スポンサーリンク

【キングダム】黒羊丘の戦いで慶舎は死亡した?この時慶舎はすでに桓騎の弱点を見抜いていた!?

スポンサーリンク

黒羊丘の戦いは秦軍が趙の黒羊丘に攻め入るエピソード。

迎えうったのは合従軍で趙軍副将を任され、李牧に代わり指揮をとっていた慶舎でした。

一体どんな戦いだったのか、本記事では黒羊丘の戦いにおける慶舎の動きをまとめていきます!

 

スポンサーリンク

 

【キングダム】黒羊丘の戦いのあらすじ

嬴政のもとでようやく1つとなり、いよいよ中華統一へと本格的に乗り出した秦。

「中華統一に秦が高い士気で挑める年数はたったの15年」と算出した昌平君は、考烈王の崩御・春申君の死亡・媧燐の宰相就任という楚の大きな動きを受けて趙攻めに方針を決定します。

そしてその拠点とするため、紀元前237年、桓騎軍と飛信隊に趙・黒羊への侵攻が命じられました。

ただしこの黒羊丘の戦いは、広大な樹海という特殊なフィールドと底知れぬ両軍総大将の戦術によって異様な様相を呈していくのでした。

 

スポンサーリンク
"
"

【キングダム】黒羊丘の戦いは何巻?

黒羊丘の戦いはコミックス41~46巻に収録されているエピソード。

41~45巻で黒羊丘の戦い、45~46巻でその結末を受けた秦や飛信隊の新たな展開が描かれます。

コミックスおまけマンガでは慶舎と李牧の出会いも描かれているので、ぜひコミックスで楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

【キングダム】慶舎VS桓騎の戦い

黒羊丘の戦いは秦軍5万8千vs趙軍7千の戦いとなりました。

秦軍は桓騎軍5万と飛信隊8千で、率いる総大将は桓騎。

桓騎は「首斬り桓騎」の異名をもつ元・野盗の頭領で、勝つためならば残虐な行為も厭わず味方からも危険視されている将軍です。

ただし人の心理を読みきった独自の戦略は「かつての六将にも並ぶ実力」とまで言われており、自軍の将すら予測不能な自由な発想は未だ底が知れません。

趙軍は慶舎軍4万と紀彗軍3万で、率いる総大将は慶舎。

慶舎は張り巡らせた罠に相手が飛び込んでくるのを待つスタイルで「沈黙の狩人」という異名をもち、冷静な観察力と判断力で確実に相手の弱点を攻めていく将軍です。

李牧に模擬戦で何度か勝っているなど軍略の才能は李牧も恐れを抱いているほどで、趙国内でも「三大天の席に最も近い」と言われています。

つまりどちらも六将/三大天クラスの実力をもつ軍略の天才…一筋縄でいくはずがありません。

 

スポンサーリンク

【キングダム】中央丘を巡る戦いへ

見渡す限りの広大な樹海である黒羊の勝利条件は「5つある丘の占拠」。

特に巨大な中央丘を占拠した方が実質的な勝利となるため、初日は両軍とも中央丘より奥に前線を作ることが目標となりました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】慶舎が自ら出陣

先手を取ったのは趙軍で、紀彗軍が秦軍右翼の飛信隊を罠にハメて前線を押し込みます。

それを受けて桓騎は左翼の雷土&ゼノウ一家を使い、圧倒的な破壊力で反対側の前線を押し上げていきました。

すると慶舎はそこに“匂い”を感じ、自ら精鋭部隊を率いて雷土&ゼノウ一家の先頭を孤立させ、秦軍の動きを止めてみせたのでした。

その後2日目は互角でしたが、3日目・4日目は飛信隊の躍進により秦軍優勢の戦況が続きました。

それにもかかわらず桓騎が動きを見せず戦場が停滞したため、慶舎は再び自軍の精鋭部隊を率いて出陣。

楔となっている飛信隊を攻撃に向かいました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】慶舎はおびき出された?

慶舎の奇襲により飛信隊は、交戦中だった馬呈軍さらに劉冬軍に包囲される形となり、窮地に追い込まれました。

するとそこへまさかのゼノウ一家が襲来し、慶舎に襲い掛かったのでした。

実は慶舎が飛信隊を狙うことこそが桓騎の罠。

桓騎は慶舎が飛信隊を狙うために動くことを読んでおり、飛信隊をエサにして慶舎を戦場におびき出したのです。

飛信隊を潰し一気に戦局を動かそうとした慶舎でしたが、逆に窮地に追い込まれてしまいました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】慶舎VS信

紀彗の援軍により窮地を脱した慶舎でしたが、その動きを飛信隊に捕捉され追われ、信との一騎打ちにまで持ち込まれてしまいます。

とはいえ慶舎も三大天の席を狙っている1人…無表情と細い身体からは想像できない熱く重い剣で信を迎えうちました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】慶舎は死亡した?

しかし激しい斬り合いの末に勝利したのは信でした。

慶舎はこれまで李牧とともに信の成長を注視してきたのですが、相まみえた信は想定していたよりもはるかに早く大きく成長していたのです。

慶舎は李牧に恩を返しきれなかったと無念を抱えながら息を引き取ったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】慶舎の敗因とは?

慶舎の敗因は飛信隊と信が想定以上に強かったこと。

…ではあるのですが、最大の敗因はやはり先述のように桓騎の罠にかかり、飛信隊を襲撃してしまったことです。

「沈黙の狩人」である慶舎のスタイルは、自分の張り巡らせたアミの中で冷静に相手を観察、弱点を見極めて攻めるというもの。

李牧曰く“待ち”の達人である慶舎を討つのは李牧でも困難であり、討つとすれば慶舎を何とかアミの外に出さなければいけません。

そしてこの戦いでも慶舎はアミの中でじっと観察し、3日目に秦に大きな好機を掴まれても冷静に桓騎の動きを注視していました。

しかし4日目も桓騎が一切何もしなかったため、慶舎は痺れを切らして飛信隊の襲撃に向かってしまいます。

つまり慶舎は桓騎の“匂い”がいつまでも捉えられないことで珍しく感情的になり、自らアミの外に出てしまい、結果それが敗北に繋がったわけです。

慶舎の性質を正確に見極め、まんまとアミの外に誘い出してみせた桓騎が一枚上手だったということですね。

 

スポンサーリンク

【キングダム】黒羊丘の戦いの結末

慶舎は丘の趙軍側で討たれたため、趙軍はその死を隠し、紀彗を実質的総大将として戦い続けました。

しかし桓騎の策により紀彗軍が黒羊を離れることになり、半数を失った趙軍は秦軍の突撃に対抗できず全軍撤退となり、黒羊丘の戦いは秦軍勝利で幕を閉じました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】慶舎は桓騎の弱点を見抜いていた?

慶舎は桓騎の罠にかかりその恐ろしさを実感しましたが、実は同時に桓騎の弱点を見抜いていました。

その直後に信に討たれてしまったため内容は分かりませんでしたが、次にまた別の戦いで桓騎と相まみえる機会があったら、今後は慶舎が桓騎の上をいった可能性もありますね。

慶舎と桓騎の“次”はないものの、しかし代わりに黒羊でこの戦いを観察していた李牧が、同じく桓騎の弱点に気づいていました。

「私がこの手で仇を討つ」と慶舎に誓う李牧。

李牧vs桓騎に続く…。

 

スポンサーリンク

まとめ

慶舎は李牧に「自分でも討ち取るのは至難の業」と言わしめる実力をもつ本能型の軍略家であり、黒羊丘の戦いでもその才を発揮しましたが、桓騎の策にハマり、信に討たれることとなりました。

慶舎は合従軍編で麃公を翻弄したほどの優れた将ですから、慶舎の性質を見抜き利用してみせ、慶舎の死後には趙軍の動きの変化を察知してすぐに紀彗に狙いを変えて策を弄した桓騎が見事だったとしか言えませんね。

しかし李牧に桓騎の弱点を気づかせることになったのだから、慶舎の戦いは完全敗北ではありませんでした。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒黒羊丘の戦いで桓騎の恐ろしさが際立つ?桓騎の圧倒的な強さの・・

⇒黒羊丘の戦いで信と桓騎が一触即発?天下の大将軍を目指す信!・・

⇒黒羊丘の戦いでゼノウが大暴れ?桓騎軍の最強部隊ゼノウ・・

⇒黒羊丘の戦いで紀彗に迫られる選択肢とは?紀彗の壮絶な過去に・・

⇒黒羊丘の戦いで知った戦争の現実!桓騎軍が本領発揮?信と羌瘣・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA