【ゴールデンカムイ】ガチムチなヒロイン!?男女問わず魅了し続ける谷垣源次郎とは?

スポンサーリンク

個性的な人物だらけのゴールデンカムイで、段々と厚くなる胸板と豊満な胸毛というスケベな体で皆を熱くさせているのが谷垣源次郎というキャラクター。

真面目で誠実な性格で共感を呼ぶ傍ら、その真面目さ故にいじり甲斐のある愛されキャラであり、男女ともに人気急上昇中です。

ここではその男も女も虜にする全方位型魅力を持つ谷垣源次郎についてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】第七師団の一等兵

谷垣は陸軍の第七師団の一等兵です。

鶴見中尉の部下として、同じ師団の尾形に重傷を負わせた犯人を探しに入った小樽の山で、杉元とアシリパに出会いました。

今でこそ杉元たちの信頼できる仲間ですが、始めの出会いは敵としてでした。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】元マタギで射撃が得意

谷垣は秋田県の阿仁出身の元マタギです。

その経験から、銃の扱いも手慣れていますし、自然の中の知識に長け、獣や猟師がどう動くかなどを分析し冷静に判断する力を持っていますので、山中での戦闘は有利に運びます。

その能力で、同じく山中の知識が高いアシリパを容易に見つけたり、自分を追ってきた尾形らから隠れたりしています。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】妹のフミを賢吉に殺される

谷垣が軍に入隊するきっかけは、同郷の幼なじみ・青山賢吉でした。

しかしそれは前向きな理由ではありません。

青山賢吉はマタギ仲間であり、谷垣の妹・フミと結婚したため、二人は義理の兄弟でした。

気心知れた幼なじみと大事な妹の幸せを願い過ごしていた最中、夫婦が住んでいた小屋が火事になり、フミが遺体で発見されるのです。

フミの心臓に刺し傷、そして傍らには賢吉のマスケ(マタギの魂である小刀)があったことから犯人が賢吉だと察し怒りに震えた谷垣は、その後賢吉が第七師団へ入隊したという噂を聞きつけ、家族の反対を押し切って自身も第七師団へ入隊します。

そう、谷垣が軍に入隊した理由は、幼なじみ賢吉への復讐のためでした。

その間に母が、妹のことや谷垣への心労で亡くなり、それすらもすべて賢吉に責任があると憎悪を膨らませ、入隊後は常に賢吉を探していました。

復讐に取り憑かれた谷垣は、旅順でついに賢吉の情報を手に入れます。

そして戦闘のドサクサでこの復讐に決着をつけようと心に決めていました。

 

ちなみに旅順で賢吉と思われる人物の話を提供したのは杉元です。

戦争中でしたし本人たちは気づいていないようですが。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】復讐の裏に隠された真実

谷垣は二〇三高地でついに賢吉を見つけましたが、それは敵兵の自爆攻撃に捨て身で向かっていった姿。

爆発で瀕死となった賢吉にすぐに谷垣は駆け寄り今まで抱えてきた思いをぶつけますが、賢吉は重傷ですでに目も耳も利かない状態でした。

求め続けてきた機会に言葉を届けられずどうしようもない谷垣をよそに、目の前にいるのが谷垣とは知らない賢吉は最期の力で「阿仁の谷垣家へ伝えて欲しい」と息も絶え絶えに語り出します。

それは、妻のフミが疱瘡にかかったこと。

フミを一人寂しく死なせたくないという自分に彼女が「皆へ伝染す前に自分を殺して村を離れて欲しい」と言ったこと。

その時に「もし感染してなければその命をどう使うか自分の役目を探しなさい」と言われたこと。

そして苦渋の決断でフミを殺し、その罪悪感を抱えて過ごしてきたこと。

すべて聞き終えた谷垣は、自分の特製クルミ入りカネ餅を賢吉に食べさせます。

以前食べたことのあったその味で、最期にその言葉を伝えたのが谷垣本人だったと気づいた賢吉は安堵した様子で息を引き取りました。

賢吉自身がとても辛い気持ちを抱え、それでもフミに言われた通り自分の役目を見つけ命を全うしたことを知り、復讐に生きてここまできた谷垣は空っぽになってしまいました。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】二瓶鉄造との出会い

blank

虚しさだけが残った谷垣は、自分の生きる意味・役目を見失ったまま、故郷にも戻れず軍に居続けていました。

そして鶴見の部下として山に入ったのですが、そこで二瓶鉄造という猟師に出会い、再び運命が動き始めました。

怪我をした谷垣を保護したのが二瓶だったのですが、自身も獣と同じ自然の一部とし、単発銃で常に一発勝負で挑む様子にマタギの本心が揺り動かされ、彼の猟に同行するようになります。

二瓶の猟師として命を懸けて今を生きる姿が、谷垣の心を少しずつ山の中へ帰していきました。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】エゾオオカミ レタラへの執着

blank

山に浄化され始めた谷垣が、二瓶とともに狙っていたのがエゾオオカミのレタラ。

レタラはアシリパを助けるために谷垣の右足を粉砕した相手なのですが、谷垣がレタラを狙う理由はその復讐ではなく〝マタギの血〟でした。

絶滅したはずのエゾオオカミの、その白銀の毛並みに目を奪われてしまったのです。

絵で見ても目を奪われるほどカッコイイと思いますが、そこで獲物として捕らえるのがやはりマタギなんでしょうね。

圧倒的存在感にマタギとしての血を叩き起こされた谷垣は、どこまでも追いかけて必ず仕留めてやると胸を滾らせ、「エゾオオカミが最後に見る猟師になりたい」という二瓶とともにレタラに挑むこととなりました。

居所を見失って彷徨っている谷垣の心の在処に気づいた二瓶に「狼狩りは口実だ」と言われ、己の心意を見つめ直した谷垣は〝マタギの〟谷垣としてやり直すことを決意します。

レタラとの対決の中で二瓶は命を落としてしまいますが、谷垣はマタギである本来の自分を取り戻してくれた彼の猟師魂をしっかりと受け継ぎました。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】姉畑のせいで追われる身に

二瓶の魂と村田銃を受け継いだ谷垣ですが、その銃のために追われる身になったこともあります。

釧路に行った際、その性癖で自然を穢していた姉畑支遁に銃を奪われ利用され、元々谷垣がその銃を持っていたことを知っていた近くのコタンの人たちに「カムイを穢す犯人」として捕まることとなりました。

その事件の際、杉元にシャツのボタンを指ではじかれ露わになった胸毛を毟られたことで、読者に知らしめることとなりました。(何を?)

杉元たちが犯人を見つけるまでの間に子熊のオリに入れられたのもポイント高いですね。(何の?)

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】フチの優しさから目的を見出す

谷垣は最初に杉元たちに出会った山中で両足に重傷を負ってから、しばらくアシリパの家で静養していました。

その間フチの手厚い看護とコタンの人たちの優しさを受け、谷垣の真面目な人柄もあり、アイヌの衣装を着るほどコタンに馴染んでいきました。

フチの孫オソマにもなつかれ、アシリパが旅立つ時には「フチをよろしく頼む」と言われるほど信頼を得ています。

歩けるようになった矢先に「無駄飯ばかり食ってられん」と狩りに出かけるところにも、谷垣の誠実さが窺えますね。

そんな中インカラマッがやってきて、アシリパの行く末を案じる占い結果を伝えると、それを信じたフチが心配で寝込んでしまいます。

そこで谷垣は、もはや家族同然の大事なフチを安心させるために、彼女の元へ必ずアシリパを連れてくることを約束し、旅に出ることを決意しました。

それがこの作品での谷垣の旅の目的となっています。

彼はついに生きる意味・自分の役目を見出したのでした。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】恩返しのためにアシリパを探す

blank

自分が故郷を捨て復讐に取り憑かれている間に亡くなった母、フミの死の真実と賢吉の生き様…谷垣はフチの元にいる間も、あれほど費やした自身の過去の虚しさに囚われていたことでしょう。

その谷垣が、世話になったフチに恩を返すという役目を見出し、ついに前へ踏み出しました。

金塊ではなくアシリパをフチの元へ送り届けるという一心で行動している谷垣の実直な姿勢は、この作品に金塊を巡る抗争とは別の芯を作っているかと思います。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】インカラマッとの恋の行方

blank

その旅の出発の際オソマちゃんにテクンペ(アイヌの女が好きな男に作って渡す手甲)を貰った愛され男・谷垣ですが、インカラマッとの関係も注目ですよね。

始めはインカラマッが谷垣を利用し、谷垣もフチを不安にさせた彼女を信用していませんでしたが、共に旅をする間に互いに惹かれ合い、相思相愛に変化してきたようです。

まだはっきりとした関係ではないですが、道中で体を重ね、網走監獄に着いた際には「時が来たらプロポーズをしたい」と伝えるほど距離が縮まっています。

網走監獄後は、インカラマッは重傷で入院、谷垣は杉元たちとともに樺太へ渡り別々となりましたが、二人とも生きて無事再会し、結ばれると良いですね。

ゴールデンカムイの男臭い中で咲くこの恋物語にも注目です。

「女は恐ろしい」by二瓶鉄造

 

スポンサーリンク

まとめ

谷垣の魅力は、自身の過去を受け止めた上で今フチのためにと役目を全うしようとする筋の通った姿勢でした。

杉元やアシリパにとっても疑いなく信頼できる人物ではないでしょうか。

やるべき事がはっきりとしている人間は強いですから、今後も谷垣源次郎の活躍と胸板に注目していきましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です