【進撃の巨人】悲しすぎるペトラの末路!本当に正しい選択だったのか!?ペトラが貫いた信念とは?

スポンサーリンク

リヴァイ班であるペトラ・ラルは悲しすぎる末路を迎えてしまいました

あの時の判断は正しかったのでしょうか。

ペトラが貫いた信念について紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】リヴァイ班 ペトラ・ラル

ペトラ・ラルはリヴァイ班の隊員です。

ペトラは女性でありながら、実力者が多い調査兵団の中でも、少数精鋭の部隊であるリヴァイ班に選抜されました

リヴァイ班に属しているというだけで、優秀な隊員だということが分かりますね。

同行することになったエレンに対しても初対面の時から優しく接することができる人格者ですが、エレンが約束を破って急に巨人化したときは冷静な判断のもと、エレンに対して刃を向け戦闘態勢に入りました。

優しさと緊急事態での冷静さを持ち合わせています

 

【進撃の巨人】リヴァイに対する信頼度は?

隊員のリヴァイに対しては、絶対的な信頼を置いています

ペトラはリヴァイに対して、すべてを捧げる覚悟で入隊しています

信頼だけではなく、潔癖症であるリヴァイのために献身的に掃除をしたりもしていて、隊員リヴァイに徹底的に尽くしている様子が描写されています。

 

【進撃の巨人】オルオとは相性が悪い?

オルオとは言いあいをしている描写があります。

オルオはナルシストで、他人に対して上から言う癖があり、それに対してペトラは気持ち悪いと言っています。

オルオはリヴァイ隊長を尊敬していて、リヴァイ隊長のマネをすることがあり、それもペトラから気持ち悪いと言われています

 

【進撃の巨人】ペトラの討伐・討伐補佐数は?

ペトラの討伐数は10体で討伐補佐数は48体です。

これは、作中でかなり多い数になっています。

特に討伐補佐数が多く、優秀なサポート役であることが分かりますね。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】ペトラは意外と臆病?

ペトラは意外と臆病なのかもしれません。

他の隊員よりもリアクションが大きいため、驚いている時もリアクションが大きいです。

そのため、臆病だと言われています。

しかし肝心の場面では、勇敢に戦うことができるし、冷静な判断をすることができます

 

【進撃の巨人】初陣でお漏らししていた?

ペトラは初陣でお漏らししていることをエレンの前でバラされていました

エレンは「空中でまき散らしたんですか?」と聞いていました。

ペトラは必死で否定していましたが、本当のようですね。

女性に対してはなかなかのいじりですが、ペトラだからこそいじれることなのかもしれませんね。

 

【進撃の巨人】エレンを止めたペトラの言葉とは?

第50回壁外調査で、エレンとリヴァイ班は一緒に行動していました。

その中で、女型の巨人と出会い、エレンとリヴァイ班は襲われます。

リヴァイ班のメンバーや調査兵団の仲間たちが次々と殺されていく中で、エレンは女型の巨人に対して強い憎しみを抱きます。

そして我慢の限界を迎えたエレンは、自分が巨人化して女型の巨人と戦おうとします。

リヴァイ隊長からは反対されますが、それでも押し切って巨人化しようとします。

リヴァイ隊長は、エレンに言うことを聞かせられないと思っており、あきらめているのですが、そのエレンの気持ちを変えさせたのがペトラでした。

ペトラがエレンに「信じて」と言い、エレンはギリギリのところで巨人化することを思いとどまりました

ペトラがもしいなかったら、エレンを説得して止めることはできなかったでしょう。

エレンが味方か敵かわからなかった時から、ペトラはエレンに対して親しみを込めてコミュニケーションをとっていました。

そんなペトラをエレンは尊敬していました。

エレンは、優しくて協調性の高いペトラの言葉だからこそ信じたのではないでしょうか。

 

【進撃の巨人】リヴァイ班が「女型の巨人」と直接対決

リヴァイ班は、調査兵団の作戦を信じて女型の巨人と戦うことを避けてきました

しかし調査兵団の作戦を突破した女型の巨人は、リヴァイ班の前に現れました。

奇襲によって最初にグンタが殺されました。

仲間のグンタを殺されてもなおリヴァイ班は、感情を押し殺して冷静な判断を保っていました。

グンタが殺され、逃げ切ることができないと判断したリヴァイ班は、女型の巨人と戦うことを決めました

そして女型の巨人の視力を奪うことに成功します。

 

【進撃の巨人】無念が残るペトラの最期

ペトラはエルド・オルオと連携し、女型の巨人を追い詰め視力を奪うことに成功します。

女型の巨人は知能を持った巨人なので、視力を奪われた後、片目だけ優先して早く回復させたという女型の巨人の知性のある行動に動揺し、体勢を整えることができないまま、女型の巨人の足によって木に押しつけられ圧死しました

 

まとめ

今回は、リヴァイ班のペトラ・ラルについて紹介させていただきました。

ペトラの優しさや協調性に癒された読者の方も多いのではないでしょうか。

ペトラの無念を抱えたリヴァイの今後の活躍に期待しましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です