【炎々ノ消防隊】中二病の色男!?イケメン担当!アーサー・ボイルのプロフィールまとめ!

スポンサーリンク

「炎炎ノ消防隊」には多くの個性的なキャラクターが登場しますが、その中でもひと際クセになってしまう人物がいます。

それがアーサー・ボイル

重度の中二病で独特な感性を持つ彼は「炎炎」世界の不穏な物語に差す光とも言え、多くの読者に和みと期待を与えています。

しかもイケメンで女性にも大人気

今回は作中屈指の人気キャラ、アーサー・ボイルについてご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【炎々ノ消防隊】アーサーのプロフィールは?

プロフィール
  • アーサー・ボイル(CV.小林裕介)
  • 第8特殊消防隊所属の二等消防官
  • 7月10日生まれ
  • 17歳
  • 身長174cm
  • 碧眼のタレ目で金髪

前髪が目にかかるほど長いので、訓練や任務時には頭頂部で縛って額を出しています。

訓練校を経てシンラとほぼ同時期に第8特殊消防隊に入隊しました。

 

スポンサーリンク

【炎々ノ消防隊】アーサーの性格は?

アーサーは騎士。

自分で騎士と名乗っているだけなのですが、その騎士としての意識がとにかく高く、戦闘から日常までどんな時でも常に騎士であろうとしています

いわゆるフィクション世界で見られるような騎士ですが、アーサーには「騎士はかっこいい」という明確な騎士像があり性格もそのイメージに則っていると言えます。

気高く凛々しく人々を守るために剣を揮う。

強いて言えば騎士道精神が如何なる時もブレない、突き抜けた妄想力の持ち主というところがアーサーの性格の源と言えるでしょうか。

ただしその騎士意識の高さゆえに、上司や年輩者に対しても敬語を使わないなどふてぶてしい態度が見受けられます…が、それが許されるところも含めアーサーの人柄でしょう。

そして騎士と並ぶもうひとつの特徴が、とにかくバカであること。

頭脳労働となるとたちまち干からびたり、あり得ないほどの勘違いや言い間違いをしたり、皆の話をひとりだけ理解できていなかったり…。

アーサーは基本的に気高い騎士が如く無口でクールな立ち振る舞いで、ことあるごとに「フッ」と笑っていますが、シンラが言うには「ただバカだから言葉が出てこないだけ」とのこと。

でもバカだからこそ余計なことを考えず、一途に騎士道を邁進できるのでしょうね。

 

スポンサーリンク

【炎々ノ消防隊】アーサーの能力は?

アーサーは第三世代能力者で、刀身のない剣の柄から炎を噴出させて戦います

しかもその炎が超高温のプラズマであることが特徴

その炎の剣を「エクスカリバー」として前線で鎮魂したり戦ったりすることが主なポジションですが、建物を切断することも可能なので敵地などにマッチボックスごと突入させることもアーサーがいれば容易です。

他にもプラ板で作った柄で「ミニエクスカリバー」を作ってちょっとした溶断・溶接なども出来たりと意外と便利な能力者なんです。

 

スポンサーリンク

【炎々ノ消防隊】アーサーの強さは?

blank

アーサーは白装束の強者相手にも引けをとらない戦闘力の持ち主です。

強さのポイントはとにかく“騎士である”ところ

アーサーは騎士として、どんな相手にも怯まない精神力を持っています。

さらにプラズマ剣による高火力の斬撃には、騎士として恥じない類まれな戦闘センスがあります

複数相手でも斬り捌く剣術と強者にも対応できる身体能力を誇り、必殺技として繰り出す「紫電一閃」はその名の通り敵を一閃するほどの威力です。

そしてその戦闘を支えているのが持ち前の妄想力

アーサーは自分が騎士であるというイメージ、その妄想が捗るシチュエーションであればあるほど力を増していくという非常にエキセントリックなキャラクタ―なんです。

エクスカリバーはボルケーノ火山の火口(ホームセンター)で見つけたオリハルコン(耐熱カーボン)をドワーフ職人が打ったと言っているように、アーサーは自分の妄想次第で抜群のパフォーマンスを発揮するのです。

逆に騎士っぽくない装備など騎士から離れたシチュエーションになると、途端に能力が低下してしまうという弱点も。

アーサーの強さは妄想とプラズマという不安定な要素に拠っているぶん振り幅も無限大で、紅丸やドラゴンなどまだまだ歯が立たない相手もいますが、ハマり方次第でどこまで強くなるか計り知れないのです。

 

スポンサーリンク

【炎々ノ消防隊】主人公シンラとの関係は?

blank

第8特殊消防隊の仲間として共に活躍するアーサーとシンラ。

しかし「騎士」に憧れるアーサーと「ヒーロー」に憧れるシンラは基本的に反りが合わず、事あるごとに罵り合っています。

彼らは訓練校の同期で、当時からよくケンカしていました。

どちらにも強い思い入れがあるからこそ衝突するのでしょうが、騎士とヒーローはどちらも人々を守る正義であり、そこに根差したアーサーとシンラの特殊消防官としての意思は同じと言えますから根本的には相性が良いのでしょう。

要は似た者同士なのだと思いますが、互いに競い合い成長している良いライバル関係となっています。

 

スポンサーリンク

【炎々ノ消防隊】どうしてモテる?中二病やイケメンと言われる理由!

blank

シンラがアーサーについて気に入らない点がもうひとつあります。

それが「なんかモテるんだよな…」というところ。

アーサーは日頃から騎士としての妄想を捗らせている重度の中二病かつ規格外のバカ。

普通なら女子にドン引きされてしまうでしょう。

それでも彼がモテるのはやはり“騎士”で“バカ”というところに理由があるのではないでしょうか。

アーサーは重度の中二病ゆえに全くブレない精神力で、いかなる時も騎士として立ち振る舞っており、その揺らぎない信念を持つ姿が自然とまっすぐな性格として伝わっているのだと思います。

しかもその己の道を貫く中に「人々を守る」という正義があることが魅力として映るのではないでしょうか。

そしてバカだから余計なことは喋らないことでクールな印象も加わり、元々の金髪碧眼の美形という容姿も相まった凛とした佇まいが女子の心を掴むのでしょう。

恥ずかしげもなく女性隊員を「姫君」と呼ぶところも、ドン引きしながらも心の内に秘めた女子のニーズに応えているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【炎々ノ消防隊】アーサーの意外な過去とは…?

blank

アーサーが騎士となったのには、意外な過去と父の影響があります

彼は決して立派な城に住んでいたわけでもなく、団地の一室でささやかに暮らす普通の3人家族で、両親はレストランを営んでいました。

しかしある日レストランで食中毒が発生し、負債を抱えた矢先に店が火事になるという不幸に次ぐ不幸に遭います。

明日からの生活をどうするかという絶望的な状況に陥ってしまう中、父は帽子を顔に被せ考え事をしていました。

その様子を見たアーサーが「帽子の中に何が見えるのか」問うと、父は「満天の星…宇宙を見ていた」と言いアーサーに同じように帽子を被せました。

すると初めは真っ暗だった帽子の中でしたが、アーサーには見えてきたのです。

父の城が…たくさんの兵隊が…。

帽子を取った後も、小さな魚1匹とご飯という質素な食事がテーブルいっぱいの豪華な晩餐に見えました。

その翌日アーサーが起きると、なんとこう書かれた置手紙と共に父と母がいなくなっていたのです。

父さんと母さんは世界を救う旅に出る!

つまり両親が借金苦から、子のアーサーを置いて蒸発したわけです。

そして父は、帽子の中に城を見たアーサーにこう残していました。

今日からお前が王だ!

その言葉を受け、アーサーはその日から騎士王となったのです。

客観的に見て悲しい過去ですが、当の本人は気にしていないようでそれからずっと騎士道を邁進しています

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

アーサーの魅力はやはり底なしのポジティブですよね。

“騎士”という自負により何事にも動じませんし、過去も気にしない、格上の相手にも怯まない、突き抜けた中二病とバカが何よりも強みです。

あらゆる漫画において、想像したものを具現化する・妄想を現実にするなどチートじみたキャラクターはたまに見かけますが、ただの妄想力により強さを増す、さらには騎士という型にハマっているからこそ上にも下にも振れ幅のあるアーサーはとても面白いキャラクターですよね。

妄想によって何事も為してしまうアーサーを仲間たちは敬意も込めて「バカで天才」と言っていますが、まさにその言葉にアーサーの魅力が詰まっていると言えます。

そしてアーサーはなんと203話で両親と再会!

アーサーにそっくりな父、現実逃避から帽子の中に真実が見えるようになったという自称「預言者」の父が物語に何をもたらすのかも注目です。

妄想力が世界を救う!?

イケメン厨二病キャラ・アーサーの活躍から目が離せません!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です