スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】フェルンとシュタルクの恋愛進展!結婚の可能性は?関係性を徹底調査!

スポンサーリンク

感情が乏しい「エルフ族」の魔法使いフリーレンが、「人間を知る」為の旅を描いた冒険ファンタジー作品が「葬送のフリーレン」です。

人類と生き残りの魔族との戦いが描かれる中、ちょっとした「恋愛要素」も含まれています。

今回はその含まれている「恋愛要素」の1つであるシュタルクとフェルンの関係について詳しく見てみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】シュタルクとフェルンの出会い

「魂の眠る地(オレオール)」を目指すようアイゼンに言われたフリーレンとフェルンは、中央諸国リーゲル峡谷にいました。

リーゲル峡谷を抜けようとしたフリーレンとフェルンでしたが、紅鏡竜が邪魔していました。

何度も攻撃するフリーレンとフェルンですが、全く魔法が効かずに苦戦します。

そんな時、思い出したのがリーゲル峡谷にいるというアイゼンの一番弟子の存在でした。

実はアイゼンに前衛として旅に連れて行って欲しいとフリーレンは頼まれていました。

そして、近くの村で聞き込みをしたフリーレン達が案内されて出会ったのが、紅鏡竜から村を守っている英雄シュタルクでした。

因みにこの時、実は紅鏡竜にビビって助けてくれと言うシュタルクに、フェルンは「こいつは駄目です」といきなり辛辣な言葉をぶつけていました。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】シュタルクとフェルンの関係性とは?

紅鏡竜を倒して以降、シュタルクはフリーレン一行と共に旅をする事になります。

紅鏡竜を倒す前、自信のないシュタルクは崖を相手に修行を積んでいました。

ですが、真っ向から立ち向かうには勇気が足りないと自覚し、いつでも逃げれると自負していました。

そんなシュタルクに勇気を与えたのが、フェルンでした。

フェルンは自分の体験を伝え、必要なのは「覚悟」だとシュタルクの手を握りながら伝えます。

そのフェルンに勇気を貰ったシュタルクは逃げ出す事なく紅鏡竜を倒してしまいます。

実はシュタルクには自分自身が全く気がついていない「戦士」としての潜在能力を秘めていたのです。

このシュタルクを見て、1番びっくりしたのはフェルンでした。

この出来事以降、フェルンはヘタレではない時のシュタルクには何処か尊敬しているような穏やかな笑みを見せるようになります。 

そして、2人は誕生日プレゼントを送り合ったり、デートしたりする間柄になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】シュタルクはフェルンに対して恋愛感情がある?

誕生日プレゼントを用意していなかった事に腹を立てむくれるフェルンに、シュタルクは理由が分からないまま怒っていました。

ですが、そのフェルンと仲直りした後、シュタルクがフェルンに選んでプレゼントしたのはブレスレットでした。

このブレスレットのデザインは「鏡蓮華」が遇らえているものですが、花言葉は「久遠の愛」でした。

ザインから教えて貰い、狼狽えるシュタルク。

それでもシュタルクはフェルンには少なからず異性として意識している様子があります。

理由はザインの言う年頃の男の子だからです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】フェルンはシュタルクに対して恋愛感情がある?

一方、フェルンはおそらくシュタルクに対して、恋愛感情に似たような感情を抱いているのが分かります

それはフリーレンの時と同じくシュタルクにもヤキモチを妬いているからです。

また、ブレスレットの意味をザインから聞いた後も大事につけている事からフェルンはシュタルクに対して好意的だというのが分かります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】シュタルクとフェルンは結ばれる?

現在進行形で一緒に旅をしているシュタルクとフェルンですが、このまま行くと結ばれる可能性が高いのではと予想できます。

それがいつになるかは分かりませんが、ザインの言う通り「付き合っちゃえよ」という展開になるのではないかと思われます

また、もうひとつシュタルクはビビりでヘタレながらも各地で人助けをする優しい性格をしています。

フェルンは家族もハイターも亡くしており、きっとシュタルクの優しい性格に惹かれるのではないかと思われるからです。

どちらにせよ、シュタルクとフェルンの今後は要必見といえます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】シュタルクとフェルンの胸キュンシーン

フェルンとシュタルクの胸キュンシーンで直ぐに思い浮かぶのが、2人が正装してダンスを踊るシーンです。

この時、オルデン卿の息子のフリをして社交会に出る事になったシュタルクですが、相方に選ばれたのがフェルンでした。

そして、社交会で正装したシュタルクはフェルンの前でひざをつき、「せっかく練習したんだしさ、踊ろうぜ」と誘って、踊り始めます

このシーンは普段ビビりのシュタルクがクールにフェルンを誘った事が「ギャップ萌え」となり、エスコートされるフェルンの姿と相まって「ニヤニヤ」が止まらない胸キュンシーンになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

「葬送のフリーレン」主要キャラクターの2人であるフェルンとシュタルクには「付き合っちゃえよ」みたいな恋愛要素が生まれています。

そして、2人とも同じような年代でもある事からまんざらでもない感じです。

実際、フェルンは普段シュタルクに冷たい態度を取りながらも、尊敬したりヤキモチ妬いている姿を見せています。

一方、シュタルクもどうしていいか分からない年頃の男の子ながら、「鏡蓮華」のブレスレットをプレゼントするなどしていました。

今後の展開でどうなるかは分かりませんが、2人の関係性を見ると非常に良い方向に向かっていると思います。

フリーレンも喜びそうなシュタルクとフェルンの恋愛。

一体どんな風になるのか、楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒フェルンがますますかわいい!その秘密と年齢に迫る!声優は?・・

⇒シュタルク!年齢は?でも驚異の強さ!その理由を探る!意外な・・

⇒シュタルク生死不明の謎!死亡説の真相を徹底調査!・・

⇒恋愛要素が明らかに!運命のカップルを大胆予想!・・

⇒内容と見どころと面白いポイント!エルフの永遠なる旅が紐解く・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA