スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】涙腺崩壊!心打つ泣ける名言と名場面集!エルフの旅が教える生きる意味とは!?

スポンサーリンク

アニメ化もされ話題沸騰中の「葬送のフリーレン」は、1000年以上生きるエルフ族の魔法使いフリーレンが人間を知ろうと旅をするファンタジー作品です。

そんな「葬送のフリーレン」で話題になっているのが、「泣ける」という事です

どんな名場面があるのか、「葬送のフリーレン」の名シーンを振り返りながら紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】泣ける理由とは?

「生と死」をテーマにした「葬送のフリーレン」が泣けると話題なのが、主人公フリーレンが人間を知り理解していく姿です。

フリーレンは長命のエルフ族という感情や思いやりが欠落している種族です。

そのフリーレンはかつての仲間ヒンメルや人間を知ろうと旅に出ました。

その中でフリーレンが触れていくのが、勇者ヒンメルの思いやりや仲間に対する感情でした

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】泣ける名言

ここからは泣ける名言を紹介したいと思います。

 

1・「人間の寿命は短いってわかっていたのに、なんでもっと知ろうと思わなかったんだろう」

勇者ヒンメルの葬儀に参列したフリーレンが泣きながら発言したセリフです。

これがキッカケにフリーレンは変わっていき、人間を知る旅に出る事になります。

 

2・「必死に生きてきた人の行きつく先が無であっていいはずがありません。」

僧侶ハイターがフリーレンとアイゼンに向けた言葉です

「人は死んだら無に還る」、「天国には懐疑的」という2人にハイターは一生懸命生きてきた人に死後も報われて欲しいと思いを伝えます。

 

3・「あなたが私を知ろうとしてくれたことが、堪らなく嬉しいのです。」

誕生日のフェルンにプレゼントを渡そうと必死になったフリーレンから髪飾りを貰った時のセリフです。

フェルンの真面目さと優しさが胸をうつ名言となっています

 

4・「あなたの中にも大切な思い出があるとすれば、死ぬのは勿体ないと思います。」

戦争で両親を失い、自身も悲しみから死のうとしていたフェルンに僧侶ハイターが掛けた言葉です

「生臭坊主」ながらハイターの優しさが垣間見える名言といえます。

 

5・「怖がることは悪いことではない。この恐怖が俺をここまで連れてきたんだ。」

無骨な戦士アイゼンが、臆病なのを隠さずにフリーレンに明かしたセリフです

この覚悟は弟子のシュルタルクにも受け継がれており、努力なき成長はないと教えてくれる名言となります。

 

6・「生きているということは誰かに知ってもらって覚えていてもらうことだ。」

何故、人助けをするのかと聞いたフリーリンに対して、勇者ヒンメルが返した言葉です

人生とは何か?と考えさせられるヒンメルらしい名言となっています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】泣ける名場面

「葬送のフリーレン」には名言だけでなく、泣ける名場面も多くあります。

 

1・勇者ヒンメルがフリーレンに鏡蓮華の指輪をプレゼントする名場面。

花言葉に「久遠の愛情」という意味を持つ鏡蓮華の指輪を勇者ヒンメルはフリーレンにひざまづいて嵌めます。

勇者ヒンメルのフリーレンに対する「想い」が詰まっている名シーンといえます

 

2・北川のある諸国でフリーレンが勇者ヒンメルに何故、銅像を残すのか聞いた名場面。

「イケメンを後世に残す為」と笑う勇者ヒンメルが、その後に続けたのが「君が未来で一人ぼっちにならないようにするためかな」でした。

エルフ族の為に長く生きるフリーレンに、人類で寿命のある勇者ヒンメルが気遣う名シーンとなります。

 

3・フリーレンとヒンメルの出会った名場面。

「フリーレン。君は覚えていないだろうけれども、昔僕は一度だけ君と会ったことがある」

「子供の頃、森に薬草を取りに入ったとき道に迷った。」

「長い間夜の森をさまよって人生で初めて孤独を味わった。」

「もう二度と村に帰れないかと思ったよ。」

「そのとき一人のエルフが人里の方向を教えてくれた。」

「本当に方向を教えるだけで励ましの言葉一つ口にしなかった。」

「子供心になんて冷たい人だと思ったよ。」

「僕のそんな不安を感じ取ったのか、それともただの気まぐれだったのか、君は僕に花畑を出す魔法を見せてくれた。」

「綺麗だと思ったんだ。生まれて初めて魔法が綺麗だと思った。」と勇者ヒンメルはフリーレンに語りかけます。

このシーンはかなり泣けるという名場面になっており、勇者ヒンメルがフリーレンに恋をし、運命を変える出会いとなっています

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】おすすめ!漫画orアニメならどっちが泣ける?

数々の名場面や名言が存在する「葬送のフリーレン」ですが、漫画原作かアニメかと選択を迫られれば、どちらも泣けると言わざるを得ません

何故なら漫画もアニメもどちらも良いポイントがあるからです。

ですが、小さなお子様(小学校中低学年)や高齢者にはアニメの方がオススメかも知れません。

いずれにせよ「葬送のフリーレン」は名言、名場面が目白押しなんで、両方楽しむのがオススメといえますね。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】作品・作者紹介

「葬送のフリーレン」は2020年22・23合併号より「週刊少年サンデー」にて連載が開始された漫画作品です。

原作は「ぼっち博士とロボット少女の絶望的ユートピア」を連載していた山田鐘人さんで、作画はアベツカサさんが担当しています。

この作品は「週刊少年サンデー」編集部の担当者が、山田鐘人さんに魔王や勇者モノのギャグを描いてみてはと提案した事から生まれた作品です。

「葬送のフリーレン」というタイトルも「週刊少年サンデー」編集部の副編集長のタイトル案が採用されたもので、関わる人間が総力を上げた作品になっています。

その成果からか、「葬送のフリーレン」は第14回マンガ大賞、第25回手塚治虫文化賞新生賞受賞作品となり、コミックスは累計発行部数は1700万部の大ヒット作品となっています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】あらすじ

エルフ族で1000年以上生きている魔法使いのフリーレンは、約80年前に人類と敵対していた「魔王」を討伐した勇者ヒンメル率いるパーティーのメンバーでした。

「魔王」を討伐した後、50年に一度の「半世紀(エーラ)流星」を見た勇者ヒンメル、僧侶ハイター、戦士アイゼン、魔法使いフリーレンの4人は、次回も見る約束を交わしパーティーを解散します。

50年後、再び集結した4人の勇者パーティーは、「半世紀(エーラ)流星」を見る約束を果たします。

その直後、勇者ヒンメルは老衰の為に死去しますが、フリーレンが感じたのは何も知らず、知ろうともしなかった後悔でした。

この感情に困惑したフリーレンは、人間を知ろうと決意し、趣味の魔法収集を兼ねて旅に出る事を決意します。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】見どころ

「葬送のフリーレン」の見どころは、感情の乏しいエルフ族のフリーレンが人間を知ろうとする姿になります。

また、「生と死」という重くなりがちなテーマでありながらフェルンやシュルタルクなど個性的なキャラクターの存在でストーリーがテンポよく進んでいくのも見どころといえます。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

アニメ化もされ大人気の「葬送のフリーレン」ですが、名言や名場面が多く、目の離せない作品になっています

中でも主人公の魔法使いフリーレンと勇者ヒンメルとのやり取りは、深く突き刺さり考えさせられるほどです。

「葬送」と死者を見送るという言葉がタイトルになっている「葬送のフリーレン」。

原作には原作のアニメにはアニメの良さを持っているので、両方楽しむのをオススメしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒休載はいつまで?休載が多いのはなぜ?連載再開までの道のりと・・

⇒未だ明かされていない謎・伏線について考察!魔王は本当に死亡・・

⇒内容と見どころと面白いポイント!エルフの永遠なる旅が紐解く・・

⇒登場キャラ一覧徹底解剖!登場人物の魅力と物語の鍵を紐解く!・・

⇒死亡キャラ一覧!今後死亡する可能性の高いキャラクターも併せ・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA