【炎炎ノ消防隊】<第8特殊消防隊>一体誰の味方…?怪しい研究者ヴィクトルリヒトのプロフィールまとめ!

スポンサーリンク

強い意思と絆をもって戦う第8特殊消防隊のメンバーの中に、少し特殊なキャラクターがいます。

それが科学捜査官ヴィクトル・リヒト

突如第8に送り込まれてきた彼は誰がどう見ても怪しすぎる!

しかしその怪しさとは裏腹に真面目に第8をバックアップしている彼は確かに第8の仲間ではあるのですが、ところどころ不審な描写も…。

果たして敵なのか味方なのか…今回はそんな謎の研究者ヴィクトル・リヒトについて、プロフィールからその正体までたっぷりご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】ヴィクトルリヒトのプロフィールは?

プロフィール
  • ヴィクトル・リヒト(CV.阪口大助)
  • 第8特殊消防隊所属の科学捜査官
  • 3月14日生まれ
  • 23歳
  • 身長約187cm

突如第8特殊消防隊に配属されてきた胡散臭い研究者

もっさりした髪型で、いつも白衣を着ています。

軽い口調で話す神出鬼没の男です。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】ヴィクトルリヒトの性格は?

リヒトの性格は「科学者である」という一言に尽きます

とにかく自分の探求心に忠実で、他人の利害は度外視と言っていいほど自分のためだけに真実を追及し続ける好奇心旺盛な性格。

気になったことはすぐに情報を集め分析し、真実を知るまで死なないという強い意思を持っています

真実に近づくと汗を流しながらも楽しそうに笑い、たとえ未知で危険なものでも「研究者冥利に尽きる」と嬉々として観測しようとする研究者中の研究者。

飄々とした調子で本心が見えにくいキャラクターですが、ただ1点、走り方が変なことを気にしているようです。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】ヴィクトルリヒトの能力は?

リヒトは無能力者です。

彼のことですからもしかしたら本来持っている能力を隠している、あるいは能力に相当する力を独自に研究している可能性もなくもないですが、一応は無能力者という認識で良いでしょう。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】ヴィクトルリヒトの強さは?

blank

戦闘力という点ではリヒトの強さは皆無と言えます。

科学捜査官という肩書があるとはいえ筋金入りの研究者ですから、特殊消防隊の中では最弱の部類でしょう。

自分で「貧弱な体」と卑下しているように、同じ無能力者でも桜備と違って筋力もないので直接的な戦闘には加わりません

ただし彼には別の強さがあります。

それは情報力と分析力

多大な情報を元に、火災現場では地形や炎の特徴を見極め第8の活動を援護、戦闘であれば相手の能力を分析し第8の活路を見出すなど現場でのいち早い解決に一役買っています。

伝道者一派との戦いなど第8たちや消防官たちの力だけでは危うい状況も、リヒトが分析し指示を出すことで打破することも多々あり、特に隊員の命が係わるなど大きな局面ではよりその存在に重きが置かれます。

その頭脳は特殊消防隊が人体発火の謎に迫る上での道しるべともなり、他にも理論的にシンラの能力を向上させるなど、リヒトはいつも他の隊員とは違う観点で物事を見つめています

力はなくとも頭脳で皆を活かすのがリヒトの強さと言えますね。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】ヴィクトルリヒトの正体はスパイ?

突如第8に加わったリヒト。

不審だったその正体は第132話にて明らかとなりました

僭越ながら私ヴィクトル・リヒトは、第8に潜り込んだ灰島のスパイなんです!

とは言っても、第8の皆はすでにそれとなく気づいていたのでアイリス以外には驚かれませんでしたが。

 

スポンサーリンク

灰島重工とのつながり

リヒトは大学に飛び級入学したうえ主席で卒業し、その後は灰島重工で発火応用科学研究所の主任を務めていました。

灰島から第8に派遣された一番の目的は、アドラバーストを持つシンラの監視

灰島重工は元々自身の施設でシンラを保護していたのですが、シンラを手放した後に彼がアドラバーストの持ち主だと知り、リヒトを送り込んできたのです。

ただしリヒトは灰島に伝道者との繋がりがあるのかなど、施設の詳細を深くは知らない立場にありました。

リヒトが灰島を怪しむレポートを書いた際に社長が彼を消す動きも見せたので、リヒトは灰島からすればその程度の本当に一介の研究員だということがわかります。

現在は灰島も第8に協力する方向となっていますので、一応は良好な関係を保っていると言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

ジョーカーとのつながり

ジョーカーとは以前から接点があるようで、調査現場などでも密かに会話を交わしている姿が描かれていました。

当初第8を貶めたり敵としてシンラに接触してきたジョーカーと裏で繋がっているという事実は、リヒトが第8の敵なのではないかと怪しむに余りある描写でしたが、ジョーカーの目的が分かったことでその疑いが覆ります

リヒトとジョーカーの繋がり…それはともに手を組み、第8と同じく人体発火の謎に迫っているという間柄でした。

ただし第8が表で世界と戦っているのとは逆で、彼らは裏で戦っているアウトローな存在。

リヒトは第8をヒーローとしたうえで自分たちをこう言いました。

ダークヒーローさ

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】<第8特殊消防隊>仲間たちとの信頼関係は…?今後の共闘や裏切りを予想!

blank

元々は灰島の人間ですが、第8の敵かと言うとそうではありません

桜備に第8と灰島どちらの味方なのか聞かれた際には「どっちも」であり、真実に近づける方だと答えていたリヒト。

配属当初リヒトは第8のことを「使えるのか」で推し量っていましたが、信頼と絆で真実に近づき続ける第8の熱さに触発されている様子が見えてきました。

灰島のスパイだと告白した理由もすでに第8に対しての信頼があるからこそにも見えますし、第8のメンバーはそれを承知でともに戦っていますから、その上でリヒトはすっかり第8の仲間と言えます。

さらには灰島への裏切りのような論文を提出したり、世界の敵となり桜備を救出するような動きを見せたりしていますので、その存在はほぼ第8寄りだと言って良いでしょう。

本当は第8と灰島どちらの味方でもなくジョーカーとともに暗躍する存在だったのですが、その相方ジョーカーが桜備とシンラを「この国に必要な人間だ」と認識していますので、同じ志をもつリヒトの認識も近いのではないかなと思います。

ただし『正義』を求め真実を追及するジョーカーや第8に対し、リヒトの求めるものはただ『正解』。

正解だけが神を越えるただ一つの真理であり、この世で信用できる唯一の存在だと彼は語っています。

そのために人体発火の原因について、世界の真実について調べ進んでいるのであって、つまりもしその正解が正義と逆のものであった場合や、より興味の持てる対象に出会った時にはもしかしたらリヒトは彼らとは対立してしまうのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

第8のメンバーとして愛すべきキャラクターのひとりであるリヒト。

最後の項目で彼が対立してしまう可能性を書きましたが、彼の魅力はやはりそういった危うさではないでしょうか。

研究者だからこその危うさ、ただ自分の求める解に対しての純粋な探求心からくる行動。

それが味方であれば大きな力となりますが、行き先が違えばすんなり敵にもなり得る…正義も悪もないただの研究者としての存在感が彼を際立たせているのです。

『炎炎』のキャラクターたちは「ヒーロー」や「神」などそれぞれの正義に従って戦っている印象が強いですが、それは各人の心の問題で、言ってしまえば曖昧なものなんですよね。

その世界観においてはっきりと「正解」を求めているリヒトの存在は非常に特殊に映ります。

彼の正解がどこにあるのか、それによって今後の活躍の仕方が変わってくるのかもしれませんね。

もちろん味方として最後まで戦ってくれることを望みますが、彼の動向には要注目です!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒ヴィクトルリヒトの正体判明!?ジョーカーと裏でつながる・・

⇒ヴァルカンジョゼフは天照に関わるキーパーソンだった!?・・

⇒<第1特殊消防隊>隻眼の大隊長!レオナルド・バーンズの正体・・

⇒『炎炎ノ消防隊』221話!アドラはイメージだった!?集合・・

⇒『炎炎ノ消防隊』208話!天照の正体!聖陽教の始まりは滅・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です