スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】神技のレヴォルテと部下の策略!ゲナウとの因縁深掘りと全貌!

スポンサーリンク

レヴォルテは魔族の中でも「将軍」の役職を持つ戦士です。

4本の手を持ち、下半身は足ではなく大蛇のような形をした異形の持ち主です。

長きに渡り、北部高原を恐怖に突き落としました。

また、一級魔法使いのゲナウとは深い因縁を持っています。

ついに対決することになった因縁の相手、ゲナウとレヴォルテ。

2人の戦いの結末とは?!

将軍として初めて登場した神技のレヴォルテについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】神技のレヴォルテのプロフィール

レヴォルテは魔族の中でも「将軍」の役職を持つ戦士です。

とある村を襲撃した際、レヴォルテたちは駐在していたノムル騎士団から強い抵抗を受けます。

思った以上に粘られたレヴォルテは戦いを楽しむあまり、非道な行動を繰り返すことに…!

結果、ついに人間側が北部高原に増援する事態に発展してしまうのです。

増援メンバーとしてフリーレン一行、一級魔法使いのゲナウ、メドーデが参戦。

レヴォルテたちとの死闘を繰り広げることになりました。

ちなみに、葬送のフリーレンはドイツ語からつけられるキャラクターが多く、レヴォルテの名前の由来は“反乱”を意味するドイツ語となっています。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】神技のレヴォルテの特徴

レヴォルテ最大の特徴は、他の魔族にはない異形でしょう。

魔族は基本的に人間に近い姿をしています。

手足は2本、身長も人間とそう変わりません。

人間に化けるのも得意ですしね!

でもレヴォルテは違います。

身長は人間よりかなり高く、4本の腕を持ち、下半身は足ではなく大蛇のような形をしています。

目はマスクのようなもので覆っているため、見ることはできません。

上半身はほぼ何も身につけておらず、鍛え抜かれた肉体が丸見えです。

魔族でここまではだけたファッションなのはレヴォルテくらいでしょうw

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】将軍とは?

魔族の将軍とは、魔族の戦士のことです。

熟練された魔力で肉体を強化して武術を操っています。

中には求道者のように何百年もかけて武力を極める者もいるようです。

将軍という役職を持つ魔族の中には、アイゼンよりもはるかに強い力を持つ者も多くいました。

レヴォルテとアイゼンが剣を交えたことはなさそうですが、結果が気になるところですね!

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】神技のレヴォルテと呼ばれる由縁とは?

レヴォルテが「神技のレヴォルテ」と呼ばれる理由は、魔法で作り上げた4本の剣に由来しています。

レヴォルテが魔法で作ぅた剣は、重さを自由に変えられます。

時には羽より軽く、鋭く、時には巨岩のように重くもできるのです。

ゲナウ曰く魔法の剣はこの世ならざるものまで作り出すことができます。

レヴォルテの剣は正に変幻自在、神話の時代に山を砕いた剣になぞらえて「神技の砕剣」と呼ばれていました。

この神技の砕剣を使いこなすことから「神技のレヴォルテ」と呼ばれるようになったのです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】神技のレヴォルテの性格とは?

将軍という役職を持ち、武力に優れたレヴォルテですが、性格は意外にも慎重派です。

それがよくわかるシーンがあります。

部下がレヴォルテのテリトリーにゲナウたちが入り込んだことを察知し、報告した時のことです。

自分たちの強さに自信を持っていた部下は、相手が手だれであることを感じつつも、勝てない数ではない(5人しかいない)ので、こちらから仕掛けることを提案していました。

ところが、レヴォルテは「慎重に行こう」と諌めていました。

狙うべきは、5人がばらけて力が分散する時だと決めていたのです。

もちろん、魔族の将軍にまで上り詰めたレヴォルテは好戦的な一面も持っています。

レヴォルテはなにより強敵との戦いを好み、自分の力を誇示することを大切にしています。

そのため、弱者をいたぶることはしません。

その辺はある程度漢気があるんですけどね…。

レヴォルテが使う4本の魔法の剣は、大勢の人間を殺すために作られた殺意の塊です。

剣を維持できなくなれば素手でも戦い、微笑みを浮かべるほど…!

また、魔族らしい冷徹な部分も。

人間が遺体を守ろうとしたり、小さな子供を守ろうとする習性を利用して攻撃を仕掛けるのは当たり前です。

窮地に立たされれば平気で嘘をつき、相手の心を揺さぶります。

レヴォルテもやはりれっきとした魔族なのです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】神技のレヴォルテの強さとは?

レヴォルテの強さは2つあります。

1つ目は圧倒的なフィジカル。

4本の腕から繰り出される斬撃は、まともに食らえば一撃であの世行きです…。

そもそも人間にとって4刀流の相手に遭遇することはありえません。

レヴォルテを前にしては、攻撃を捌くことすら至難の業でしょう…。

魔族の将軍であるレヴォルテにとって、接近戦は得意な分野。

ゲナウとシュタルクが2人がかりで戦っても、レヴォルテの方が実力は上です。

実際、戦いの際にゲナウとシュタルクは少しづつ攻撃を喰らってしまいます。

一方のレヴォルテは、攻撃を受けてもまるで倒れず、動きが鈍ることさえありません。

人間とはかけ離れた強靭な肉体と無尽蔵な体力を持っているのです。

さらに魔法の剣を維持できなくなっても素手で人間の体を貫通させることも可能…!

普通に戦えばレヴォルテに敵う人間はそうそういないのです…。

2つ目は戦略家であること。

レヴォルテは見た目は脳筋タイプですが、実は頭脳を使う戦略家。

レヴォルテはフリーレンを始めとする一級魔法使いが揃ったパーティを危険視し、分散を計ります。

人間には遺体を守る風習があることも見抜き、必ずフリーレンたちがバラバラになると予測していたのです。

さらに、ゲナウを油断させるために部下に人間の子供のフリをさせ、戦いを有利に進める作戦まで使いました。

魔族という生き物は自分に自信を持ち、そのことが仇となることが多いのですが、レヴォルテは決して油断しません。

その自制心がレヴォルテを戦略家にしたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】神技のレヴォルテは死亡した?

レヴォルテは相当な実力の持ち主です。

普通に戦えば、ほとんどの人間に勝ち目はありません。

実際に交戦したゲナウとシュタルクも、レヴォルテの変幻自在な剣技に翻弄され、体力を削られていくばかりでした。

ただ、用心深いレヴォルテも読めなかったのがシュタルクの異常な頑丈さでしたw

レヴォルテも、ドワーフでもないシュタルクが、まさか自分の剣撃を正面から喰らっても倒れないとは思いませんでした。

この時、勝ちを確信したレヴォルテに一瞬の隙が生まれてしまうのです。

その隙をゲナウは見逃しませんでした。

ゲナウの黒金の翼を操る魔法(ディガドナハト)がレヴォルテの体を抉ります。

レヴォルテは深い傷を負いますが、まだ生きていました。

そこでレヴォルテはある作戦を実行します。

部下を人間の子供に化けさせ、ゲナウに背中を向かせたのです。

ゲナウはレヴォルテの部下に剣を刺され、致命傷を受けてしまいます…。

大ピンチを救ったのはまたしてもシュタルクでした。

大怪我を負いながらも倒れることはなく、ゲナウの盾となって戦いました。

アイゼンの教え、様々です!

最後はついにレヴォルテも魔力がつき、剣を維持できなくなります。

あとは気力・精神力の勝負となりました。

勝負の行方は、しぶとさでは負けない人間チームに軍配が上がりました。

ゲナウもシュタルクも、レヴォルテに素手で体を貫かれながらも攻撃をやめず、ついには勝利を勝ち取ったのです。

将軍として名を馳せたレヴォルテも、ついにここで死ぬこととなりました。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】神技のレヴォルテはゲナウの因縁の相手?

レヴォルテはゲナウの相棒を殺しています。

ゲナウの相棒は優しい男で、子供を守ろうとしたところをレヴォルテに狙われ、殺されてしまいました。

この時のレヴォルテはゲナウが相棒の死に気を取られた隙に撤退しているため、それなりにレヴォルテを追い込んでいたのでしょうね…。

ゼーリエもその死を悼むほど、ゲナウの相棒はいい奴でした。

ゲナウにとって、彼を失ったことは大きな心の傷となりました。

そして、今回の討伐で向かった先はゲナウの故郷である北部高原・ルーウェンです。

何の因果か、レヴォルテはゲナウの故郷を襲ってしまったのです。

現場にやってきたゲナウは、かつての知り合いの死を嫌というほど見ることになります。

つまり、レヴォルテはゲナウの相棒の命を奪い、故郷を奪った因縁の相手と言うことになるのです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】アニメ・神技のレヴォルテ役の声優は誰? 

レヴォルテはまだアニメに登場していないため、声優も未発表です。

登場回が近づけば公式に発表されるものと思われます。

人間で例えれば30代くらいの印象なので、平田広明さんや玄田哲章など戦えるお兄さんを演じてきた声優さんがお似合いではないかと思われます!

目が見えないので、イケメン度は不明ですが、同じく普段は目を見せないキャラ・五条悟を演じた中村悠一さんのかっこいい声も似合うかもしれません。

どんな声優さんが選ばれるのか今から楽しみですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

レヴォルテは魔族の中でも「将軍」の役職を持つ戦士です。

将軍とは、魔族の戦士のことです。

レヴォルテは4本の腕を持ち、下半身は大蛇のような形をした異形の持ち主で、魔法で生み出す変幻自在の剣で人間を殺戮してきました。

戦士らしく、強敵と戦うことに楽しみを感じ、弱者をいたぶる趣味はありません。

「神技のレヴォルテ」の由来は、魔法で作り上げた4本の剣です。

レヴォルテの剣は正に変幻自在、神話の時代に山を砕いた剣になぞらえて「神技の砕剣」と呼ばれていました。

この神技の砕剣を使いこなすことから「神技のレヴォルテ」と呼ばれるようになったのです。

その上レヴォルテには4本の腕があり、見切ることさえできません。

そんな強敵・レヴォルテに挑んだのが、深い因縁を持つゲナウとシュタルクでした。

ゲナウはレヴォルテに相棒と故郷を奪われています。

冷静に見えますが、強い怒りを抱えていたことでしょう。

シュタルクの協力もあり、ゲナウは重傷を負いながらもレヴォルテを倒しました。

初めて登場した将軍・レヴォルテはなかなかに強敵だったと言えるでしょう。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒将軍レヴォルテの強さについて解説!魔族における将軍とは!?・・

⇒魔族における将軍とは?・・

⇒ゲナウについて解説!意外といいヤツ?ゲナウの性格や使用する・・

⇒シュタルク!年齢は?でも驚異の強さ!その理由を探る!意外な・・

⇒大魔族の秘密!一覧と強さの真実を徹底解明!・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA