベーゼの結界は壊され、ベーゼと直接対決へ。

フリーレンだけを警戒し続けたベーゼはヒンメルに隙をつかれ、倒されることになります。

ちなみに、ベーゼの名前の由来はドイツ語で「悪」。

魔族らしい意味が込められていますね。

ベーゼはもう死んでいるため、再登場の機会は少ないかもしれませんが、フリーレンの回想で再び出会えたら、マスクの下のお顔も見てみたいですね!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒黄金郷のマハトが強すぎる!七崩賢最強の真実に迫る!最強魔族・・

⇒断頭台のアウラ!噛ませ犬ではない真の強さを徹底解明!・・

⇒奇跡のグラオザームの能力徹底解明!七崩賢の実力の源は?強さ・・

⇒七崩賢生き残りは何人?一覧でその強さを探る!全員消滅か!?・・

⇒未だ謎多き魔王の正体について考察!魔王の強さやその最期とは・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA