スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】クヴァールはフリーレンよりも強い!実は不死身?声優は誰が演じる?

スポンサーリンク

人類と長きに渡り戦争を繰り広げている「魔王」率いる「魔王軍」の中でも、有数の魔法使いと呼ばれるのがクヴァールです。

フリーレン曰く「格上」と評価するほど、強いクヴァールとはどんな魔法使いなのか?詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】クヴァールのプロフィール

クヴァールはかつて勇者ヒンメル達が討伐した「魔王」の配下で、「魔王軍」の幹部です

詳しい事は不明ですが古くから「魔王軍」を支えており、多くの冒険者や魔法使いを葬った強者として称えられています。

80年前に勇者ヒンメル率いる「勇者パーティー」と交戦した際に「封印」されており、後にフリーレンと戦う事になります。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】クヴァールの特徴

「魔王軍」の中でも有数な実力者であるクヴァールは、かなりの巨体と長く白い髭に鬼のような顔をしているのが特徴です。

また、かなり威圧感があるのも特徴的で、「葬送のフリーレン」作中に登場する「魔族」の中でも圧倒的な存在感を持っています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】クヴァールの異名とは?

「封印」されていたクヴァールですが、「腐敗の賢老」という異名を持っています

どちらかと言えば人間に近い容姿をしている「魔族」の中で、クヴァールは化け物に近い姿をしています。

この為、かなり古くに生まれ、知識などの能力に優れた高齢の「魔族」だと推測され「腐敗の賢老」と呼ばれているのではないかと推測されます。

実際、大魔族ソリテールも「偉大なる腐敗の賢老」と呼んでおり、「魔族」の中での功績や知名度は抜群だったというのが伺えます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】クヴァールの性格とは?

「腐敗の賢老」と異名を持つクヴァールは、「魔族」の中でも、かなり「人情味」があり「忠誠心」の厚い性格をしています。

フリーレンに封印を解かれた際も、「久しい」と口にした後、真っ先に「魔王」の安否を気にかけていました。

また、状況を瞬時に判断し受け入れるなど、かなり冷静な性格も持ち合わせています。

このような性格からクヴァールは、人類にとり猛威になる「魔法」を生み出しており、「魔族」の中でも「天才」に数えられています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】クヴァールの魔法とは?

人類に猛威を奮った「人を殺す魔法(ゾルトラーク)」を編み出したのが、クヴァールです。

「人を殺す魔法(ゾルトラーク)」は人間を殺す威力、魔法耐性の無効化、速度に特化した史上初の貫通魔法です。

クヴァールはこの魔法で多くの冒険者や魔法使いを葬っています。

ですが、ヒンメルにより「封印」された事で「人を殺す魔法(ゾルトラーク)」は研究され「人類魔法」に取り込まれる事になります。

そして、クヴァールが「封印」された80年の間に「防御魔法」も開発され、現在は「一般攻撃魔法」と呼ばれる当たり前の魔法となります。

天才だったクヴァールが編み出した「人を殺す魔法(ゾルトラーク)」は、皮肉にも「人類魔法」に大きく貢献する事になり、「魔族を殺す魔法」にまで発展させる事になります

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】クヴァールの強さとは?

「人を殺す魔法(ゾルトラーク)」を使うクヴァールは数多くの魔法使いを葬っています。

その当時のクヴァールをフリーレンは「格上の魔法使い」と評価し、自身が負けた事のある「魔族」の中の1人だという事も明かしています。

そして、その強さは実際かなりのもので卓越した戦闘力を誇った勇者ヒンメルでさえ手を焼くものでした。

この為、倒しきれない勇者ヒンメルはクヴァールを「封印」という形で抑え込む事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】クヴァールは死亡した?

勇者ヒンメルにより「封印」されたクヴァールでしたが、ヒンメルの死後、封印が緩んで復活の兆しを見せ始めます。

この時に現れたのが、フリーレンとフェルンでした。

クヴァールはその後、フリーレンにより封印が解かれ復活し猛威を奮った「人を殺す魔法(ゾルトラーク)」を繰り出しました。

ですが、研究が進み「一般攻撃魔法」となった魔法ではフリーレンやフェルンには通用しませんでした。

そして、フェルンを攻撃している隙を突かれたクヴァールはフリーレンによる「魔族を殺す魔法(ゾルトラーク)」の一撃で死亡する事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】アニメ・クヴァール役の声優は誰?

「腐敗の賢老」クヴァールをアニメ「葬送のフリーレン」で演じているのはベテラン声優の安元洋貴さんです。

これまで多くの作品に関わっており、低音で重厚な声は「名バイプレーヤー」として重宝されています。

実際、重要なサブキャラクターを演じる事が多く、アニメだけでなくゲームでも起用されている人気声優です。

 

スポンサーリンク

まとめ

「人を殺す魔法(ゾルトラーク)」を編み出した張本人で、現在の「人類魔法」の研究と進化に大きく貢献したのが、「魔王軍」のクヴァールです。

約80年前に猛威を奮っていたクヴァールは、多くの冒険者や魔法使いを葬っています。

その強さはフリーレンを負かし、勇者ヒンメルの戦闘力でも手を焼くほどです。

この時のクヴァールはあまりにも強く、勇者ヒンメルも「封印」という手段を取るしかありませんでした

ですがヒンメルの死後、フリーレンにより「封印」が解かれ復活してきますが、そのフリーレンにより呆気なく倒され死亡します。

何故なら「人を殺す魔法(ゾルトラーク)」は、人類魔法に取り込まれ「一般魔法」となっていたからでした。

皮肉にもクヴァールは「封印」された事で「魔族」に抵抗する為の人類魔法の進化に貢献したのです。

猛威を奮い「封印」されながらも呆気なく死亡してしまったクヴァール

「葬送のフリーレン」作中での再登場はあるのか、期待は薄いながらも楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒未だ謎多き魔王の正体について考察!魔王の強さやその最期とは・・

⇒ソリテールの強さを徹底解剖!かわいい顔の裏に隠された最悪な・・

⇒フリーレンの年齢謎解き!不朽の強さと師匠フランメの影響とそ・・

⇒ヒンメル伝説!勇者の強さと心打つ名言の軌跡を徹底解剖!・・

⇒マハトの最期と人間との壮絶な対決!誰も知らない真実がここに・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA