スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】大魔族の秘密!一覧と強さの真実を徹底解明!

スポンサーリンク

「葬送のフリーレン」作中で人類にとって最大の敵となっているのが「魔族」です。

その「魔族」の頂点に君臨し、世界を恐怖に陥れているのが「魔王」です。

ですが、人類にとって脅威となっているのは「魔王」だけでなく「大魔族」と呼ばれる「魔族」達です。

そこで今回は「大魔族」について詳しく見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】大魔族とは?

「大魔族」とは「葬送のフリーレン」作中に登場する「魔族」の事です。

その名の通り、普通の「魔族」より上位に位置しており、「通り名」が着き人類にも知られているのが特徴です。

「魔王」に次いで人類にとり脅威となっている存在で、「人智も人の理も超える」と言われています。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】大魔族の強さとは?

「葬送のフリーレン」作中に登場する「大魔族」は「魔王」に次ぐ魔力を誇っており、一時期は北側諸国の中心を支配していました。

フリーレンもこの「大魔族」達の事を、脅威となっていると発言しています。

その強さは当時の「勇者パーティー」ですら、封印するしかなかった「大魔族」も存在し、とんでもない脅威だった事が分かります、

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】七崩賢とは?

「魔王」が率いた「魔王軍」の大幹部で、恐れられていた「大魔族」が「七崩賢」です。

「七崩賢」はその名の通り、7人の「大魔族」からなる組織で人類にとり最も脅威と言われていた「魔族」です。

この「七崩賢」の「大魔族」が北側諸国で猛威を奮っていた時期があり、「魔王」以上の恐怖を人類に与えていました。

「七崩賢」の特徴として「人類が絶対に扱えない魔法」を使うというのがあり、かなり希少な魔法を使うというのも「大魔族」として恐れられる理由となっています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】無名の大魔族とは?

名前が売れている「大魔族」だけでなく、「葬送のフリーレン」作中では無名の「大魔族」も登場します。

無名だからといって決して弱い訳ではなく、無名だからこそヤバいとフリーレンは発言しています。

何故、ヤバいのかというと「大魔族」なのに、あまり知られていないというのは出会った人達を皆殺しにしているからです。

フリーレンもフェルンにはリストに載っていない「大魔族」に遭遇したら、すぐに逃げるように話しています。 

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】これまで登場した大魔族一覧

「魔王」に次ぐ脅威となっている「大魔族」は以下になります。

 

「全知のシュラハト」

「魔王」の側近で右腕ともいえる「大魔族」が「全知のシュラハト」です。

「七崩賢」を集結させるなどリーダー格の存在でしたが、「南の勇者」との全面対決の際、相打ちで死亡しています。

「未来が見える魔法」の使い手で「1000年後の魔族の為」と意味深なセリフを残している「魔族」です。

 

「断頭台のアウラ」

北側諸国のグラナト領を狙っていた「断頭台のアウラ」は、「七崩賢」の1人です。

「魔王」が討伐された後も生き残っていた「大魔族」で約500年生きていると発言しています。

「服従の天秤」という魔力の強い者が服従させるという厄介な魔法を使っていましたが、フリーレンの制御した魔力を見破れず、自害する事になります。

 

「黄金郷のマハト」

「七崩賢」最強と呼ばれるのが「大魔族」が「黄金郷のマハト」です。

「万物を黄金に変える魔法(ディーアゴルゼ)」という解除不可能な魔法を使い、城塞都市ヴァイゼを丸ごと黄金化しています。

「魔王」同様に人類との共存を本気で考えている「大魔族」ですが、人類との共存は絶対に不可能である事を体現している人物でもあります。

 

「奇跡のグラオザーム」

グラオザームは「魔王」配下の「七崩賢」の1人である「大魔族」です。

最強と呼ばれる「黄金郷のマハト」にとって最も相性が悪いとされる「楽園へと導く魔法(アンシレーシェラ)」の使い手です。

勇者ヒンメルにより討伐されています。

 

「不死なるベーゼ」

「勇者パーティー」を結界に閉じ込めた事のある「大魔族」の「不死なるベーゼ」です。

結界に閉じ込められながらも、勇者ヒンメルやフリーレンとの戦いに敗れ討伐されます。

因みにこの時、勇者ヒンメルが人類ではじめて「魔族」の「結界」に傷をつける事に成功しています。

 

「腐敗の賢老クヴァール」

「人を殺す魔法(ゾルトラーク)」を開発した「大魔族」がクヴァールです。

余りにも強すぎた故に、人類に研究し尽くされ、ある意味で人類魔法の進歩に大きく貢献した「魔族」です。

当時は強すぎて封印するしかなかったクヴァールですが、「魔王」討伐後に訪れたフリーレンにより封印を解かれた後で討伐されます。

余談ですがフリーレンがこの時、使用した魔法はクヴァールが開発した「人を殺す魔法」を改良した「魔族を殺す魔法」でした。

 

「ソリテール」

人類に認知されていない「無名の大魔族」がソリテールです。

人類に興味があり独自に研究している変わり者の魔族で、「黄金郷のマハト」と交流がありました。

人類に興味があるのはただ知りたいという欲求だけで、知れば皆殺しにしてしまう残虐な「魔族」です。

無名なのは上述したように出会った人類を皆殺しにしているからで、作中でも屈指の強さとヤバさを兼ね備えています。

 

「王座のバザルト」

「魔王軍」の将軍で、かつてフリーレンの故郷を襲い全滅させた大魔族です。

 

「電閃のシュレーク」

「魔王軍」の将軍であるシュレークでしたが、大魔族であるマハトに殺されています。

 

「神技のレヴォルテ」

レヴォルテは多くの魔法使いを操り腕が4本ある「大魔族」です。

「一級魔法使い」ゲナウの相棒を襲い殺した強い「魔族」でしたが、シュタルクと共闘したゲナウによって討伐されています。

 

「軍神リヴァーレ」

フリーレン討伐の為に集められた魔族最強の戦士と呼ばれる「大魔族」が「軍神リヴァーレ」です。

最強の戦士アイゼンと大激戦を演じている「魔族」で、斧など武器を作成する魔法を使う様子を見せています。

 

「終極の聖女トート」

リヴァーレ同様に集められた「終極の聖女トート」も「大魔族」の1人です。

「馬鹿馬鹿しいから、私帰るね」とその場を離れている変わり者です。

ですが、「あと百年もすれば、私の”呪い”はこの星を覆い尽くす」というセリフから今後かなり重要になってくる「大魔族」だと推測できます。

 

その他にも「葬送のフリーレン」作中では明言されていませんが、「南の勇者」に討伐された3人の「七崩賢」や「残影のツァルト」などが「大魔族」になると思われます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】フリーレンにとって大魔族の存在とは?

あらゆる魔法を駆使する「大魔族」は、フリーレンにとって「討伐」しなければならない存在です。

フリーレンの故郷はかつて「魔族」の手によって滅ぼされています。

この為、フリーレンにとって「魔族」そのものが許せない存在といえます。

大魔法使いフランメからも「一生欺け」と教えられ、これまで数えきれないほどの「魔族」を葬っている事からもフリーレンが如何に「魔族」を許せないかが推測できます。

 

スポンサーリンク

まとめ

数多くの「魔族」が登場する「葬送のフリーレン」でも、特別な魔法や強さを持っているのが「大魔族」です。

「大魔族」は人類に知られているほど脅威的な存在で、「魔王」と同じくらい恐れられています。

ですが、その「大魔族」の中にも人類に知られていない「無名の大魔族」も存在します。

フリーレン曰く「無名の大魔族」が無名なのは出会った人類を皆殺しにしているからだと。

そして、「大魔族のリスト」に載っていない「大魔族」に出会った時は迷わず逃げろとフェルンに教えていました。

「魔王」が討伐されたとはいえ、まだ多くの生き残りがいるとされる「魔族」。

この先、フリーレン達の前に新たな「大魔族」が登場してくるのか、楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒七崩賢生き残りは何人?一覧でその強さを探る!全員消滅か!?・・

⇒黄金郷のマハトが強すぎる!七崩賢最強の真実に迫る!最強魔族・・

⇒断頭台のアウラ!噛ませ犬ではない真の強さを徹底解明!・・

⇒魔族VS魔物!究極の違いとは!?強さ秘密も大公開!進化の軌・・

⇒主要キャラクターの強さを徹底比較!最強は誰?ラスボスは魔王・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA