【進撃の巨人】イザベルはリヴァイが好きだった?スピンオフで話題のイザベル・マグノリア!可愛いイザベルの魅力とは?

スポンサーリンク

イザベル・マグノリアはとても明るく天真爛漫です。

スピンオフ作品では主要キャラとして描かれています。

どんな立ち位置で物語を進行させていくか解説していきます。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】スピンオフ作品「悔いなき選択」とは?

進撃の巨人で「人類最強」と言われているリヴァイ兵長の過去を描くスピンオフ作品です。

月間「ARIA」で2014年1月号から8月号で連載されていた作品で、コミックス全2巻で完結しています。

コミックス15巻と16巻の限定版の付属ОVAとしてアニメ化されています。

 

スポンサーリンク
"
"

【進撃の巨人】イザベルとリヴァイの出会いは?

リヴァイとイザベルが出会ったのは廃墟のスラム街で出会っています

イザベルは迷い込んできた鳥を元の場所に逃がすために立ち入り禁止区域から逃がそうとします。

立ち入り禁止区域であるため、ゴロツキに付き纏われます。

イザベルはゴロツキから逃げていく最中に、リヴァイの家の近くでこけてしまいます。

リヴァイはイザベルが何者かに狙われていると気づきイザベルを守ります

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】イザベルの性格は?

イザベルは天真爛漫の性格でとてもおおらかで明るいです。

動物の扱いが得意となっています。

人間は苦手意識があります。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】イザベルとリヴァイの関係性は?

イザベルとリヴァイは作中ではあまりに仲が良い関係性を保っています。

お互いが恋愛対象として意識している描写はなかったです。

イザベルはリヴァイの事を“兄貴”と慕っているようです。

2人の関係はあくまでも兄弟か家族のような関係そのものです。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】イザベルは動物が好き?

イザベルは女性隊員と訓練中の場面の時です。

イザベルは馬の扱いが上手いように描かれています。

地下にいた頃から動物は得意とのことを説明されています

一番厄介なのは人間さ」と動物好きだけど人間が苦手のような発言をしています。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】イザベルが調査兵団に入団した経緯は?

イザベル、ファーマン、リヴァイが地上にて立体機動装置で飛びながらイタズラをしています。

その時、調査兵団が追いかけてきてしまうのです。

いつもは憲兵団に狙われる3人です。

そこには憲兵団だけでなくエルヴィンの姿がありました。

リヴァイは立体機動装置の高い操作能力や身体能力、小型ナイフを器用に扱い調査兵団であるエルヴィンと対抗します

対抗する中、エルヴィンがリヴァイに対し「周りをよくみろ」と問いかけます。

リヴァイが周りを見渡すとイザベルとファーマンが捕まっている事に気づきます。

リヴァイ 以外の2人が捕まっているため、リヴァイは持っている小型ナイフを離してエルヴィンに捕まってしまいます。

リヴァイは抵抗しようとするものの、完全に拘束されたイザベルとファーマンが人質に取られたのをみて、さらにエルヴィンがリヴァイにとある選択を迫ります。

それは、2人を助けたいなら調査兵団に入れという選択と、もう一つが調査兵団に入らないのであれば憲兵団に引き渡すと言う究極の選択です。

憲兵団に引き渡されると、厳しい処罰を受けないといけないのです。

一般人が立体機動装置を使うことは許されていないのも処罰の一つとなっています。

2人を助けるためにもリヴァイは調査兵団に入りイザベルとファーマンと共に調査兵団の生活を共にすることを決心します

エルヴィンがリヴァイらを勧誘したのは、立体機動装置の扱いが憲兵団より格上であったことに関心を抱いているからだと考えられます。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】イザベルの最期とは?

イザベルの最期は亡くなります。

調査兵団になって壁外調査デビューをする時のリヴァイ、イザベル、ファーマンの話です。

壁外調査へ行く前にはエルヴィンが陣形についてどういう戦略をとっていくか説明しています。

その時の、フラゴン分隊長から巨人は避けては通れない、だからこそ予想外の事態に対応できるようにしておくべきと言います。

リヴァイ班に対し、「この班はまとまりにかける」と言った後に、「人材には恵まれている」とリヴァイ達の実力を褒めます。

実際に壁外調査が始まって壁の外を馬でかけめぐっていきます。

天候には恵まれず大雨が降ってくるのです。

隣の会話も聞こえなくなり、視界も悪くなり、信煙弾も使えなくなります。

リヴァイの3人のもとでも強烈な雨が降りそそぎます。

3人は、この雨と霧を利用してエルヴィンの頭をとろうと考えます。

リヴァイは団体の陣形から離れるのは巨人に食われるリスクがあるからとリヴァイ単体でエルヴィンの元へ行く事を決意します。

イザベル、ファーマンはフラゴン分隊長達と合流します。

エルヴィンの元へ駆け寄っていく途中に、巨人に捕食された後の隊員が地面に転がされて遊ばれているのを見つけます

まるで子供がおもちゃで遊んでいるように隊員が扱われているのをみてリヴァイはぞっとします。

足跡を確認すると、フラゴン分隊長達の方面に向かっている事に気づきます

リヴァイはすぐに引き返しイザベル、ファーマンの元に駆け付けます。

駆け付けると、巨人達に捕食されているイザベル、ファーマンを間のあたりにします

「悔いなき選択」でイザベルは巨人に捕食されます

 

スポンサーリンク

まとめ

イザベルとリヴァイとの出会いは、とんだヒョンな事から始まりまっています。

ファーラン共の3人は立体機動装置がお得意でよく飛んでいます。

調査兵団に捕まり、調査兵団に入る事をスカウトされています

実務の壁外調査には、巨人と戦う事になるが心臓を捧げるようにエルヴィンに従っています。

壁外で巨人に出会いイザベルは捕食されています

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒最期まで役目を全うしたエルヴィン・スミス!窮地に追い込まれた・・

⇒読者に人気があるニファ!可愛くてしっかり者?人気がある理由と・・

⇒ザックレー総統は変態ではなく野心家だった!?ザックレーが密・・

⇒悲しすぎるペトラの末路!本当に正しい選択だったのか!?ペトラ・・

⇒リヴァイのかっこいいシーンまとめ!名言と共に漫画で振り返る!・・

⇒リヴァイが死亡!?ジーク最後の反撃!リヴァイはまだ生きている・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です