スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】エルフの全一覧!何人知ってる?伝説の種族!寿命と特性一覧!

スポンサーリンク

主人公・フリーレンの種族はエルフです。

その他の種族である人間やドワーフ、魔族と比較してエルフとはどんな生態なのでしょうか?

これまでに登場してきたエルフたちからその特徴についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】エルフとは?

エルフとは「葬送のフリーレン」に登場する種族の1つです。

他に人間、ドワーフ、魔族が種族として存在しています。

それぞれに違う特徴を持ちますが、大きく分けると魔族とそれ以外が対立しているといえるでしょう。

エルフとドワーフは人間側の種族として数えられています。

エルフには独自の言語である古エルフ語も存在しており、長い歴史を感じさせる種族なのです。

そんなエルフには以下の特徴があります。

 

①耳が長い

エルフに共通している特徴は耳が長いことです。それ以外は身長も様々で、大柄なエルフも小柄なエルフも存在しています。

真偽は不明ですが、女神様の描写にも長い耳が見られるため、エルフの可能性があります

 

②見た目の変化がほぼない

エルフは魔族やドワーフ同様、長寿が影響しているのか見た目の変化が著しくありません。

フリーレンやゼーリエなんて、なんなら約1000年間ほぼ見た目が変わりませんw

ヒンメル、ハイターたち人間の老化スピードとは全く違うのです。

子供時代に出会ったフェルンは数年でフリーレンよりお姉さん体型になっていますしね…w

 

③記憶力がいい

エルフは非常に記憶力が良い種族です。

ゼーリエは人類の歴史上のほぼすべての魔法の知識を持っています。

おかげで生ける魔導書とまで呼ばれていますよね!

フリーレンも1000年以上生きてきた記憶を随所に披露していますし、師匠フランメとの会話もきっちり記憶しています。

エルフの記憶力は他種族と比較して群を抜いて優れていると言えるでしょう。

 

④ 魔力操作が得意で魔力量も豊富

エルフは魔力操作が得意で、魔力量も豊富とされています。

フリーレンは七崩賢のアウラを騙すほど上手に魔力制限をかけていましたし、魔力量も上回っていました

ゼーリエなどは…言うまでもありませんよねw

 

⑤感情表現に乏しい

長い人生を生きるためか、エルフはどこか淡白で達観しているタイプが多く、人間の細かい感情を読み取るのは苦手です。

すぐに怒ったり泣いたりするフェルンやシュタルクと比較すると、フリーレンが見せる表情はバリエーションが少なめですよね?

全く読み取れないわけではありませんし、感情表現をしないわけではありませんが、誤解されてしまうことは多々あるようです

エルフも大変なんですね…!

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】エルフの寿命とは?

エルフの寿命について、正確なことはわかっていません。

ただ、フリーレンは確実に1000年以上生きています。

また、ゼーリエは神話の時代、クラフトは遥か昔に活躍したことが示唆されています。

ゼーリエやクラフトの会話から、2人はフリーレンより長寿であることがわかり、さらにまだまだ寿命が尽きることはなさそうです。

そう考えるとエルフの寿命は殺されない限り永遠に近い気がしてしまいますね…!

エルフはその長い寿命を使い、何かを探求することに費やす特性があるようです。

フリーレンは魔法、ゼーリエは強さ、クラフトは信仰。

特にクラフトは長すぎる寿命に苦悩しているようにも見えます。

他種族とエルフに流れる時間は違いますから、価値観の違いも当然現れます。

フリーレンも当初はこの時間感覚のズレで顰蹙を買ってしまうこともありましたね…。

ゼーリエのように野心家なら長寿は最高の特徴ですが、性格によってはいいことばかりとは言えなさそうです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】フリーレンはエルフ?

フリーレンはエルフ族に属します。

自分でも認めていますし、周りからもそのように認知されています。

長い耳を持ち、何年経っても変わらぬ容姿、はるか昔のことを覚えている記憶力、魔力操作に優れ魔力量も豊富、そして感情表現には乏しい…。

フリーレンはエルフの特徴を全て網羅した典型的なエルフ族と言えますね!

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】エルフは希少種?

エルフは非常に希少種です。

「葬送のフリーレン」に登場する種別の個体数を比較すると、人間>魔族>ドワーフ>エルフとなります。

エルフはそもそも全体の個体数が少ない上に、自然増加の能力も乏しいとされているため、今後増える可能性も低いのです。

フリーレンを始め、登場したエルフ全員が恋愛には興味なさそうですからね…。

フリーレン曰く「生殖本能みたいなものが欠落しているから緩やかに絶滅に向かっている」とのこと。

フリーレンやクラフトでさえ、同族に会うのは数100年に一度と言っていますし。

これでは恋に発展する機会もほとんどありません。

フリーレンはかつて魔族に集落を襲われています。

今ではエルフが集まって暮らす場所もないのかもしれません。

この集落が残っていれば、もう少し個体数が増えていたかも知れませんね…。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】エルフの強さとは?

エルフはかつて魔族を圧倒していたとゼーリエが語っています。

魔王が登場した頃から力関係に変化が現れて、敵対するようになっていきました。

知っての通り、魔族は台頭し、エルフの集落を潰して回るようになるわけです。

過去の経緯からして、エルフの持つ潜在的な強さはおそらく魔族以上でしょう。

種族として魔力操作に優れ、魔力量も豊富ですからね!

例外的に戦士(のちに武道僧)として活躍したクラフトもいますが、特性としては魔法使いとして活躍することが多いと思われます。

実際ゼーリエやフリーレンは非力であり、魔力に頼り切りですよね。

多種族と比較して圧倒的に長い寿命のおかげで研鑽を積むことが可能であり、元の優れた能力と相まって、エルフであれば誰でも最強クラスの強さを持つことが可能です。

(淡白な性格的に強さを磨くことに走らないエルフも多そうですが…)

現段階で登場しているキャラクターの中でも、ゼーリエはチート能力を有していますし、単純比較は難しいものの、エルフが最強と言っても過言ではないかもしれません。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】これまで登場したエルフ一覧。男のエルフは?

エルフは個体数が極めて少ないものの、これまで何人か登場しています。

それぞれ紹介していきましょう。

1人目はフリーレン。

本作の主人公であり、勇者ヒンメル一行の一員として魔王を討伐しました。

師匠は大魔法使いフランメで、フリーレン自身は1000年以上生きる魔法使いです。

2人目はクラフト。

現段階で唯一の男性エルフ。

はるか昔に活躍した英雄の1人です。

かつては戦士でしたが今では武道僧として1人で旅を続けています。 

クラフトは自分の存在を忘れ去られることに怯えています。

今のクラフトを支えているのは、死んだときに女神様に褒めてもらうこと。

そのために戦士から武道僧になったとも言えますね。

フリーレンと比較してもコミュニケーション能力は高めなので、子孫繁栄にでも興味を持ってくれればいいお父さんになりそうですw

3人目はミリアルデ。

69話の回想にて登場しました。

フリーレンの記憶の中で、いつもぼーっとしていて何もしない女性でしたw

エルフが何かを探究する特性を持っているのは、自分のようにならないためだと語っていました。

詳細は触れられていませんが、ミリアルデは過去に人生をかけて探したものが何の価値もないゴミだった…という辛い経験談を持っているようです。

おかげで全てを諦めてぼーっとするようになってしまった模様。

ミリアルデの登場はこの回のみ。

フリーレン、ゼーリエと比較してもスタイル抜群で美しいエルフだけにもったいないキャラクターです…。

4人目はゼーリエ。

人類の魔法使いの頂点に君臨する大陸魔法協会の創始者であり、大魔法使いフランメの師匠です

おそらく作中で最も強く、最も長寿な存在でしょう。

エルフにしては珍しく戦いを好む性格で、今でも強い魔法使いを欲しています。

かつては魔族を圧倒するほどの勢力を誇っていたエルフですが、これもゼーリエのおかげでしょう。

一時ゼーリエが姿を消している間に形勢は逆転しています。

半世紀以上前に突如として現れるまでの間、ゼーリエが何をしていたのかは今の時点で謎となっています…。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】フリーレンにとって同族(エルフ)の存在とは?

フリーレンにとって、同族であるエルフの存在は当然ながら特別な物でしょう。

ドワーフも長寿仲間ではありますが、エルフに比べれば短い人生です。

(ドワーフの寿命はだいたい300年と言われています)

お互いを理解し合うならエルフが1番です。

クラフトはフリーレンに長寿であるが故の苦悩を明かしています。

人間であるフェルンやシュタルクには言えない言葉だったはずです。

フリーレンは元々エルフの集落で暮らしていたくらいなので、仲間と暮らす日々を楽しんでいたでしょう。

今では数少なくなってしまったエルフですが、同族に会えば嬉しいものです。

クラフトと交わした再会の約束も、フリーレンにとってはささやかな楽しみの一つだと思われます。

ゼーリエとは思想が違うので敵対しているようにも見えますが、お互いに強さを認め信頼している部分もあるのです。

フリーレン自身は「人間をもっと知りたい」と思って旅立ちました。

それは、まだまだ人間を知らないからですよね?

フリーレンにとってエルフは分かり合える同胞

であり、大切な仲間なのです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】エルフを演じる声優は?

フリーレンの声を担当しているのは種﨑敦美さんで、種﨑さんは『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(2020年版)のダイ役や『SPY×FAMILY』のアーニャ・フォージャー役などを演じていることで知られています。

種﨑敦美さんはフリーレンの深い感情を表現するため、特にフリーレンの瞳や口元に注目して演技をしているとのことです​。

クラフトの声優は子安武人さんです。子安さんは『呪術廻戦』の伏黒甚爾役や『銀魂』の高杉晋助役などで知られている人気声優です。

ゼーリエの声優は伊瀬茉莉也さんです。伊瀬さんは『進撃の巨人』のユミル役、さらに『魔法少女まどか☆マギカ』の佐倉杏子役などを含めた多数の有名作品で活躍している人気声優です。

ミリアルデの声優は公式から発表されていませんが、ファンの間ではさまざまな声優が予想されています。誰が演じるのか発表が楽しみですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

エルフとは「葬送のフリーレン」に登場する種族の1つです。

種族には他に人間、ドワーフ、魔族が存在しています。

エルフは長い耳、何年経っても変わらぬ容姿、はるか昔のことを覚えている記憶力、魔力操作に優れ魔力量も豊富、そして感情表現には乏しいなどの特徴があります。

さらに殺されない限りは死なないと言ってしまえるほど長い寿命を誇ります。

ただし、生殖本能が欠落しているために、緩やかに絶滅に向かっていると言われるほど個体数が少ない希少種となっています。

かつては魔族を圧倒する力を持っていましたが、魔王が台頭した頃から敵対関係になり、フリーレンが暮らしていたエルフの集落も襲撃を受けて潰されています…。

エルフの代表格としてゼーリエとクラフトが登場していますが、2人とも圧倒的な力を誇っています。

フリーレンもそうですが、エルフは能力が高めなのです。

その能力と長い寿命を何に使うかは各エルフ次第。

強さを追い求めるも良し、褒めてもらうために良い行いを続けるも良し、趣味に没頭するも良し。

儚い人間からすれば羨ましい限りのエルフ族ですが、エルフにはエルフなりの苦悩もあるようです。

フリーレンは人間をもっと知りたいと願いました。

この冒険の中でその願いが叶うといいですよね!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒エルフ寿命の謎!フリーレンは何歳まで生きる?・・

⇒フリーレンの年齢謎解き!不朽の強さと師匠フランメの影響とそ・・

⇒クラフトの正体明らかに!英雄から武道僧への変遷とは?エルフ・・

⇒ゼーリエの性別や声優が知りたい!史上最強の大魔法使いゼーリ・・

⇒指輪物語の結末は?ヒンメルとフリーレンの未完の物語!・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA