スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】修理屋リヒターの過去が明らかに!隠された魔法の才能とは?

スポンサーリンク

優秀な魔法使いの証である「一級魔法使い」の昇級試験を受験する為に現れたのが「二級魔法使い」のリヒターです。

デンケンやユーベル、ヴィアベルなど個性派が多い中でも、しっかり存在感を見せているリヒターを詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】リヒターのプロフィール

リヒターは魔法都市オイサーストで、「魔法道具の修理屋」を営んでいる青年です。

オイサーストで生まれ育っており、詳しい年齢は不明ですが、街の人達からは「腕の良い修理屋」と慕われています。

自身も「二級魔法使い」で、魔法使いとしての高みを目指す為に「一級魔法使い」昇級試験を受験しています。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】リヒターの特徴

リヒターは何処か落ち着いたような雰囲気を持っている顎鬚が特徴の青年です。

腕の良い修理屋として評判ですが、「年寄連中はいつまでもこっちを子ども扱いしてくる、いいかげんにしてほしい」とよくボヤいているのも特徴的となっています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】リヒターの年齢とは?

オイサーストでも評判の修理屋で「二級魔法使い」のリヒターの詳しい年齢は明かされていません。

ただ、リヒター自身の発言や街の人達の発言から20代後半から30代前半ではないかと推測されます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】リヒターの性格とは?

「二級魔法使い」リヒターですが、皮肉屋で権力者には何かと噛み付くなどニヒルな性格をしています。

ですが、街の人達からは慕われ子供扱いされているように心根は優しい性格の持ち主です。

実際、フェルンが使っていた杖を見た時は「ゴミ」と悪態をついていましたが、途中で「良い杖だ」と撤回しキッチリと謝罪していました。

この発言からも分かるようにリヒターは皮肉屋でプライドも高いですが、人情味のある性格だというのが分かります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】リヒターの強さとは?

魔法道具の修理屋と「二級魔法使い」という顔を持つリヒターは、かなり強い魔法使いです。

使用する魔法は「大地を操る魔法(バルグラント)」という大地を自在に変形させるものです。

「一級魔法使い」の昇級試験でもこの「大地を操る魔法(バルグラント)」を使用し、他の受験者を子ども扱いしていました。

ただ、魔力の消費が激しいのが欠点といえ、その隙をつかれてフリーレンには煮え湯を飲まされています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】リヒターの初登場はいつ?

「二級魔法使い」リヒターは「葬送のフリーレン」原作第40話「鳥を捕まえる魔法」で、デンケン達13パーティーの1人として初登場しています。

余談ですが、この時、パーティーになったデンケンには「老いぼれ」などと最初は悪態をついていました。

ですが、「宮廷魔法使い」という権力者ながら不器用で熱いデンケンを徐々に尊敬していき、認めるようになっていきます。

一方、デンケンもリヒターの事を「生意気な若造」といいながらも気にかけており、ラオフェン同様、「孫」のような存在となっています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】リヒターとシャルフの関係性とは?

デンケンに可愛がられているリヒターですが、実は同じく「一級魔法使い」の昇級試験を受験したシャルフと関係があるのではないかと噂されています。

その噂の根拠となるのが2人の名前です。

シャルフはドイツ語で「鋭い」と、リヒターは「裁判官」という意味を持っています。

一見すると関係ないようですが、2人の名前を合わせると「死刑執行人」という意味になります。

真相はまだ不明ですが、2人にどんな関係性があるのか、明かされるのが楽しみにされています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】リヒター再登場の可能性はある?

シャルフとの関係も考察されているリヒターの再登場の可能性はかなり高いと推測されます。

理由はシャルフとの関係性はもちろん、魔法道具の修理屋という職業にあります。

また、デンケンやラオフィンとのやり取りからも、再登場し活躍する場があるのではないかと思われます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】アニメ・リヒター役の声優は誰?

皮肉屋でリアリスト・リヒターをアニメ「葬送のフリーレン」で演じるのは人気声優の花輪英司さんです。

代表作に「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」アイアンマン、「機動戦士ガンダム 水星の魔女」ラジャン・ザヒなどをもっています。

また、海外映画の吹き替えなども多く起用されている声優で、皮肉屋なリヒターにはピッタリな配役となっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

「一級魔法使い」昇級試験でデンケンやラオフィンとパーティーを組んでいたのがリヒターです。

リヒターは魔法道具の修理屋で、街の人達から慕われていますが、魔法使いとしての高みを目指す為に「一級魔法使い」の試験を受験しています。

かなりの皮肉屋で権力者には何かと噛み付くなど大人になりきれない性格ですが、自身が悪いと思えばすぐに謝罪する事が出来るなど決して悪い人間ではありません。

そんな性格を見抜かれているからか、デンケンには目をかけられており孫のように可愛がられています。

一方、リヒターもデンケンには「老いぼれ」と呼んでいますが、内心ではかなり認めており尊敬しています。

そのリヒターですが、実は重要なキャラクターではないかと密かに囁かれています。

それがシャルフとの関係性です。

2人の名前を合わせると「死刑執行人」という意味になるリヒターとシャルフ。

今後の「葬送のフリーレン」作中で明かされるのでしょうか?

楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒デンケンの殴り合いで明かされる!過去とマハトの深い関係性を・・

⇒シャルフの再登場!ヴィアベルとの絆に迫る!?・・

⇒フェルンがますますかわいい!その秘密と年齢に迫る!声優は?・・

⇒一級は特別?これまで登場した一級魔法使いと新たに合格した一・・

⇒ヴィアベルは強面だけど優しい戦士!!年齢はいくつ?魔王残党・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA