スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】内容と見どころと面白いポイント!エルフの永遠なる旅が紐解く生の意味!

スポンサーリンク

話題沸騰中の「葬送のフリーレン」は原作だけでなく、アニメ化もされ、ますます勢いに乗る人気作品です。

今回はその「葬送のフリーレン」とは一体どんな作品なのか、ストーリーやキャラクターなどと併せて紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】作品・作者紹介

「葬送のフリーレン」は原作・山田鐘人と作画・アベツカサで「週刊少年サンデー」で2020年より連載が開始された漫画作品です。

連載開始直後から話題となり、2021年、第14回マンガ大賞を受賞すると第25回手塚治虫文化賞新生賞受賞も注目されます

原作・山田鐘人さんは2013年「名無しは一体誰でしょう?」でデビューし、作画・アベツカサさんも2017年「カノン」にデビューしています。

ですが、燻っていた所を「週刊少年サンデー」の編集者のアドバイスによりタッグを組んだ事で生まれたのが「葬送のフリーレン」です。

現在、最も話題の漫画作品となっており、今後の展開が期待されています。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】登場人物紹介

話題沸騰中の「葬送のフリーレン」では、魔法使いを中心に個性あるキャラクターが登場します。

 

「フリーレン」

「葬送のフリーレン」の主人公は魔法使いフリーレンです。

かつて魔王を倒した勇者パーティーの1人で、かなり強い魔法使いです。

エルフ族という長命の種族で、感情の一部が欠落していますが、勇者ヒンメルの死をキッカケに人間を知ろうと旅をする事になります。

華奢で可愛らしい見た目とは裏腹に1000年以上生きており、その時代に活躍した伝説の大魔法使いフランメの一番弟子です。

 

「フェルン」

孤児だったところを勇者パーティー僧侶・ハイターに保護されて以降、一緒に暮らしている魔法使いの少女です。

魔法を始めたのは「1人で生きていくため」でしたが、フリーレンと出会った事でメキメキと頭角を表していきます。

共に旅に出る事になりますが、子供のようなフリーレンに振り回されて「母親」のような立ち位置になっています。

 

「シュタルク」

勇者パーティーの戦士アイゼンの弟子で、逃げ癖があるシュタルクです。

シュタルクは戦士アイゼンを凌駕する強さを秘めています

ですが、臆病な性格が災いして発揮するどころか自分でもその強さに気づいていません。

フリーレンやフェルンと出会い、一緒に旅する事になりますが各地で色んな人を助けるなど相変わらずの人の良さを見せています。

 

「ザイン」

酒、タバコ、ギャンブルと三拍子を併せ持つ、年上のお姉さんが好きな僧侶です

若い頃は冒険者になる事を目指していましたが、兄の為に村に残り冒険に出ることはありませんでした。

僧侶としては、シュルタルクが蛇に噛まれて脳が数時間で溶けて死ぬという不治の毒を一瞬で治癒するほど優秀です。

親友の「戦士ゴリラ」の行方を気にしていましたが、残っていた理由の兄に叱責されると旅に出る事を決意します。

そして、一時的という名目でフリーレンと共に旅に出る事になります。

 

「ヒンメル」

かつて魔王を倒した勇者ヒンメルは、フリーレンを勧誘しパーティーに加入させた張本人です。

フリーレンの事を本当に心配しており、「1人にならない為」という理由で各地に銅像を残しています。

回想シーンが中心ですが、フリーレンにキッカケを与えるなど「葬送のフリーレン」には重要なキャラクターとなっています。

 

「フランメ」

「人類魔法の祖」と呼ばれるフランメは、約1000年以上前に存在した伝説の大魔法使いです

このフランメの一番弟子がエルフ族であるフリーレンでした。

フリーレンに魔力を制限し、魔族を欺くという戦闘方法を授けた人物でもあり、ヒンメル同様、回想シーンだけですが重要なキャラクターとなっています。

 

他にもハイターやアイゼン、大魔法使いゼーリエなど重要なキャラクターが登場します。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】プロローグ

50年前、世界を苦しめていた魔族や魔王を討伐した勇者パーティーが現れます。

それが勇者ヒンメル、僧侶ハイター、戦士アイゼン、魔法使いフリーレンからなる勇者パーティーです。

50年に一度降るという「半世紀(エーラ)流星」を見た後、50年後の「半世紀(エーラ)流星」で再会を約束します。

そして、50年経ち再会した勇者ヒンメルは、「半世紀(エーラ)流星」を見ると約束を果たせた事で亡くなってしまいます。

このヒンメルの葬儀で、ヒンメルを何も知らず知ろうとしなかった事に気付いたフリーレンは涙しました。

こうしてフリーレンは人間を知ることと魔法収集をするために旅に出る事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】これまでの大まかな内容

旅に出たフリーレンはかつての仲間ハイターやアイゼンから託されたフェルンやシュルタルクと行動を共にする事になります。

また、僧侶とザインも仲間になり魔法使い×2、戦士、僧侶という4人のパーティーとなります、

その後、大魔法使いフランメの残した書記から「魂の眠る地(オレオール)」の存在を知ります

こうして目的のなかったフリーレンの旅でしたが、ヒンメルの魂と会話するため「魂の眠る地(オレオール)」を目指す事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】見どころは?

話題作「葬送のフリーレン」の最大の見どころは「生と死」をテーマにした物語です。

魔王を倒しに行くというファンタジー要素もありながら、重くなりがちな「生と死」を上手く融合させています。

エルフという長命の種族であるフリーレンの存在があって成り立つストーリーといえ、身近な死を前向きに捉えながら大切な人物との関わり方を認識させてくれるのが見どころといえます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】読者の評価

魔法使いフリーレンを主人公にした「葬送のフリーレン」ですが、読者やアニメファンからはかなり面白いと高い評価が聞かれています。

理由はゆったりしながらも、あまり説明のないテンポの良さです。

また、フレーリンやフェルン、シュルタルクなどのやり取りなど独特な世界観を持っているのも高評価の理由です。

一方でつまらないという声も上がっています。

1番多いのが異世界モノとしては目を見張るモノが少ないといった理由でした。

また、フレーリンの感情の起伏のなさを指摘する声もあります。

ですが、この低評価は一部の間だけで、エルフ族と人間という二つの種族が混ざるストーリーは、「奥深い」とおおむね高評価を得ています

 

スポンサーリンク

まとめ

エルフ族という長命の種族であるフレーリンと人類であるフェルンやシュルタルクやザインという別種族との交流で進んでいく「葬送のフリーレン」。

最大の見どころは全く違う種族同士が「生と死」をテーマにしているところです。

重くなりがちなテーマですが、「葬送のフリーレン」では前向きに捉えており、物語のテンポも手伝って非常に「奥深いストーリー」になっています。

また、フレーリンやフェルンなどほのぼのしながらも個性溢れるキャラクターが存在する事でかなり評価の高い作品となっています。

人間を知るために旅に出たフリーレンは、勇者ヒンメルと魂の会話をするため「魂の眠る地(オレオール)」を目指します

フリーレンは感情の未だに起伏は少ないながらも、徐々に人間の事を知りつつあります。

この先、勇者ヒンメルとの会話でフレーリンが何を知るのか、どんな展開になるかも含めて楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒涙腺崩壊!心打つ泣ける名言と名場面集!エルフの旅が教える生・・

⇒休載はいつまで?休載が多いのはなぜ?連載再開までの道のりと・・

⇒完結してるのか!?徹底解析!連載の行方どこまで?・・

⇒未だ明かされていない謎・伏線について考察!魔王は本当に死亡・・

⇒最強キャラTOP10!強さの裏に隠された秘密!誰がラスボス・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA