スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】マハトの最期と人間との壮絶な対決!誰も知らない真実がここに!

スポンサーリンク

人類の人口三分の一を虐殺した「魔王」には「魔王軍」という強力な配下がいます。

その「魔王軍」は世界各地で、人類と支配戦争を繰り返していました。

「魔王」討伐後、散り散りになった「魔王軍」は、ヒンメルの脅威もあり息を潜めて活動をしていました。

ですが、ヒンメルの死後、活発に動き出す事になります

その1人が「魔王」の配下である「七崩賢」のマハトです

今回は「魔王」の配下「七崩賢」でも最強と言われるマハトを詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトとは?

マハトは「黄金郷のマハト」と異名を持つ魔王」直属の配下「七崩賢」で最強といわれる大魔族です。

「魔王」の配下として少なくとも600年以上生きている「魔族」で、かつて「エルフ族」のフリーレンとも交戦していた過去があります。

「魔王」同様に「人間」に興味を抱いている「魔族」で、城塞都市ヴァイゼの当主に仕えていた過去を持っています。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】マハトの能力・強さとは?

マハトは「黄金」という異名がつく通り「万物を黄金に変える魔法(ディーアゴルゼ)」を使います

能力は「対象を黄金」に変えるもので、魔法というより呪いに近いものです。

この魔法の恐ろしいところは、マハトの意志により「全て」を黄金に変えることができ、一切の解除や防御をする事ができないところです。

マハトのこの「対象を黄金」に変える事で、絶対に破壊される事なく、熱や力などによる加工も不可能な黄金を作ります。

そして、この「黄金」を集めた大質量攻撃で相手を攻撃します。

その威力はデンケンの防御魔法を一瞬で破壊するほどでした

唯一対抗できるのは大魔族使いゼーリエの「呪い返しの魔法」のみとなっており、「七崩賢」で最強と言われる所以になっています。

また、600年前にはフリーレンとも戦った事がありますが、フリーレンは命からがら逃げ出したと言われています。

この事実をマハトは全く覚えていないという事からも、その強さが計り知れないものだというのが分かります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】マハトの目的とは?

「七崩賢」で最強と言われるマハトの目的は「悪意や罪悪感」とは何かを知る事、そして、人類との共存です

キッカケは「魔族」の残党として人間と戦っていく際に出会った神父の言葉でした。

「悪意や罪悪感が分からないことが可哀想だ」

この言葉を聞いたマハトは人間に興味を抱くようになり、「悪意」や「感情」について研究していく事になります。

そんな中、マハトが偶然にも出会ったのが城塞都市ヴァイゼの領主グリュックでした。

そして、この出会いが悲劇を呼ぶ事になります。

一時期はヴァイゼの領民から慕われる「人類と初めて共生した魔族」になったマハトは、領主グリュックとも友情関係を築いていきます。

ですが、その友情関係から「悪意」を知れると感じたマハトはヴァイゼの都市を「黄金郷」に変えるという暴挙に出たのです。

この事からも分かるようにマハトは本気で人類との共存を望み、人類の感情「悪意」を知りたかったのです。

目的の為なら良いという一部の感情が欠落しているマハトは「絶対に人類との共生は無理」だというのを表している存在となります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】デンケンとマハトの関係性とは?

「魔族」ながらも一時期ではありながら人類と共生する事に成功したマハトが、ヴァイゼの領主グリュックから預けられたのがデンケンでした。

デンケンは「宮廷魔法使い」という権力闘争を勝ち抜いた魔法使いで、妻だったのはヴァイゼの領主の娘レクテューレでした。

現在は「一級魔族使い」に認定されているデンケンですが、その魔法を教え「師」となっているのが「黄金郷のマハト」でした。

2人は人類と魔族ながらも「師弟」になる関係となります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】マハト戦の勝算とは?

「レクテューレの墓参り」を目的としていたデンケンは、遂にマハトと戦う事になります。

ですが、「黄金郷」になったヴァイゼでマハトと対話したデンケンとフリーレンは口を揃えて「勝算は少ない」と言います。 

それでも微かな「勝算」を求めてデンケンとフリーレンはエーデルの読み取った100年分の記憶を共有し、解析する事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】デンケンVSマハト

デンケンは妻が眠る黄金郷となった城塞都市ヴァイゼで遂に師であるマハトと戦う事になります。

「宮廷魔法使い」として経験を積み現在「一級魔法使い」となったデンケンですが、「七崩賢」で最強といわれたマハトに圧倒的な強さを見せられてしまいますが、デンケンは持ち前の諦めない気持ちで立ち向かっていました。

それでも、デンケンとマハトの実力差はかなりあり、力及ばずのデンケンは遂に「黄金化」されてしまいます

ですが、そこで解析していたフリーレンが間に合うとデンケンの「黄金化」を解除する事に成功しました。

こうして再度、一対一の戦いになったマハトとデンケンでしたが、違う場所で戦うフリーレンに気を取られ隙を作ってしまいます。

そして、その隙を見逃さなかったデンケンは「魔族殺しの魔法ゾルトラーク」を直撃させました。

これまでの戦いで大きく負傷していたデンケンは、マハトより先に倒れてしまいます。

それでもマハトも大きなダメージを負ってしまい、とても戦える状態ではなくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】マハトの最後とは?

デンケンの攻撃により、ダメージを負ったマハトは自身が助からない事を悟っていました。

そして、その場を離れたマハトはヴァイゼの領主グリュックの「黄金化」を解除します。

「楽しかった」とグリュックに本心を打ち明けるマハトに、「もう助からないんだな」と返すグリュック。

2人はタバコをふかしながら主従関係だった頃の事を語り合います。

そして、グリュックがマハトの肩に手を置き側を離れた時、追ってきたデンケンにトドメを刺されました。

グリュックは消滅していくマハトを見ながら、「悪友よ、本当に楽しかった」と呟き弔います。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】マハトの最後は何話?

「七崩賢」最強と言われるマハトが、デンケンにより討ち取られたのは現在、第103話「報いの時」です

単行本では11巻に掲載されています。

 

スポンサーリンク

まとめ

人類の持つ「感情」や「悪意」を知り、本気で共存を願っていたのが、「魔王」配下「七崩賢」で最強と言われるマハトです。

マハトは人類を知ろうと疑問を持ってから、城塞都市ヴァイゼの領主グリュックの配下となり一時期は人類に慕われ共存する事に成功した唯一の「魔族」です。

ですが、グリュックと友になったからこそ、知り得ると思ったのが「悪意」や「罪悪感」でした。

こうしてマハトはヴァイゼを丸ごと「黄金化」するという凶行を行ったのです。

「人類との共存は無理」を自ら体現したマハトでしたが、その前に立ちはだかったのが「一級魔法使い」デンケンとフリーレンでした。

そして、激しい攻防の末、隙を突かれたデンケンによる「魔族を殺す魔法」で致命傷を負ってしまいます。

最後はかつて仕えたグリュックの「黄金化」を解除し、2人は語り合います。

「楽しかった」と言うマハトに、「悪友よ」とグリュックは最高の言葉で弔います。

こうして消滅したマハトですが、「悪意」や「罪悪感」は結局、分からなかったようです。

今後、マハトのような人類を知ろうとする「魔族」が登場してくるのか、楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒黄金郷のマハトが強すぎる!七崩賢最強の真実に迫る!最強魔族・・

⇒デンケンの殴り合いで明かされる!過去とマハトの深い関係性を・・

⇒黄金郷編が面白い!マハトの秘密とデンケンの戦いを徹底解説!・・

⇒ヒンメル死亡の背後に何が?フリーレンが明かす真実!・・

⇒未だ謎多き魔王の正体について考察!魔王の強さやその最期とは・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA