スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】七崩賢壊滅?魔王討伐後の七崩賢を徹底調査!生き残ったメンバーとは!?

スポンサーリンク

かつて人類の三分の一を虐殺した「魔王」は、勇者ヒンメルが率いる「勇者パーティー」に討伐されます。

人類にとり脅威を奮っていた「魔王」がいなくなり、平和を取り戻したかのように見えた世界でしたが、実はまだ「魔族」との争いは続いていました。

その「魔族」の中でもヒンメルの死後、活発に動きだし脅威になっているのが、生き残りの魔族「七崩賢」でした。

今回は「七崩賢」とはどういった存在なのか、メンバーそれぞれを詳しくみてみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】七崩賢とは?

「七崩賢」は1000年以上「魔族」の頂点に君臨する「魔王」直属の7人の部下です

「魔王軍」の中では大幹部に位置し、それぞれが「大魔族」と呼ばれており、人類にとっては「魔王」と同様に脅威となる存在です。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】七崩賢の強さとは?

「魔王」直属の配下「七崩賢」は、それぞれが「大魔族」と呼ばれているだけにかなり強い「魔族」です。

その強さ以上に「七崩賢」が厄介なのが、決して人類が扱えない魔法を使うという事です

「魔族」と人類の脳や生体の違いから、絶対に人類で無理な魔法で、「七崩賢」が使う魔法はかなり希少な魔法となっています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】七崩賢のメンバー

「魔王軍」の大幹部である「七崩賢」はその名前の通りに7人からなる組織です。

それぞれが「大魔族」であり、北側諸国の中央を支配していた厄介な実力を持ちます。

ですが、「魔族」である為にただ「七崩賢」と呼ばれているだけで、協調性などは皆無といっていい組織となっています

それでも、イザコザがある訳でもなく、ギスギスした雰囲気がある訳でもない為、非常に複雑な関係になっているといえます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】死亡した七崩賢とは?

「魔王軍」の幹部として猛威を振るう「七崩賢」でしたが、人類最強と謳われた「南の勇者」や旅の途中の勇者ヒンメル達に討たれています

 

「奇跡のグラオザーム」

「七崩賢」最強の「黄金郷のマハト」に、最も相性が悪い相手といわしめるのが「奇跡のグラオザーム」です

使用する魔法などの詳細は一切不明ですが、マハトと肩を並べる実力を持っていると推測できます。

旅の道中だった勇者ヒンメル率いる「勇者パーティー」に倒されたと言われていますが、詳しい事は不明となっています。

 

「不死なるベーゼ」

かつて「勇者パーティー」のヒンメル、ハイター、アイゼン、フリーレンを閉じ込めた「結界魔法」の使い手が「不死なるベーゼ」です。

「結界」に閉じ込められながらも諦めない勇者ヒンメル達により討伐されていますが、どんな戦いだったのかは不明となっています。

 

「女性の容姿をした魔族」

南の勇者との全面対決の時に討たれた「七崩賢」の1人です。

魔法などの詳細は不明となっています。

 

「青年の容姿をした魔族」 

全知のシュラハトの号令により集結した「七崩賢」の1人でしたが、「南の勇者」により討ち取られてしまいます

 

「少女のような容姿をした魔族」

「南の勇者」に討ち取られた「七崩賢」の3人の内の1人です。

 

また、「七崩賢」ではありませんが、「魔王」の側近でNo.2の「全知のシュラハト」も「南の勇者」との全面戦争の際、相打ちにより死亡しています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】生存した七崩賢とは?

「全知のシュラハト」の号令で集結した「七崩賢」でしたが、「南の勇者」の全面戦争で半数が討伐されます。

そんな中、生存した「七崩賢」が以下の2人です。

 

「断頭台のアウラ」

北側諸国のグラナト領を狙っている「断頭台のアウラ」は、「七崩賢」の生き残りの1人です。

約80年前にグラナト領に進行した際は、「勇者ヒンメル」率いる「勇者パーティー」の強さで撤退を余儀なくされていました。

「服従の天秤」という魔力の強い者が服従させるという厄介な魔法の使い手となっています。

 

「黄金郷のマハト」

「七崩賢」最強と呼ばれるのが「黄金郷のマハト」です。

「万物を黄金に変える魔法(ディーアゴルゼ)」という解除も解析も不可能な魔法を使います。

「魔王」同様に人類との共存を本気で考えている「魔族」で、人類にとっては「魔王」に次ぐ脅威となっています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】魔王討伐後の七崩賢はどうなった?

「魔王軍」の大幹部として人類の脅威となっていた「七崩賢」ですが、「魔王」討伐時にはアウラとマハトの2人になっていました

「断頭台のアウラ」は勇者ヒンメルが「魔王」を討伐した後、グラナト領を狙いながらも目立たないよう生きていました。

ですが、勇者ヒンメルの死後、活発に動き出しグラナト領の進行をはじめた矢先、訪れたフリーレンに討たれ死亡しています。

一方、「黄金郷のマハト」も城塞都市ヴァイゼを黄金化し、支配しようとしましたが、「一級魔法使い」の協力によりヴァイゼごと封印されてしまいます。

「大魔族」ソリテールの力を借り、封印を解き「黄金化」の範囲を広げていきます。

ですが、かつての弟子である「一級魔法使い」デンケンとの勝負に敗れ、死亡しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

「魔王」直属の配下で、人類にとり脅威となっていたのが「七崩賢」です。

「七崩賢」は、その名の通り7人からなる組織で、それぞれが「大魔族」というとんでもない実力を持っています

中でも「黄金郷のマハト」は、「万物を黄金に変える魔法(ディーアゴルゼ)」の使い手で「魔王」と同じく人類との共存を目指している厄介な魔族でした。

そんな「七崩賢」ですが、現在「葬送のフリーレン」作中ではほとんどが討伐され壊滅状態になっています。

「南の勇者」が3人、「勇者パーティー」が2人、そして、ヒンメル死後に動き出したアウラはフリーレンに、マハトはデンケンにより討伐されています

ほとんど全滅といっていい状態で、この先の再登場はないかもしれません。

ですが、この先もしかしたら、「七崩賢」の復活もあり得る可能性があります。

理由は「魔王」に復活説があるからです。

この先、「葬送のフリーレン」のてを

「魔王」の復活、「南の勇者」と戦って以来の「七崩賢」の再集結はあるのか、楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒断頭台のアウラ!噛ませ犬ではない真の強さを徹底解明!・・

⇒黄金郷のマハトが強すぎる!七崩賢最強の真実に迫る!最強魔族・・

⇒マハトの最期と人間との壮絶な対決!誰も知らない真実がここに・・

⇒奇跡のグラオザームの能力徹底解明!七崩賢の実力の源は?強さ・・

⇒不死なるベーゼの謎!結界魔法の秘密とは?七崩賢の弱点を徹底・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA