スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ヒンメルの年齢を解明!若き日の伝説は何歳から?

スポンサーリンク

主人公フリーレンを凌ぐ圧倒的なキャラクターとなっているのが勇者ヒンメルです。

「葬送のフリーレン」作中では既に死亡しているキャラクターながらも回想シーンの登場だけでかなりの人気を獲得しています。

今回は勇者ヒンメルがどういった経過で人生を過ごしたのか詳しく見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】ヒンメルの年齢調査結果①旅立ちの時期

ヒンメルが勇者として旅立ったのは16歳の時でした。

ヒンメルはこの旅立ちの時、王様に10枚の銅貨を受けとっていますが、タメ口を聞いて危うく処刑されそうになっています。

このヒンメルの「年齢」が明らかになったのは死から31年後、フリーレンが「女神の石碑」に手を触れてしまいタイムスリップした時でした。

この時、フリーレンは「ヒンメル、今何歳?」と聞き、ヒンメルは「23だよ」と答えています。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】ヒンメルの年齢調査結果②魔王討伐時期

16歳で「勇者」として旅立ったヒンメルですが、それから10年の時を経て「魔王」を討伐します

そして、「魔王」を討伐した「英雄」として王都に凱旋したのが26歳の時です。

ですが、実際に「魔王」を討伐した際の年齢は分かっていません。

その為、「魔王」を討伐した時の正確な年齢は分かりませんが、初めて年齢が分かった23歳からの3年間で倒しているのは間違いありません。

理由は勇者ヒンメルが各地に銅像を残している事と困ってる人を放っておけない優しい性格だからです。

この事から「魔王」を討伐した後、すぐ王都に帰るとは考えにくいからです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ヒンメルの年齢調査結果③フリーレンとの再会時期

「魔王」を討伐した勇者ヒンメル率いる「勇者パーティー」は「半世紀(エーラ)流星」を見た後、ある約束を交わし解散します。

その時に約束したのが次の「半世紀エーラ流星」の時に再会するというものでした。

そして、ヒンメルがフリーレン達と再会の約束を果たしたのは解散から50年後の76歳の時でした。

ですがヒンメルにとってはこのフリーレンとの再会は2度目になります。

実はヒンメルが幼少期の頃、迷子になったのを救ったのがフリーレンでした。

この時からヒンメルはフリーレンの事が気になっており、勇者として再会した時にパーティーの魔法使いとして勧誘する事になります。

因みにフリーレンを誘ったのは、自身の気持ちだけでなく魔力を抑えていたにも関わらず、今まで出会った魔法使いよりも強いとヒンメルが見抜いたからです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ヒンメルの年齢調査結果④ヒンメル死亡時期

勇者ヒンメルは「魔王」討伐後、50年の時を経てフリーレン達と再会します。

そして、「半世紀(エーラ)流星」を見るという約束を果たした1週間後、76歳で死亡してしまいます。

死因は老衰だったようで、フリーレンと再会した事が満足だったかのように旅立ちます。

このヒンメルの死に立ち合い、涙を流したフリーレンは「何も知らなかった」事を後悔し、「人間を知る」旅に出る事を決意するキッカケになります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ヒンメルのプロフィール・特徴

勇者ヒンメルは泣き黒子が特徴の勇者です。

「魔族」から恐れられているほど強く優秀な勇者で、困っている人を見たら放っておけない優しい性格の持ち主です。

その一方、かなりのお調子者でイケメンの自覚あるナルシストっぷりは周囲をドン引きさせるなどお騒がせな人物でもあります。

ですが、ナルシストっぷりを見せて作らせた「銅像」は意味のある「銅像」でした。

それは人類であるヒンメルが早く死に、1000年以上生きる「エルフ族」のフリーレンが独りぼっちにならないようにという思いでした。

感情に乏しいフリーレンに「人間を知りたい」というキッカケを作ったのが、勇者ヒンメルであり「葬送のフリーレン」にはかなり重要な登場人物となります。

 

スポンサーリンク

まとめ

「魔王」を討伐する為に僧侶ハイターと共にヒンメルが勇者として旅立ったのが、16歳の時でした

そして、約10年の旅を経て「魔王」を討伐した勇者ヒンメルは「英雄」として王都に帰還した時は26歳になっていました。

この後、「半世紀エーラ流星」を見てパーティーを解散する勇者ヒンメルでしたが、次の「半世紀エーラ流星」の時に再会する約束を交わします。

こうして再会する約束を果たす為に集まったのが、50年後「半世紀エーラ流星」でヒンメルは76歳になっていました

イケメンだった面影は無くなり小さな老人となっていたヒンメルは、フリーレンや仲間達に会えた事で安心したのか、再会から1週間後に亡くなってしまいます。

そして、このヒンメルの「死」が「エルフ族」という感情が乏しい種族のフリーレンに「人間が知りたい」というキッカケを与えたのでした。

現在、フリーレンはヒンメルの魂と会話する為に「魂の眠る地(オレオール)」を目指しています

回想でしか若い時のヒンメルは登場していませんが、果たして「魂の眠る地(オレオール)」でヒンメルの魂はフリーレンとどんな会話をするのか、楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒ヒンメルの指輪は実在する鏡蓮華!愛の証としてのアクセサリー・・

⇒ヒンメルの強さは本物か?伝説の勇者の秘密!・・

⇒ヒンメル伝説!勇者の強さと心打つ名言の軌跡を徹底解剖!・・

⇒ヒンメル死亡の背後に何が?フリーレンが明かす真実!・・

⇒フリーレンの年齢謎解き!不朽の強さと師匠フランメの影響とそ・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA