スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ヒンメル死亡の背後に何が?フリーレンが明かす真実!

スポンサーリンク

「葬送」とは死者を見送る行為です。

人間には必ず死が訪れます。

どんな著名な人物であっても例外はありません。

人の死は周囲の関係者に多かれ少なかれ影響を与えます。

それでは英雄と謳われたヒンメルの死は、フリーレンにどのような影響を与えたのでしょうか?

ここからは、ヒンメルの死亡に関する様々な項目を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】ヒンメル最期の冒険とは?

王都に凱旋した夜に半世紀流星を見たヒンメルたち。

フリーレンはさらに綺麗に見える場所を知っていると、50年後の案内を約束します。

50年後のヒンメルはすっかり老いぼれていました。

頭髪の代わりに貫禄ある髭を生やしていますが、背は縮み杖をつきながら歩いています。

再会したヒンメル、ハイター、アイゼン、そしてフリーレン。

流星群の景観スポットに向かうため、かつての勇者一行は一週間の旅に出ます。

全員が揃うことを待ち望んでいたヒンメル。

人生の最後に楽しい冒険ができたと、満足そうに半世紀流星を眺めながらフリーレンに感謝するのでした

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】ヒンメルの死亡理由

ヒンメルの死因について明言はありませんでしたが、おそらくは老衰でしょう。

フリーレンがヒンメルの葬儀に出席していたので、4人で流星群を観た後にほどなくして亡くなったと推測されます。

勇者の剣と共に棺に眠るヒンメル。

しかしながら、その表情は穏やかでした。

最後の冒険も無事終了したことで、やり残したことは無かったはずです。

魔王討伐後から50年後なので、享年75~76歳かと思われます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ヒンメルの復活説は?

晩年のハイターはフリーレンに魔導書の解読を依頼しました。

4年にわたる解析の結果、“死者の蘇生”や“不死の魔法”の記述はありませんでした。

そのため、現時点でヒンメル復活はなさそうです。

アニメでは埋葬されるシーンがオリジナルで追加されていました。

もし蘇るならばゾンビのようになってしまいます。

最近の流行ならば、他のキャラへの転生物語的な感じで復活?

そのほか、フリーレンが旅先のキャラにヒンメルの面影を重ねるエピソードぐらいはあるかもしれません。

もっとも、回想シーンが頻繁に描かれる作品なので、あまりヒンメルが死んだという印象は薄いのですがね。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ヒンメルの生存説は?

七賢崩のアウラはヒンメルが存命の間は隠れていました。

現役時代のヒンメルが相当の強者だったからです。

ヒンメルが生きていれば、魔族への抑止力に有効だったはずでしょう。

しかしヒンメルは第1話で他界しました。

葬儀にはフリーレンをはじめ。ハイターやアイゼンも参列しています。

残念ながら生存説は100%ないでしょう。

一方、ヒンメルは今も世界の各地で生きているともいえます。

ヒンメルの銅像と語り継がれる勇者伝説がそれに該当します。

魔王討伐後も世界を巡回していたヒンメル。

その目的はその地を再訪するであろうフリーレンを思っての行動ですが、アフターフォローも万全なヒンメルを悪く思う人々は皆無なはず。

特に魔王城がある北部での人気は絶大なものでした。

銅像が本人よりマッチョだったり、1000mの大蛇を倒したとか誇張された部分もありますが、ヒンメルの生き様は人々に伝承されていきます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ヒンメルの死亡がフリーレンを変えた?

エルフにとって、時間の捉え方は人間とは異なります。

10年にわたる冒険は人間にとって長い時間ですが、エルフには一瞬の出来事です。

ヒンメルの亡骸を目にしてフリーレンは涙を流します。

人間の寿命は短いと知りながら、ヒンメルのことを知ろうとしなかったからです。

フリーレンが大魔法使いフランメに弟子入りした際は、魔族を根絶やしにするため魔法の修行するためでした。

フランメ亡き後の描写を見る限り、フリーレンは魔力の放出を抑えるなどの研鑽を積んできていたようです。

また、ヒンメルたちがパーティーに誘う前の様子から修業は森の中で行っていました。

これでは人間に興味を持てという方が無理だったかもしれません。

しかし今度は違います。

ヒンメルの死で後悔したフリーレンは、「人間を知る」ことを目的に旅立ちます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ヒンメルとフリーレンは再会できる?

フェルンを弟子にして新たな旅に出るフリーレン。

魔法収集を目的としながらも、ヒンメルたちと過ごした冒険の足跡を辿るつもりです。

その後、魔王城のある大陸北部エデンを目指すことになりました。

 “魂の眠る地<オレオール>”を探すためです。

大魔法使いフランメの手記には、オレオールで死者と対話をした記録がありました。

ヒンメルのことを何も知らなかったと後悔したフリーレン。

ハイターとアイゼンは、フリーレンとヒンメルが可哀想だと思いました。

だからこそ、2人が話をする機会がないかと画策をしたのです。

まさに人間が“天国”とも言うべきオレオール。

フリーレンも天国はあると信じてみることになりました。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ヒンメルとフリーレンの関係性とは?

ヒンメルはフリーレンに好意を寄せていました。

フリーレンの投げキッスにはバタンキュー(笑)

スカートめくりをしたガキには「僕も見たかった」とマジキレ。

鏡蓮華をデザインした指輪をフリーレンの指にはめたりと、完全にプロポーズです。

回想シーンでもヒンメルがフリーレンに話しかける描写が多いです。

一方、フリーレンはどうだったのでしょうか?

フリーレンにとって、ヒンメルは大事なパーティー仲間でした。

おそらくハイターやアイゼンよりも親密度は上でしょう。

グラオザームの<アンシレーシエラ>で、結婚式の幻影を見るヒンメルとフリーレン。

2人が同じ夢を見たということは、フリーレンもその気が合ったとも受け取れます。

ただし、エルフは恋愛感情が欠落しているような気がします。

悠久の時を生きるため、興味がない(なくなった)という表現が適切かもしれません。

千年以上生きる種族にとって、子孫を残すという生殖本能があるかも疑問です。

ヒンメルは困っている人を助けずにはいられない勇者でした。

他人の気持ちが分かるキャラだからこそ、フリーレンが自分に対して恋愛感情を持っていないことを薄々感じていたかもしれません。

それでもフリーレンへの思いを断ち切れなかったのでしょうか。

冒険後に誰かと結婚したという話はありませんでした。

魔王を倒した勇者ならば良い縁談はいくらでもあったことでしょう。

ヒンメルが一途過ぎます。

 

スポンサーリンク

まとめ

葬儀には多くの人々が教会に訪れ多くの人々に慕われてきたヒンメル。

元々ポジティブな性格の持ち主ですが、自分の気持ちより相手を優先する傾向がありました。

本当にオレオールが存在するならば、ヒンメルの魂が本音でフリーレンとどのような会話をするのか楽しみです。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒ヒンメル生まれ変わりの可能性を徹底解剖!死亡から復活への疑・・

⇒ヒンメルの年齢を解明!若き日の伝説は何歳から?・・

⇒イケメンすぎるヒンメルのすべて!かっこいいだけじゃない彼の・・

⇒ヒンメル伝説!勇者の強さと心打つ名言の軌跡を徹底解剖!・・

⇒死亡キャラ一覧!今後死亡する可能性の高いキャラクターも併せ・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA