スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】面白いのはどこ?つまらない?見どころの秘密を深堀り!

スポンサーリンク

「葬送のフリーレン」は現在、原作もアニメも大ヒットしている人気作品です。

登場するキャラクターはもちろんストーリーにも凝った作品で、ハマる人が続出しています。

そこで今回は「葬送のフリーレン」の魅力について、解説していこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】どこが面白い?作品の見どころとは?

「葬送のフリーレン」作中で見どころになっているのは「生と死」がテーマになっているところです。

その「生と死」というテーマが、フリーレンだけでなくフェルンやシュタルク、「魔族」など多くの視点で描かれています。

「葬送」というタイトルがつくだけに勇者ヒンメルやフランメなど既に死亡しているキャラクターも重要になっているのも見どころです。

身近な人との関わりや死に対する感情を上手く融合しており、色んな事を感じさせる素晴らしい作品といえます。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】どこが面白い?読者の評価とは?

大人気となっている「葬送のフリーレン」ですが、多くの読者からは「面白い」という声が挙がっています。

理由は主人公フリーレンを中心にしたテンポの良さと良く考えられたストーリー展開です。

また、フェルンやシュタルクなど個性的なキャラクターも人気の1つになっているのも推測できます。

一部では真新しさがないと評価される事もありますが、総合的に概ね高評価となっています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】漫画orアニメならどっちが面白い?

原作だけでなくアニメも大人気となっている「葬送のフリーレン」は、どちらか選べないくらい、原作、アニメとも面白い作品となっています。

原作の世界観をアニメでも忠実に再現している事から、原作しか読んだ事のない人でもすぐに入っていける感覚です。

原作しか知らない人はアニメを、アニメを知らない人には原作を是非見てほしいと思わせてくれます。

どちらも面白いので、両方オススメしたいですね。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】作品・作者紹介

大人気となっている「葬送のフリーレン」は原作・山田鐘人さんと作画・アベツカサにより、2020年に「週刊少年サンデー」で連載が開始された漫画作品です。

連載が開始するとすぐに話題になり、2021年には第14回マンガ大賞と第25回手塚治虫文化賞新生賞を受賞し更に注目を集めます。

原作者である山田鐘人さんは2013年「名無しは一体誰でしょう?」でデビューし、作画・アベツカサさんは2017年「カノン」にデビューしています。

ヒット作に恵まれない中、「週刊少年サンデー」の編集者のアドバイスにより2人がタッグを組み、送り出したのが「葬送のフリーレン」でした。

現在、最も話題の漫画作品で、アニメは「金曜ロードショー」で放送されるという異例のスタートでした。

原作、アニメとも今後の展開が気になる作品となっており、爆発的な人気を獲得する予感も感じさせています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】登場人物紹介

「葬送のフリーレン」の魅力の1つは、キャラクターの良さです。

そこで主要キャラクターを紹介したいと思います。

 

「魔法使いフリーレン」

魔法使いフリーレンは「葬送のフリーレン」の主人公です。

かつて世界を恐怖に陥れた「魔王」を討伐した「勇者パーティー」の1人です。

「エルフ族」という長命の種族の魔法使いで、かなり強い魔法使いです。

感情の一部が欠落しており、人類とは違う感覚でしたが、「勇者ヒンメル」の死をキッカケに人間を知ろうと思い始めます。

そして、趣味である魔法収集を兼ねて、「人間を知る」為の旅に出ることになります。

華奢で可愛らしい見た目ですが、1000年以上生きている人物で、おとぎ話とも言われる存在の大魔法使いフランメの一番弟子という過去を持っています。

 

「魔法使いフェルン」

両親を失い、死のうとしていた所を「勇者パーティー」の僧侶・ハイターに保護されたのがフェルンです。

魔法を始めたのはハイターを安心させる為でしたが、フリーレンと出会った事でメキメキと頭角を表していきます。

かなりの才能の持ち主で、「一級魔法使い」には10代で昇格するなど、優秀な魔法使いに成長しています。

 

「戦士シュタルク」

「勇者パーティー」の1人戦士アイゼンの弟子で、「とんでもない戦士」になる強さを秘めているのがシュタルクです。

当初こそ臆病な性格が災いして力を発揮する事はありませんでしたが、フェルンの助言もあり立派な戦士に成長していきます。

フリーレンと共に旅をしており、着実に戦士として成長している一方で、フェルンとの恋愛要素も期待されている主要キャラクターです。

 

「僧侶ザイン」

酒、タバコ、ギャンブルと飲む打つ買うを好み年上のお姉さんが好きな僧侶がザインです。

「戦士ゴリラ」を探す為に、フリーレン一行に一時的に加入しています。 

僧侶としては猛毒を一瞬で治癒するほど優秀で、フリーレン一行では僧侶らしくシュタルクやフェルンの悩みを聞いていました。

現在はフリーレン一行を離れていますが、「僧侶の席」はザインの為に空けておくとフリーレンが発言している事から再合流が待ち望まれています。

 

「勇者ヒンメル」

かつて魔王を倒した勇者ヒンメルは、フリーレンを勧誘し「勇者パーティー」に加入させ、多くのキッカケを与えた人物です。

フリーレンの事を本当に思っており、未来で「1人にならないように」という理由で各地に銅像を残しています。

優しくてお調子者で強い勇者として描かれている勇者ヒンメルですが、まだ詳しい事は明かされていません。

「葬送のフリーレン」作中でも1番重要なキャラクターであり、今後もフリーレンと大きく関わってくると予想されています。

 

「大魔法使いフランメ」

フランメは「人類魔法の祖」と呼ばれる1000年以上前に存在した伝説の大魔法使いです。

その大魔法使いフランメの一番弟子が「エルフ族」のフリーレンです。

フリーレンに「魔族」と戦う為の魔法を教え込んだ人物で、魔力を抑え欺くように指示しています。

「魂の眠る地オレオール」の事を手記に残しており、フリーレンはその場所で「ヒンメルの魂」と対話するのを目的に目指す事になります。

フランメもヒンメル同様に、未だ謎に包まれているキャラクターです。

多くの伏線も考察されており、この先の重要な展開に関わってくると思われています。

 

「僧侶ハイター」

「勇者パーティー」の僧侶として活躍し、後にフェルンを保護したのがハイターです。

「生臭坊主」と呼ばれるくらいに酒好きな僧侶ですが、「女神様の魔法」が使える優秀な僧侶です。

フリーレンの事を案じる良き理解者で仲間でしたが、長年の酒が祟り死亡しています。  

 

「戦士アイゼン」

シュタルクの師匠で、「魔族」から最強の戦士として恐れられていたのが戦士アイゼンです。

「エルフ族」より短命ですが、平均300年生きる「ドワーフ族」という種族でフリーレンの良き仲間となっています。

フリーレンの事を案じている1人で、「魂の眠る地オレオール」に向かいヒンメルの魂との対話を勧めたのもアイゼンでした。

現在、「勇者パーティー」で唯一生き残っているフリーレンの仲間で、シュタルクとの関係性から今後も重要な役割を担うのではないかと目されています。

 

「ゼーリエ」

大魔法使いフランメの師匠で、フリーレンより長生きしている「エルフ族」伝説の魔法使いかゼーリエです。

ほとんどの魔法を極めている実力者で、作中では最強の魔法使いとなっています。

「魔王」と同じ時代にいながら、討伐出来なかった謎など多くの伏線を持っているキャラクターです。

「大陸魔法協会」という魔法使いを束ねる組織の頂点で、今後の活躍が期待されている重要な魔法使いです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】あらすじ

かつて「魔王」を討伐した「勇者パーティー」の4人は、50年に一度の「半世紀エーラ流星」を見たのちに、次の「半世紀エーラ流星」を一緒に見る約束を交わして解散します。

それから50年経ち「半世紀エーラ流星」を見た4人でしたが、76歳になっていた勇者ヒンメルは老衰で死亡してしまいました。

この勇者ヒンメルの死に対し、後悔したのが「エルフ族」のフリーレンでした。

フリーレンは長く生きる為に感情の一部が欠落している種族です。

ですが、勇者ヒンメルの死をキッカケに「人間を知りたい」という感情が芽生えていました。 

こうして趣味である「魔法収集」を兼ねて「人間を知る」為の旅に出ることになります。

その後、フェルンやシュタルクを仲間にしたフリーレンは「魔族」の生き残りを討伐しながら旅を続けて行く事になりました。

その旅の中、フリーレンが知ったのが「魂の眠る地オレオール」という場所です。

「魂の眠る地オレオール」は死者の魂と対話する事ができる土地で、かつて「魔王城」があった場所とフランメの手記に記されていました。

そして、アイゼンにも行って見ろと言われた「魂の眠る地オレオール」を目指して旅を続ける事になります。

 

スポンサーリンク

まとめ

原作もアニメもどちらも人気となっている「葬送のフリーレン」の魅力は、ただ単純に「面白い」という事になります。

その中でも特に魅力的に描かれているのがフリーレンの存在です。

フリーレンは長く生きる為に感情の一部が欠落しています。

ですが、勇者ヒンメルの死をキッカケに「人間を知りたい」という感情が芽生えました。

現在は人類であるフェルンとシュタルクと共に旅をし、「魔族」を討伐しながら、これまで知らなかった事を吸収していきます。

あくまでファンタジー要素のある物語ながらも、フリーレンを中心にした「生と死」をテーマにした「葬送のフリーレン」独特の世界観は引き込まれる魅力があります。

フリーレン一行は最終目的地に「魂の眠る地オレオール」に設定し、旅を続けています。

原作、アニメと共にどんな風に描かれていくのか、今後も「葬送のフリーレン」を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒涙腺崩壊!心打つ泣ける名言と名場面集!エルフの旅が教える生・・

⇒内容と見どころと面白いポイント!エルフの永遠なる旅が紐解く・・

⇒最強キャラTOP10!強さの裏に隠された秘密!誰がラスボス・・

⇒ヒンメルとおじいちゃんは同じ声優?役作りの裏側を大公開!ア・・

⇒フェルンがますますかわいい!その秘密と年齢に迫る!声優は?・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA