スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】魔王の右腕!全知のシュラハトの謎に迫る!シュラハトの強さの源泉と死の真相!?

スポンサーリンク

人類との共存を望み、理解しようと人類の三分の一を虐殺した「魔王」が人類との戦争の為、率いていたのが「魔法軍」です。

「魔王」直属の配下としてかなり強い「魔族」が所属していますが、その「魔王軍」のトップ、そして、「魔王」の右腕と言えるのが側近「全知のシュラハト」です。

今回は「全知のシュラハト」とは、一体どんな人物だったのか、詳しく見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】シュラハトのプロフィール

「全知のシュラハト」はかつて「魔王」の腹心として、人類を恐怖に陥れた大魔族です。

「魔王軍」としてはNo.2のような立場で、あの「七崩賢」すべてを率いるなど厄介な統率力を持っていました。

「葬送のフリーレン」作中では過去の人物として描かれており、一切の詳細が不明な謎の人物となっています。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】シュラハトの特徴

「全知のシュラハト」は黒い目に口元のマスク、頭にフードを被っているのが特徴的な人物です。

黒色のマントを着用しているのも特徴で、悪魔の二本の角を持つ見た目とは裏腹に冷静で冷酷そうな態度も不気味な存在を醸し出しています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】シュラハトの異名とは?

「魔王軍」の大幹部で「魔王」の腹心シュラハトは、「全知のシュラハト」という異名を持っています

この異名はシュラハトが持つ能力からつけられたもので、「全知」というだけに多くの事を知っている人物となります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】シュラハトの性格とは?

「魔王」の腹心として仕えた「全知のシュラハト」ですが、冷静沈着でクールな性格で感情を余り出す事はありません。

一方、「魔王」へは自身の意見とは違っても命令に背く事はなく、高い忠誠心を見せています。

また、ソリテールからは「友達」と呼ばれており、「魔族」の中では慕われている様子があります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】シュラハトの魔法とは?

「魔王」に高い忠誠心を示す「全知のシュラハト」は「未来が見える魔法」を使います。

その名の通り、未来を見ることができる魔法で予知することが可能になっています。

この魔法は「千年後」まで見通せるといわれ、更にマハトの記憶からフリーレンに話しかけるという底知れない魔法となっています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】シュラハトの強さとは?

「未来が見える魔法」を使う「全知のシュラハト」は、「魔王」の腹心だっただけにかなりの強さを誇っているといわれています。

詳細は描かれていませんが、「南の勇者」討伐の同行を拒否したマハトを「見せしめに殺す」と発言していました。

マハトは「黄金郷」の異名を持ち、「七崩賢」最強と言われている魔法使いです。

このマハトの殺害を匂わせているだけに、マハトと同格、もしくは若干上回る強さを持っている事が伺えます

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】シュラハトは死亡した?

「魔王」の腹心としてかなりの実力者だと思われる「全知のシュラハト」ですが、「南の勇者」との対決で「相打ち」により死亡しています。

実は「南の勇者」も「未来が見える魔法」を使います。

その2人が「未来を予知」し、「最善策」として選んだのが「相打ち」でした。

この戦いで「全知のシュラハト」は死亡してしまいますが、一方で「南の勇者」もかなりの実力者だった事が分かるエピソードといえます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】アニメ・シュラハト役の声優は誰?

現時点で葬送のフリーレンにおける「南の勇者」との戦いで死亡した「全知のシュラハト」の声優に関する公式発表はありません。

ファンの間では様々な予測や期待が交錯していますが、正式な発表を待つしかない状況です。

このミステリアスなキャラクターの声をどのような声優が担当するのか、公開されるその日までのわくわく感は、アニメファンにとって特別な楽しみの一つと言えるでしょう。

今後の情報公開に期待が集まります。

 

スポンサーリンク

まとめ

人類と長き渡る戦争を繰り広げている「魔王」率いる「魔王軍」の大幹部が「全知のシュラハト」です

「全知のシュラハト」は「未来が見える魔法」を使い、様々な未来を予見し、その中で「最善策」を選択して戦います。

この魔法で「全知のシュラハト」はかなりの強さを誇る事になり、「魔王軍」ではNo.2という立場となっています。

その強さは「七崩賢」最強の「黄金郷のマハト」と同格か、それ以上だと言われていました

そんな強さを見せていた「全知のシュラハト」でしたが、「南の勇者」との戦いで「相打ち」となり死亡しています

「南の勇者」はヒンメルが登場する前に「魔族」が最も恐れていた敵です。

「南の勇者」も「全知のシュラハト」同様に「未来が見える魔法」を使っていました。

そして、未来を予知する2人が選んだのが「相打ち」というものでした。

シュラハトが見た「未来」は「魔王」にとってヤバい事だったのかも知れません。

この後、死亡してから80年経ちマハトの記憶からフリーレンに話しかけるという不気味さを見せた「全知のシュラハト」。

この先、登場するアニメ「葬送のフリーレン」でどんな活躍を見せてくれるのか。

まだ、決まっていない声優の発表と共に楽しみに待ちたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒伏線⑤シュラハトのセリフ・・

⇒未だ謎多き魔王の正体について考察!魔王の強さやその最期とは・・

⇒黄金郷のマハトが強すぎる!七崩賢最強の真実に迫る!最強魔族・・

⇒断頭台のアウラ!噛ませ犬ではない真の強さを徹底解明!・・

⇒ソリテールの強さを徹底解剖!かわいい顔の裏に隠された最悪な・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA