スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ドワーフが語る長命と力!アイゼン以外のドワーフ一族は?

スポンサーリンク

かつて人類の人口三分の一を虐殺した魔王を倒したのが、勇者ヒンメル率いる「勇者パーティー」でした。

「勇者パーティー」は人類である勇者ヒンメル、僧侶ハイター、エルフ族の魔法使いフリーレン、そして、ドワーフ族の戦士アイゼンの4人です。

「葬葬のフリーレン」では人間以外に魔族、エルフ族、ドワーフ族と3つの他種族が登場しています。

今回はこの中で1番登場が少ないドワーフ族とは一体どんな種族なのか、詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】ドワーフとは?

ドワーフ族は「葬送のフリーレン」作中に登場する種族で「勇者パーティー」の戦士アイゼンがこのドワーフ族の出身です。

「身長が低い」「頑強な体を持つ」「鍛冶を得意とする」「長いヒゲを生やしている」という特徴があり、作中では「ドワーフ」=「鉱山」のイメージを持たれています

また、精神的な特徴としても「意思が強い」種族として描かれており、その精神構造から

エルフ族と同様に人間とも良好な関係を築いています。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】ドワーフの寿命とは?

人間とも上手く共存している「ドワーフ族」ですが、「エルフ族」同様に長命の種族となっています。

1000年以上生きる「エルフ族」ほど長命ではありませんが、「ドワーフ族」の寿命は約300年と言われ、中には400年以上生きている「ドワーフ族」も存在しています

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ドワーフは希少種?

「葬送のフリーレン」に登場する種族「ドワーフ族」ですが、希少な種族なのかは判明していません。

ですが、「葬送のフリーレン」作中ではまだ4人しか登場しておらず、もしかしたら希少な種族なのかも知れません

ただ、人間と比べると圧倒的に人数が少ないとされており、「エルフ族」同様に緩やかな絶滅に向かっている種族であると言われています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ドワーフの強さとは?

約300年の寿命を持つとされている「ドワーフ族」ですが、「頑強な体を持つ」という特徴があります。

「ドワーフ」=「鉱山」というイメージからも、肉体派、武闘派のような「ドワーフ族」が多いと推測されます。

実際、「ドワーフ族」の戦士アイゼンは、「最強の戦士」だったと評価されています。

竜の毒に侵されたり噛まれたり、あり得ない高さから落下しても無傷だった事から、アイゼンが特別だとしても「頑強な体を持つ」というだけにかなり強いのではと推測されます。

また、作中で登場した「ドワーフ族」に共通するのが「意思の強さ」です。

アイゼンは敵に向かって行くのに震えていますが、「恐怖がここまで俺を連れてきた」と怖いのをフリーレンに隠さず前衛で戦っていました。

「ドワーフ族」は肉体的な強さだけでなく、精神的な強さも見せており、かなり強くて厄介な種族だというのが分かります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】これまで登場したドワーフ一覧

「葬送のフリーレン」作中では、現在まで4人の「ドワーフ族」が登場しています。

 

「戦士アイゼン」

アイゼンは勇者ヒンメル率いる「勇者パーティー」の戦士で、主に前衛をまかされていた屈強な体躯の持ち主です。

魔族からは「最強の戦士」と呼ばれているほどの強さを持っていました。

ヒンメルの死後、旅に出たフリーレンから誘いを受けるほどでしたが、「斧を振るう年齢ではない」と老いを理由に断っています。

現在、フリーレンが一緒に旅をしているシュタルクの師匠ですが、ある理由からシュタルクはアイゼンの元から逃げ出していました。

それでも「俺を超える戦士」になるとシュタルクの能力を見抜いていたアイゼンはフリーレンに推薦しています。

また、フリーレンに「魂の眠る地」で、ヒンメルの魂と会話をするように勧めたのもアイゼンです。 

屈強な戦士ですが、弟子や仲間を案じている心優しい人物として描かれています。

 

「フォル爺」

フリーレンとは長寿の友達で約400年もの間、妻が愛した村を魔族や魔物から守っていた屈強な戦士です。

見た目は老戦士ですが、油断したシュタルクを卑怯な戦い方で立てなくしたり、ボケたふりをしたりとなかなかの策士です。

この強さもあり、村の人達からは魔族や魔物から守ってくれる「守護神」として感謝されています。

 

「ファス」

エルフ族のミリアルデが暇つぶしに作った「最上の名酒」だと嘘の碑文を信じ、大帝国の皇帝に献上された最上の名酒「皇帝酒」を探していたのがファスです。

ファスは200年もの間、「皇帝酒」を探すという人生を送っていました。

そして、やっとたどり着いた遺跡で、「皇帝酒」を発見しましたが結界が張られており、その解除を依頼したのがフリーレンでした。

解放後にファスは早速、「皇帝酒」をフリーレン一行や町の人達と分け合います。

ですが、「皇帝酒」とはただの不味い安酒でした。

結果として上手い「皇帝酒」には出会わなかったファスでしたが、皆と楽しめたと感謝し楽しい夜を過ごします。

 

「ゲーエン」

深さ3,000mのトーア大渓谷に大きな橋を建設していたのがゲーエンです

勇者ヒンメル一行が出会った時、ゲーエンは資金不足により建設を諦めようとしていました。

ですが、勇者ヒンメルから資金を提供された事で建設を続ける事ができます。

その後、月日が経ちフリーレン一行がゲーエンに会った時、橋は完成していましたが鳥の魔物が強風を巻き起こし通行出来ない状態でした。

その鳥の駆除をフリーレンに頼むと、橋は通行できるようになりゲーセンは笑顔を見せます。

因みにこの駆除の依頼の報酬としてゲーエンがフリーレンに渡したのが、「パンケーキを上手にひっくり返す魔法」でした。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】フリーレンにとってドワーフの存在とは?

「エルフ族」で1000年以上生きるフリーレンにとり、人間の寿命はかなり短いものです。

そんな中、「エルフ族」ほどではないものの、長命である「ドワーフ族」はフリーレンにとり貴重な存在となります。

実際、フリーレンはアイゼンやフォル爺など昔話にも花を咲かせていました。

同族である「エルフ族」とは、ほとんど会わないと言っているフリーレンからすれば長命の「ドワーフ族」は、より身近な存在といえます。

逆にアイゼンからも心配され、「ヒンメルの魂と会話」する事を勧められており互いが心配しあう良き関係だといえます。

 

スポンサーリンク

まとめ

「葬送のフリーレン」で登場するのは、「人間」、「エルフ族」「ドワーフ」そして「魔族」の4種族です。

その中でも人間と良好な関係を築いているのが、「ドワーフ族」です。

「ドワーフ族」は「エルフ族」が1000年以上生きるのに比べ、平均寿命が300年と少ない「種族」です。

それでも人間に比べれば長命で、フリーレンにとってはとても貴重な存在になります。

その「ドワーフ族」ですが、長命という以外に幾つかの特徴があります。

それが「屈強な肉体」を持っている事と、「強い意思」を持っている事です。

この2つは「ドワーフ族」ならではのもので、アイゼンで言うなら竜に噛まれ毒に冒されても平気な上、ありえない高さから落下しても無傷だったりします。

また、フォル爺のように妻の愛する村を守る為に400年もの長きに渡り魔族と戦い続けています。

これまで作中ではまだ4人しか登場していませんが、フリーレンにとってもストーリーにとっても重要な種族となっています。

この先、どんな「ドワーフ族」が登場するのか、楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒アイゼンの強さ無双!でも、寿命はどれくらい?ドワーフ族の背・・

⇒アイゼンの寿命は尽きる?死亡を巡る最新の考察!・・

⇒ゲーエンの橋建設物語!トーア大渓谷を変えたドワーフの夢と野・・

⇒ファスの皇帝酒ボースハフト探求!200年の旅が明かす衝撃の・・

⇒フォル爺の生命力!ドワーフの寿命を超えた真実!長寿友達との・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA