最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』168-169話!考察!隠された石上の過去とは?!

スポンサーリンク

ついにデートをすることになった石上とつばめ。

石上はデートに行く日を決めるために、つばめと会っていました。

カバンには入念に練ったデートプランを携えて。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」168話より引用

石上が考えたデートプランはつばめの「スカイツリー行ったことない」発言であっさり消滅しますが、デートに行く日は無事に決めることができました。

 

しかし、その様子を見ていた女子生徒は、石上が去ってからつばめに詰め寄りました。

「気をつけてくださいよ」

「あいつろくな奴じゃないんですから」

 

石上の過去とは?

石上はつばめとのデートを無事にできるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』168話!のネタバレ

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」168話より引用

それでは『かぐや様は告らせたい』168話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

藤原にご用心

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」168話より引用

つばめをデートに誘う石上を見かけた御行は、行く日にちを確認します。

「今週末…あさってですね」

あさってといえば御行たちは修学旅行に行っています。

石上はあえてその日にしたと御行に言います。

その理由は、藤原対策のため!w

藤原の耳にこのデートのことが入ったら面白がられて後をつけられそう…石上はそんな心配をしていたのです。

そこまで対策されてしまう藤原に御行は少しだけ同情します。

それにしても石上がとてもうれしそうでほっこりしますね。

 

石上の過去

御行は石上にエールを送って別れます。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」168話より引用

ところが、2人の女子生徒が石上の過去について、つばめに話しているのを聞いてしまいます。

御行の頭には前に生徒会で話した記憶が蘇りました。

藤原が1番憤っていました。

「このままじゃ石上くん 嫌われ者のままじゃないですか!」

藤原はマル秘と書かれたファイルを手に、石上が中学校で起こした事件の真相をみんなに伝えようと必死です。

かぐやは最初から真相を知っていて、御行たちも真相を知るように動かしていた疑いがあります。

もちろん、御行も知ってしまったからには石上の過去の真相をみんなに伝えるべきと考えましたが…。

石上自身がそれを拒否しました。

本当のことを知れば、トラウマを抱える人がいる、そのことで自分に対して罪悪感を持つ、それは嫌だと石上は考えていたのです。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」168話より引用

「あいつには普通に笑っててほしいんです」

御行はそんな石上の気持ちを汲み、真相を明らかにせずにここまで来ていたのです。

男同士だからわかる部分なのでしょうか?

藤原は憤慨していましたが、御行は冷静ですね!

 

俺がやるべきこと

真相を明かさないこと、それは石上の矜恃であることを御行は理解しています。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」168話より引用

でも…つばめとの恋愛において、あの過去は足枷になることも理解していました。

生徒会室の棚には例のマル秘ファイルが意味ありげに置いてあります。

それは藤原精一杯の抵抗です。

いつの日か、誰かが真相に気づくことを願って…。

かぐやもそれを知りつつ黙認しています。

つまり、真相を知っているメンバーはこのままじゃいけないと思っているんですね。

(俺がやるべきなんだろうな)

御行は、石上に嫌われたとしても伝える時期がやってきたことを悟っていました。

 

生徒会室に待つのは?

マル秘ファイルを見るために、生徒会室に入った御行を待ち構えていたのは想定外のシチュエーションでした。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」168話より引用

静かな暗い生徒会室で、静かに泣く女子生徒…。

伊井野がいました。

御行は思わず無言でマル秘ファイルがある棚まで行きます。

(なんかただ事じゃない雰囲気なんだけど?!)

「伊井野…?」

なんとか声をかけるものの、伊井野は無視!

御行はますます困惑します。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」168話より引用

(また藤原が何かやったのか?)

結局、御行も藤原を全く信用していないことが判明しますw

 

スポンサーリンク

御行の勘違い

涙する伊井野に触れていいのか悩む御行w

以前の苦い経験が御行の脳裏に浮かびます。

(また音楽とか聞いてて泣いてるとか…!)

しかし、側にあった伊井野のスマホはノンケーブルでした。

「私どうしたらいいの…?」

(俺もどうしたらいいの〜?)

2人の掛け合いが面白いですねw

その瞬間でした。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」168話より引用

マル秘ファイルが棚にいことに御行は気づきました。

(伊井野!アレを読んだのか!)

伊井野は膝を抱えて涙し続けています。

みんな、石上を心配しているんだ…

御行は嬉しい気持ちになり、伊井野に声をかけました。

「人のために涙を流せるお前は優しいな」

ところが…。

 

伊井野の涙の理由

顔を上げた伊井野は御行がいることに驚いた顔をします。

伊井野もまた、進化させていました。

過去の経験から、有線はやめて無線のイヤホンをしていたのですw

そして涙を流すほどの何を聞いていたかと言うと…

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」168話より引用

“心臓の鼓動”

母親のお腹にいた時のような擬似体験ができ、落ち着くと説明する伊井野。

御行も試してみた結果…!

「全部どうでもよくなってきた」

それじゃ、ダメでしょ!とツッコミたくなりますねw

 

消えたマル秘ファイル

伊井野はマル秘ファイルを見ていませんでした。

それなら棚から消えたマル秘ファイルはどこに行ったのでしょう?

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」168話より引用

…マル秘ファイルを手に持ち、つばめの前に立つ眼鏡の女生徒がいました。

「ここには子安先輩が知っておくべき事が書かれています」

一方で、早坂はかぐやの後ろに立ち、声をかけます。

「かぐや様 とても大事なお話があります」

 

次章「修学旅行」編&「終わる秘密」編、開幕!

 

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ168-169話のまとめ

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」168話より引用

今回のお話は石上の秘密についてでした。

過去に何があったのかまだよくわかりませんが、石上が悪いわけではなさそうですね…。

この話を見ただけでも、石上の人の良さが出ています。

生徒会の先輩たちも石上を気にして、心配していて、後輩想いですね。

そして伊井野は毎回、間が悪いというか、だいたいこういう時に現れますよねw

次回はいよいよ新章のスタートとなるようです!

次回の展開もとても楽しみですね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です