スポンサーリンク

最新ネタバレ『ブルーロック』249-250話!考察!世界中が盛り上がる頂上決戦の幕開け

スポンサーリンク

前回のブルーロックは、新英雄大戦最終日となり様々な動きが見られました。

世界中が興奮する最中、日本フットボール連合会長の不乱蔦宏俊がアクションを開始。

莫大な利益を生み出すプレゼンテーションでサッカー界を盛り上げようとしていました。

FIFA会長も不乱蔦の意見に耳を傾けて、更に大きな流れが発生しそうな予感がします。

一方、國神錬介はメディカルチェックルームでデータチェックの測定。

指導者ストライカーノエル・ノアの能力に近づいてきました。

絵心甚八は、國神に対して全て世界一の当て馬を作り上げる為の当て馬担当だと宣言。

エゴを捨てて無我になれと命令された國神がどんなプレーを見せていくのか気になります。

試合開始時刻が近づき、ノアはミーティングでスターティングメンバーを発表。

今回の試合は積極的に選手交代を行い総力戦で勝利を掴むと告げました。

フィールドに向かう主人公・潔世一は、静かにテンションを高めて行きます。

今までの戦いを振り返り、様々な役割に徹してきた事を確認して行く潔。

糸師凛に勝ち、世界一に到達したいという思いがより強くなりました。

試合の流れを具体的に描ける力が、己の持つ自己独創性(オリジナリティ)だと発見。

自分の中の飢餓(ハングリー)を最大限に開放して準備を整えて行きました。

P・X・G(パリ・エクスジェン)の選手達は、既に到着して待機。

士道龍聖とミヒャエル・カイザーのバチバチが見応えありました。

潔は、凛に1位の座を掛けてようやく争えると宣戦布告。

しかし、凛は全くその事について興味が無いと表情を変えません。

代わりに望むのは、潔が敗北して潰れる姿だけだと強気の凛。

静かな闘志がフィールドに充満し、全ての選手達に緊張感が漂います。

キックオフの合図が鳴り、新英雄大戦最後で最強の戦いが幕を開けました。

優勝するのは、どちらのチームになるのかとても興味深い一戦です。

それでは、今回もブルーロックの249話について熱く語って行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

『ブルーロック』249話!のネタバレ 

 

それでは『ブルーロック』249話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

潔世一、頂上決戦の大舞台に歓喜する

 

バスタード・ミュンヘンの潔世一は、目の前にいるP・X・G(パリ・エクスジェン)の選手達を見ていました。

特に注目していたのが、糸師凛と士道龍聖の2名。

2大エース中心の二重規範(ダブルスタンダード)体制だと気づきました。

潔は、凛と士道の同時起用で勝利する本気度が高いと理解します。

想定外のギャンブル布陣(フォーメーション)で勝負を掛けてきたと見抜く潔。

次第に、彼の中である感情が湧き上がります。

それは、この状況が超面白いと感じていたのです。

潔は、これが頂上決戦なんだと納得。

最高の大舞台で最強の宿敵(ライバル)達とプレーできる喜びも味わっていました。

潔の昂る気持ちは全く抑えられません。

この試合に全力で挑み、己のエゴイストを見せようと準備して行きます。

バスタード・ミュンヘンの指導者ストライカーであるノエル・ノアも静かに観戦。

P・X・Gのジュリアン・ロキも黙って興味深く見つめています。

そして、試合の始まりが刻々と近づいて行ったのです。

 

 

いきなりP・X・Gチームが凛と士道の二重規範が炸裂です。

完全優勝を狙う本気度が熱すぎます。

潔は、自分達のチームと同じ変則・変態フォーメーションで勝負する戦術と判断。

凜達を警戒しながらも次第に感情が爆発して行きました。

それは、面白いと楽しむ心。

喜び闘志がより燃え上がる潔がカッコ良く見えました。

しかも、自分が今立っているフィールドが頂上決戦に相応しい大舞台。

数多くのライバル達と戦えるとエゴイストモード全開です。

ノアやロキも始まりを静かに刮目。

どんなスーパープレーが見れるのか非常に気になります。

さあ、再び話の続きを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ミヒャエル・カイザーVS士道龍聖

 

新英雄大戦第10戦は、バスタード・ミュンヘン側からの攻撃となりました。

センターサークルには、ボールの近くにアレクシス・ネスがいます。

その隣には、エースストライカーのミヒャエル・カイザーも待機。

カイザーは、険しい表情で相手チームのP・X・Gを睨んでいました。

その後ろには、潔世一も控えています。

潔は、新英雄大戦の完全優勝を決めると心の中で宣言。

超越視界(メタ・ビジョン)を発動させて、フィールドの情報を最大限に収集します。

彼の脳内では、もう1位になる事しか考えていません。

キックオフの合図がフィールドに轟きます。

ネスは、直ぐにカイザーにパスを出しました。

ボールを受け取ったカイザーに体当たりを仕掛けてくる士道龍聖が登場。

カイザーと士道の身体が勢いよくぶつかり合いました。

お互い体の軸が強くてブレずに退きません。

士道は、足を出してボールカットを実行。

しかし、カイザーは巧みな足捌きとボールタッチで素早く回避して行きます。

ハイスピードの2人が見せる決闘(デュエル)。

カイザーは、競り合いの最中で左足からパスを出しました。

ボールは、相棒であるネスの所へ鋭く向かって行きます。

カイザーは、ボールの軌道を瞬時に確認。

身体を上手く回転させてのフェイントで、鮮やかに士道を抜き去りました。

ネスの近くに、時光青志が急接近。

でも、ネスはリターンパスをカイザーに繋げます。

士道から距離を置いたカイザーは、ボールの到達点へと疾走。

ゴールを決める為に動き出したのです。

 

 

攻撃の先行は、バスタード・ミュンヘンからでした。

ネスとカイザーからの起点がチームの要です。

カイザーの冷たい険しい表情が一段と強い気がしました。

今回の試合で、潔を上回るスーパープレーを個人的に見せてくれそうな予感しかありません。

潔は、優勝する事のみを渇望。

勝利の為に、超越視界をフル展開して行きました。

試合開始早々、カイザーと士道の大激突。

お互いバチバチのぶつかり合いは、とても迫力がありました。

士道がボールを奪うアクションに対して、カイザーの切れ味抜群の動きが最高です。

キレキレの動きとスピード感溢れるフェイントの応酬。

見ているだけで大興奮でした。

カイザーは、ネスの位置を確認してパスを出します。

士道の隙をついて、フェイントを駆使して回避する事に成功。

ネスのリターンパスを受け取ろうと走り出しました。

カイザーが先制点を決める事が出来るのか注目です。

 

スポンサーリンク

一瞬のチャンスを逃さないフィールドのエゴイスト達

 

バスタード・ミュンヘンのミヒャエル・カイザーは、走っていました。

アレクシス・ネスが出したパスの届く場所を先読みして向かいます。

カイザーの頭の中では、P・X・G(パリ・エクスジェン)に先制点を決める事。

士道龍聖を突き放し、ボールの落下地点に近づきました。

すると1人の選手が物凄いスピードで突進。

鴉の様な素早さを見せて、カイザーよりも先にボールカットに成功しました。

それは、鳥旅人でした。

彼は、上手く行ったと満足そうに笑みを浮かべます。

しかし、鳥はある男が近づいてきた事に全く気付きません。

いつの間にかボールを蹴り上げて、鳥の行く手を阻止していたのです。

そこには、気迫漲る國神錬介がいました。

國神がクリアしたボールは、上空へ舞い上がります。

雷市陣吾は、自分でキープしようと動きを目視。

全力で走り出した際に、追いついてくる者と競り合いになります。

超加速で距離を詰めてきた剣城斬鉄。

雷市と斬鉄は、体当たりをしながらお互い譲りません。

やがて、2人の足がボールに当たります。

ボールは、フィールドの地面にバウンドし跳ね上がります。

氷織羊と時光青志は瞬時に反応。

羊は、時光を先に行かせない様にハンドリングを駆使してブロックして行きました。

動かなくなった羊達の隙をついて、七星虹郎の乱入。

虹郎は、ボールに向かって一心不乱。

全速力で接近して行ったのです。

 

 

カイザーがゴールに近づけさせないP・X・Gの守備が固すぎます。

まさかの鳥がカットに成功したのが驚きでした。

でも、國神も身体能力を活かしての阻止が熱かったです。

クリアボールに向かう雷市と斬鉄。

彼らの一歩も退かない激突が迫力満点です。

羊と時光の駆け引きも見応えがありました。

その一瞬の隙を七星が見逃しません。

あまり目立つ活躍の無い七星。

生き残りを賭けて見せるプレーがどんなものなのか興味深いです。

七星の全力疾走は、P・X・Gを優位に立たせるのか注目して行きましょう。

 

スポンサーリンク

七星虹郎、糸師凛に繋げる渾身のパス

 

P・X・G(パリ・エクスジェン)の七星虹郎に最大のチャンスがやってきました。

W杯U‐20日本代表入りを果たすには、結果を出すしか手段がありません。

今まであまり目立った活躍の無い七星。

ここで世界中に己の実力をアピールする絶好の機会でした。

彼は、氷織羊が時光青志を喰い止めて制止しているのを確認。

自分が先に確保すると全力でボールに向かって走り出します。

七星は、歯を食いしばり険しい表情でボールに飛びつきました。

体勢を崩しながらも力強く伸ばした左足。

羊や時光よりも先に触れる事に成功したのです。

七星は、そのままある選手に向かってパスを出してボールを打ち上げました。

その軌道は、1人だけフリーになって走っている者の所へと向かって行きます。

それは、9の背番号であるユニフォームを着た糸師凛。

彼は全く表情を変えません。

冷静にひたすらボールを受け取る事に専念する凛。

凛の頭には、ゴールを決めて潔世一を倒す事しか考えていなかったのです。

 

 

七星の意地と気合と執念が勢いよく伝わってきました。

己の人生を賭けて、力を全開して勝負に挑む七星。

代表入りの為に、純粋に真剣で挑む姿はとても痺れてカッコ良かったです。

七星のダッシュは、羊と時光を阻止。

彼らよりも先にボールを奪う事が出来ました。

そのまま、凛へとパスを出す所が刺激的です。

七星の本気と負けない心が奇跡を生み出したと思います。

なりふり構わずに繋げた七星がとても大好きになりました。

地味でも泥臭いプレーが個人的に素敵すぎます。

彼が今後も大活躍を見せてくれたらとても嬉しいです。

凜は、七星のパスを確実に受け取れるか期待してしまいます。

バスタード・ミュンヘンを上手く回避して、得点できるかとても楽しみです。

 

スポンサーリンク

高次元決闘(ハイレベルデュエル)の連続で熱くなる戦場(フィールド)

 

P・X・G(パリ・エクスジェン)の糸師凛。

彼は、必死にパスを出した七星虹郎のボールを受け取ろうと走って行きます。

しかし、凛の近くまで駆け寄ってきた選手が出現。

それは、バスタード・ミュンヘンの潔世一でした。

潔は、超越視界(メタ・ビジョン)をフィールドに全展開。

当然、凛の取るアクションや思考を瞬時に読み取っていたのです。

潔は、凛の足下に到達直前でヘディングでボールをクリアしました。

彼は、そのまま凜に向かって温すぎるナンバー1だと睨みます。

凜も負けじと睨み返して暴言。

戯言をほざくなとか、ブチ殺すと敵意剥き出し状態でした。

新英雄大戦の試合を観戦していた世界中のファン達は、大興奮。

誰もが潔のプレーに驚きと称賛を見せて行きます。

同時に、試合直後のハイスピード過ぎる攻防。

今まで見た事の無い高次元決闘(ハイレベルデュエル)の連続を見せつけられたのです。

試合の解説者も驚愕する程の最強チーム同士の激突。

瞬き厳禁のシビアな戦いに魅了されていったのです。

新英雄大戦の頂上決戦に相応しい最終試合。

潔や凛等の選手達は、虎視眈々とゴールを狙っていました。

波乱の幕開けは、強烈で個性的なエゴイスト達を奮い立たたせます。

フィールド上の選手達は、得点を決めて全世界に名を轟かせる事を目的。

結果を出して未来に繋げる為の衝突は、まだまだ始まったばかりです。

己の存在価値を賭けて、激闘は更に激しさを増して行くのでした。

 

 

凛のアグレッシブな攻撃は、潔に阻止されて失敗。

潔が持つ超越視界の凄さは、改めて凄い能力だと感じました。

凜を超える覚悟と気合の入ったヘディングクリアが最高です。

凜に対して温すぎる1位だと挑発を行った潔。

負けじと強気の態度を見せる凜の風格も揺らぎません。

あまりのハイスピードな攻防戦。

世界中の観戦者達は、興奮と歓喜を味わいました。

始めからこの勢いで、これからがどうなっていくのか予測不能。

更に、強烈なスーパープレーの連続が見られそうで楽しみです。

高次元決闘がとても強烈過ぎました。

様々な駆け引きや選手達の能力が開花して行くのか興味深いです。

次回の話を一刻も早く読みたくて仕方ありません。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブルーロック』ネタバレ249-250話のまとめ

 

今回のブルーロック249話は、高いレベルの攻防戦が繰り広げられました。

潔は、P・X・Gが凛と士道中心の二重規範システムで勝負してきたと理解。

バスタード・ミュンヘンと同じ戦術で挑む事を面白いと感じます。

最高の舞台で戦える喜びを噛みしめて闘志が燃え上がりました。

その最中、運命のキックオフが開始され試合が動き出します。

カイザーにアグレッシブな攻撃を仕掛ける士道が強烈すぎました。

しかし、カイザーは士道に怯まず高速フェイントの連発で回避。

それを皮切りに選手達の激しい戦いが炸裂して行きます。

カイザーからボールを奪う鳥の動きが勢いあり過ぎました。

瞬時に対応してクリアする國神の冷徹なアクションも最高です。

雷市と斬鉄のバチバチなぶつかり合いもレアな光景。

羊と時光が見せた紙一重の攻防戦も見所がありました。

その中で頭角を現した七星虹郎。

彼の気迫あふれる不退転のプレーは、遂に凜へとパスを繋げました。

凜に大チャンスが来たかと思いきや潔のヘディングで阻止。

潔の超越視界が凜封じに成功しました。

両チームの高い意識とスーパープレイの連続に世界中が注目。

興奮状態で観戦が盛り上がって行きます。

緊迫感ある状況を誰が打ち破るのかも興味津々です。

より乱れて混沌を生み出すフィールドの変化から目が離せません。

新英雄大戦の最終試合は、まだまだ始まったばかりです。

これからの展開と選手達の活躍。

見逃せないのでしっかり注目して行きたいと思います。

それでは、また、次の話でお会いしましょう。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブルーロック』251話!糸師凛が潔世一に見せる世界一の特等・・

⇒『ブルーロック』250話!試合の均衡を破る糸師凛の攻撃(ター・・

⇒『ブルーロック』248話!新英雄大戦、優勝を懸けた最終決戦・・

⇒『ブルーロック』247話!絵心甚八、選手達を輝かせる大演説・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA