スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】魔族VS魔物!究極の違いとは!?強さ秘密も大公開!進化の軌跡!

スポンサーリンク

人類との長きに渡る戦争を繰り広げているのが、「魔族」という種族です。

勇者ヒンメル率いる「勇者パーティー」が魔王を討伐していますが、その後も生き残った「魔族」により人間は戦い続けています。

その中には「魔族」だけでなく、「魔物」と呼ばれる者達も存在しています。

今回は「葬送のフリーレン」に登場する「魔族」や「魔物」とは一体何なのかを詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】魔族とは?

「葬送のフリーレン」作中で長い戦争を人類と繰り返しているのが「魔族」です。

魔族」は、角はありますが人と同じような容姿をし、人と同じように言葉を話します

その中には「魔王」のように人類に興味があり、共存しようとする「魔族」もいます。

人類にとっては最大の敵であり、精神構造の違いから絶対に交わらない種族、それが「魔族」となります。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】魔族と魔物の違い

人類と長きに渡り戦争を繰り返している「魔族」ですが、「魔物」とはハッキリと違う定義があります。

その定義が「言葉を話す」という事です

作中では「人間を捕食する危険な人食い種族」を「魔物」と呼んでいます。

さらにその「魔物」が言葉を話すようになったのが、いわゆる「魔族」です。

この「魔族」という定義は「人類魔法の祖」大魔法使いフランメが付けたもので、人間に近い容姿と高い知力、強力な魔法を使えるのを危惧して「魔族」と呼ぶようになったと推測されます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】魔族の強さとは?

言葉を話せる魔物である「魔族」ですが、高い知力がある為か生まれつき強大な魔法を持って生まれます。

この「魔族」の魔法の中には「呪い」と言われる、人類では解析不能な魔法も存在しています。

この事実からも「魔族」はかなり強い種族という事になります。

ですが、更に「魔族」には魔法使いである事に誇りを持ち、力を誇示する為に力を手に入れようとしている事があります。

これは「魔族」が「魔力の高さ」=「強い」という認識があるからです。

「魔族」にとり「魔力の高さ」こそ全てであり、それにしか興味のない種族といえます。

この為、子育てや社会性など皆無でかなり利己的、悪くいえば「超個人主義」といえ、人類とは分かり合えないだけでなく、精神的にも全く違う恐ろしさを持っている事が分かります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】魔族における魔王とは?

「魔力の高さ」こそ強さとなっている「魔族」ですが、その最たる存在が「魔王」となります。

「葬送のフリーレン」作中では、あまり詳しく描かれていませんが、1000年以上「魔王」として君臨している事からも「魔力」の高さはとんでもないぐらいのレベルだというのが分かります

そして、この「魔王」こそ人類に興味があり、それ故に三分の一の人口を減らす虐殺を行う事になります。

その理由こそ人類と魔族が交わらない最たる原因である「人間を知るため」という理不尽なものでした。

この「魔王」のやり方に疑問を持つ「魔族」もいましたが、圧倒的な「魔力」の前にはひれ伏すしかなかったほどの強さを持っていたのが「魔王」となります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】魔族における七崩賢とは?

人類最大の敵となった「魔王」ですが、勇者ヒンメル率いる「勇者パーティー」が討伐するまで、北側を中心に世界を猛威に晒していました。

そして、その世界の要所要所を支配していた「魔王」直下の大幹部である「魔族」が「七崩賢」です。

「魔王」の配下だけにかなり猛威を振るう「七崩賢」はその名の通り7人からなる「魔族」です。

その内の2人は「魔王」討伐前の勇者ヒンメルが「不死なるベーゼ」「奇跡のグラオザーム」の2人を倒し、3人はヒンメル登場前に活躍した「南の勇者」が討伐しています。

残りの2人「断頭台のアウラ」と「黄金郷のマハト」はフリーレン一行と「一級魔法使い」デンケンに倒されてしまいます。

また、「南の勇者」は「魔王」の腹心である「全知のシュラハト」を相打ちで討ち取っており、「魔王」討伐後に行方不明だった「七崩賢」を含めて「魔王」の配下は全滅しています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】魔族における将軍とは?

「魔王」の配下に「七崩賢」という幹部がいるだけでなく、「将軍」と呼ばれる魔族がいます。 

ですが、「将軍」は「魔王」の配下ではなく、熟練した強い「魔族」の事を指します。

1番の特徴は魔法が得意なだけでなく、鍛錬を積み武術にも精通した「魔族」の事です。

「魔力」により魔法だけでなく武術に特化した「魔族」の中には戦士を凌駕する強さを持つものもいたとされ、人類にとっては非常に厄介な敵といえます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】これまで登場した魔族一覧

「魔王」

かつて人類の三分の一を虐殺した魔族の頂点が魔王でした

魔王は人間と共存を望んでいた魔族でしたが、理解する為に虐殺した事で人類と長きにわたる戦争を引き起こしています。

かなりの「魔力」を誇る「魔王」でしたが、勇者ヒンメルの登場により「勇者パーティー」に討伐されてしまいます。

 

「全知のシュラハト」

魔王の腹心で片腕となり、「七崩賢」を束ねるのがシュラハトです

「1000年後の未来まで見通せる」という魔法を持っていましたが、「南の勇者」との激しい戦闘の上、相打ちで死亡しています。

 

「黄金郷のマハト」

魔王配下の「七崩賢」の生き残りで、最強の大魔族といわれていたのがマハトです

魔法使いフリーレンも約600年前に1度負けているほどの実力の持ち主で、「万物を黄金に変える魔法(ディーアゴルゼ)」という魔法の使い手です。

「魔王」亡き後も人類との共存を望んでいる、厄介な「魔族」の生き残りでした。

 

「断頭台のアウラ」

「七崩賢」の1人で、「魔王」が討伐された後も人間を支配しようとしていた「魔族」です。

「服従の天秤」という魔力が強いものを服従させる魔法を得意としていました。

ですがフリーレンと対峙した際に魔力を抑えているのに気づかす、アラウは「服従」せざるを得なくなってしまった後、自害させられています。

 

「不死なるベーゼ」

「勇者パーティー」が魔王討伐前にパーティーを結界に閉じ込めたベーゼも魔王配下・七崩賢の1人です。

かなり強力な魔法の使い手であるベーゼでしたが、フリーレンとヒンメルの連携攻撃の前に痛烈な一撃を喰らい倒されてしまいます。

 

「奇跡のグラオザーム」

グラオザームは「記憶操作系の魔法」を得意とする魔王配下・七崩賢の1人が、グラオザームです。

「南の勇者」と戦う為に集結した後も生きていましたが、後に勇者ヒンメルに討ち取られたとされています。

 

「王座のバザルト」

魔王軍の将軍で、フリーレンの故郷を襲い全滅させた魔族です。

フランメに弟子入り前のフリーレンにより討伐されています。

 

「電閃のシュレーク」

魔王軍配下の将軍でしたが、同じ魔族であるマハトに惨殺されてしまいます。

 

「神技のレヴォルテ」

多くの魔法使いを使い、腕が4本ある魔族がレヴォルテです

レヴォルテは「大陸魔法協会」の「一級魔法使い」ゲナウの相棒を襲い殺した強い「魔族」です。

ですが、ゲナウが任務している村を強襲しますが、共闘したシュタルクと死闘を繰り広げた末に討ち取られてしまいます。

 

「クヴァール」

魔王軍の配下の中でも屈指の強さを誇り、勇者ヒンメルでさえ封印せざるを得なかった魔族がクヴァールです

「人を殺す魔法(ボルトラーク)」という貫通魔法を得意とし、多くの魔法使いを葬っています。

ですが、封印されていた間に「人を殺す魔法(ボルトラーク)」は「一般魔法」と呼ばれるほど、研究と進化が進んでいました。

フリーレンはフェルンに魔族とはどういうものかを教える為、敢えて封印を解くと一撃で消滅させます。

 

「ソリテール」

単純魔法が得意で超強力な力を持つ魔族が、ソリテールです。

人類に興味を持ち、研究をしている少し変わった趣向の持ち主ですが、単純な魔法はかなり強く、フリーレン達を追い込んでいました。

戦闘中にも人類に対しての質問を繰り返すなど興味津々でした。

ですが、油断したところをフリーレンとフェルンによって討ち取られます。

 

「リュグナー」

リュグナーはアラウの配下で「血を操る魔法」を得意としている「魔族」です。

フリーレンの弟子フェルンに致命傷を与えるくらいの強さでしたが、魔力を抑えていたフェルンが力を解放した後で倒されてしまいます。

 

「リーニエ」

アラウの配下でリュグナーと行動を共にしていた魔族がリーニエです。

リーニエは「模倣する魔法」の使い手で、戦士アイゼンの動きをトレースしました。

苦戦したシュタルクですが、アイゼンほどの威力がない事が分かった後、一刀両断され死亡します。

 

「ドラート」

リュグナー、リーニエと共に登場したドラートは、「魔力の糸を操る魔法」を得意としていました。

牢獄に捕らえられたフリーレンを始末しようとしますが、返り討ちにあい死亡します。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】フリーレンにとって魔族の存在とは?

魔法使いのフリーレンにとって「魔族」は全滅させなければならない最大の敵です。

何故ならフリーレンは故郷を「魔族」バザルトに全滅させたからです。

これがキッカケに大魔法使いフランメの弟子となったフリーレンは、魔力を制御して「一生、魔族を欺け」と教えられます。

それ以来、フリーレンは「魔族」を欺き続けています。

また、「魔族」には言葉など通じないと分かっており、これまで数多くの「魔族」を葬っている事からついたのが「葬送のフリーレン」という異名でした。

 

スポンサーリンク

まとめ

「人を捕食する魔物」が言葉を話すようになったのが「魔族」です。

容姿は人間に近いながら生まれ持つ「魔力」はとんでもなく高く、人類にとっては「支配圏」を争う厄介な敵となっています。

作中ではかなり多くの「魔族」が登場していますが、登場していない「魔族」が、多くいるのではと推測されています。

この先、フリーレン一行や人類の前にどんな「魔族」が登場するのか、「魔王」の復活もあり得るのか楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒黄金郷のマハトが強すぎる!七崩賢最強の真実に迫る!最強魔族・・

⇒魔王の右腕!全知のシュラハトの謎に迫る!シュラハトの強さの・・

⇒ソリテールの強さを徹底解剖!かわいい顔の裏に隠された最悪な・・

⇒クヴァールはフリーレンよりも強い!実は不死身?声優は誰が演・・

⇒大魔族の秘密!一覧と強さの真実を徹底解明!・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA