スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】黄金郷編が面白い!マハトの秘密とデンケンの戦いを徹底解説!

スポンサーリンク

「葬送のフリーレン」作中で、1番の長編となったのが「七崩賢」最強と言われるマハトが登場する「黄金郷」編です。

「一級魔法使い」となったデンケンやフリーレンが共闘する、作中でも面白いと評価の高い「黄金郷」編を詳しく見てみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】黄金郷編は何巻?

「葬送のフリーレン」作中でも1番の長編になった「黄金郷編」は、原作単行本9巻第81話「黄金郷」から11巻104話「墓参り」で描かれています。

長編ですがファンの間でも人気の高いエピソードとなっており、アニメ化も期待されています。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】黄金郷編のあらすじ

50年以上前、「七崩賢」最強の「黄金郷のマハト」は城塞都市ヴァイゼを「黄金化」し、その中に封印されていました。

マハトは人間の「悪意」を知ろうと研究していましたが、ヴァイゼの領主グリュックとの出会いを通じて「友情」を知る事になります。

この時、本気で人間との共存を望んでいたマハトですが「悪意」を知る欲求に勝てずグリュックを含めヴァイゼの民を丸ごと「黄金化」してしまったのです。

その「黄金郷」となったヴァイゼの新しい管理者となったのが「一級魔法使い」になったデンケンでした。

その城塞都市ヴァイゼはデンケンにとって妻の眠る大事な故郷です。

何も出来ないと諦めていたデンケンでしたが、「黄金郷」となった故郷を見て、ある決意を固めマハトに立ち向かう事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトとは?

城塞都市ヴァイゼを丸ごと「黄金化」したマハトは「黄金郷のマハト」の異名を持つ大魔族です。

「魔王」直属の配下「七崩賢」でも最強と呼ばれ、600年前にはフリーレンを子ども扱いした実力者です。

「万物を黄金化させる魔法」は、もはや呪いに近い能力で、「葬送のフリーレン」作中でも最強の「魔族」として描かれています。

一方、争いは好まず、人類との共存を本気で望んでいる異質な「魔族」です

ですが、「悪意」や「罪悪感」を知りたいが為に、「友情」を育んでいたグリュックを黄金化するなど、「魔族」らしい一面も持っています。

マハトは「人類との共存は不可能」を自ら体現していますが、一時的にヴァイゼの民に慕われるなど人類と初めて共存した「魔族」になっています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】黄金郷編ではデンケンが活躍?

長編となる「黄金郷編」ですが、「一級魔法使い」の昇級試験の時以上にデンケンは大活躍します。

「足掻く」と言っていた通り、デンケンはあのマハト相手にも喰らいついていくなど、最高にカッコいい生き様を見せてくれています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】デンケンの目的とは?

「黄金郷」を見たデンケンが感じたのが、妻レクテューレとの思い出は決して色褪せていないという事でした。

そして、決して勝てないと諦めていたマハトに、デンケンは立ち向かう事を決意します。

その1番の理由が妻レクテューレの「墓参り」でした

この「墓参り」を都市ヴァイゼとして達成する為に、マハトの攻略を試みる事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】デンケンとマハトの関係性とは?

デンケンの妻レクテューレの父親はヴァイゼの領主グリュックです。

その後、デンケンは養子として迎えられた「貴族」として権力闘争に勝ち抜き「宮廷魔法使い」の地位を確立します。

そのデンケンに魔法を教えたのが、マハトでした

この事から魔族と人類ながら、マハトとデンケンは「師弟関係」にあるという事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】マハト戦の勝算とは?

「黄金郷」に入りマハトと対峙したデンケンでしたが、「全く勝てる気がしない」と言います。

それは同行していたフリーレンも感じており、「いつ黄金化されてもおかしくなかった」というほどでした。

ですが、デンケンは「勝算は少ない」と言いながらも一縷の望みがありました

それがエーデルが取り込んだマハトの100年分の記憶です。

そして、その記憶の解析が間に合わないというデンケンは、フリーレンに頼んで記憶を共有し、解析を依頼する事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】デンケンVSマハト

フリーレンに協力してもらいマハトを解析するデンケンでしたが、いざ戦いが始まると圧倒的な力の差を見せつけられます。

それでもデンケンは、嫌らしいくらいの粘りと泥臭さを見せマハトの隙を伺います。

そんなデンケンでしたが、マハトの巨大な魔力の前になす術がなくなり、遂に「黄金化」されてしまいました

ですが、ここでソリテールと戦っていたフリーレンにより「黄金化」が解除されます

何とフリーレンは解除を終了させていたのです。 

こうして、「黄金化」から解除されたデンケンはフリーレンに気を取られたマハトを見逃さず、渾身の「魔族を殺す魔法ゾルトラーク」を命中させます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】マハトは死亡した? 

圧倒的な力を見せつけながら、フリーレンに気を取られたマハトはデンケンの「魔族を殺す魔法」をまともに喰らってしまいます。

この一撃で力尽きたデンケンはその場に倒れてしまいますが、マハトはかろうじて生きていました。

マハトはフリーレンが来ると感じ、体勢を立て直そうと、その場を離れます。

そして、向かった先がかつての主であるヴァイゼの領主グリュックの元でした。

グリュックの「黄金化」を解除するマハト。

この時、もう助からないと悟っていたマハトはグリュックとタバコを吸い語らう事になります。

そして、「結局、何も分からなかった」というマハトの肩に手を置き側を離れた時、目を覚まし追ってきたデンケンがトドメを刺します。

「悪友よ、本当に楽しかった」とグリュックは呟き、消滅していくマハトを見送ります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】黄金郷編の結末

「黄金郷のマハト」を倒したデンケンは、戦いのダメージから3日間眠り続けた後、ヴァイゼの教会で目を覚まします。

すっかりと都市は平穏を取り戻しており、義父であるグリュックから感謝を述べられます。

グリュックはこの後、「魔族であるマハト」と組んだ悪行が晒され裁かれる立場です。

それでもフリーレン達に都市を救った事だけでなく、マハトを戻してくれた事にも感謝を述べました。

そして、グリュックの本心を聞いたフリーレン達は旅に戻ると言います。

その頃、デンケンは平和に戻ったヴァイゼで、妻レクテューレの墓参りをしていました。

レクテューレに「ワシは最後まで、醜く足掻いたぞ」と報告するデンケン。

優しい顔をしながら、若かった頃を思い出していました。

 

スポンサーリンク

まとめ

人間との共存を本気で望んだ「黄金郷のマハト」と固い決意を掲げたデンケンとの戦いを描いたのが、「黄金郷編」です。

この「黄金郷編」は「葬送のフリーレン」作中でも人気の高いエピソードで、「一級魔法使い」になったデンケンが、泥臭く足掻く活躍が描かれている胸を熱くさせる内容となっています。

大魔族マハト、城塞都市ヴァイゼ領主のグリュック、そしてデンケンにフリーレンとそれぞれが違う種族が背負った思惑が重なりあった「黄金郷編」

何度も読み返したくなる面白さなので、まだ読んでない人にもオススメしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒デンケンの殴り合いで明かされる!過去とマハトの深い関係性を・・

⇒黄金郷のマハトが強すぎる!七崩賢最強の真実に迫る!最強魔族・・

⇒マハトの最期と人間との壮絶な対決!誰も知らない真実がここに・・

⇒フリーレンの年齢謎解き!不朽の強さと師匠フランメの影響とそ・・

⇒ソリテールの強さを徹底解剖!かわいい顔の裏に隠された最悪な・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA