【進撃の巨人】最後までヒストリアを守ったユミル!巨人となった経緯は?ユミルの悲しい過去とは?

スポンサーリンク

主人公エレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団で過ごし高い戦闘力を持つユミル

キツイ言動もありますが何故か魅力的な雰囲気を持っています。

そんなユミルについて見ていきたいと思います

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】同じ訓練兵のユミルとは?

エレンと同期の104期訓練兵団で個人の戦闘能力はかなり高いようですが洞察力が鋭く、人を見下すような態度をするなど兵士に向いていないとも言われています。

自己保身が強いと思われていますが危険な調査兵団に志願するなど読めない行動もあります

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】クリスタと仲がいいユミル

104期訓練兵団でクリスタを10位内に入れるために調整するなどクリスタに執着します

ユミルはその容姿から女神とも言われ男性人気が高いクリスタに偽善者などと言い非難しますが、よく一緒に行動するなど親友のような間柄にも見えます

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】ウトガルト城でユミルが巨人へ

ウドカルド城戦にて巨人が現れたとされるローゼ近くを探索するユミルとクリスタはライナーらと共にウドカルド城に滞在します。

そのウドカルド城で食料を探すユミルにライナーが問いかけます。

ユミルは知らない文字を読めるからです。

不穏な空気になる中、滞在しているウドカルド城を巨人が襲いかかり城が崩れそうになります

絶対絶命の中、ユミルはクリスタに「お前、胸張って生きろよ」と城を飛び出し巨人化した姿を表しせめて来た巨人に応戦します。

圧倒的な数の巨人の前に瀕死になるユミル

救出に来たエレン、ミカサが間に合い何とか命を繋ぎます。

重傷を負うユミルにクリスタが駆け寄りクリスタは自身の名前は偽名、本名はヒストリアだと明かします

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】物乞いから「ユミル」として生きる

親のいない孤児だったユミルは物乞いをしながら生活するという悲惨な状況で育ちます。

そんな孤児のユミルに男が近づきユミルを名乗れと教えられます。

そして、孤児だったユミルはその男からユミルと呼ばれ名前を貰います

そして名前を貰ったユミルは物乞いから逃れる事になり幸せを手に入れます

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】パラディ島へ楽園送り

blank

ユミルを名乗り成長していくユミルですがマーレにその存在を知られてしまい、物乞いの頃よりひどい仕打ちを受けます。

マーレにとりユミルとはエルデァア帝国の子孫継承の名前でありその象徴です。

エルデァア人にはかけがえの無い名前でもマーレには憎む対象となります

そしてユミルはマーレの民から石をぶつけられる凄惨な状況になり、マーレに囚われた末に楽園送りになります。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】ユミルは60年間さまよっていた?

blank

自身を偽りユミル教の教祖ユミルとして生活していたユミルは、魔女として楽園送りになったユミルは無知性巨人となり彷徨い続けます

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】ユミルがマルセルを食べた?

blank

彷徨う無垢の巨人になったユミルは壁を壊しに来た戦士マルセルを偶然にも捕食し知性を持った巨人に戻ります

孤児だった生活からユミルと名乗り偽った事からマーレに見つかり偽りとはいえ幸せだった生活から今まで慕っていた民衆に石を投げられた上に楽園送りになったユミル。

人間に戻った事でこの先は嘘偽りなく自身の信じるままに生きると決意します

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】なぜライナーとベルトルトの元へ戻った?

blank

ウドカルド城の決戦時にユミルは重傷を負いますがエレン、ミカサが救出した時にエレンが「始祖の巨人」の力「座標」を発動した事によりユミルは壁の中にも未来があるのではないかと悟り、苦渋の決断でクリスタとの別れを決めライナー、ベルトルトと助け撤退します。

その後、ユミル自身の意思によりマルセルの弟であるポルコ・ガリアードに捕食させマルセルより継承した「顎の巨人」をポルコに継承させます

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】ユミルがヒストリアへ送った手紙とは?

壁の中へ撤退した後、ユミルはライナーにクリスタ宛、ヒストリアへの手紙を託します

その手紙には自身が偽りのユミルとして生きた事で最後には石を投げられた後、マーレにより楽園に送られた事、そして巨人化の注射を打たれ無知性巨人として60年も彷徨い続けて偶然にも「顎の巨人」を捕食し人間に戻れた事など自身の生い立ち、そしてポルコに自身の「顎の巨人」を継承させる事

託されたライナーは鉄のケースに入れ保管しています。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】ヒストリアに想いは届いた?

blank

ヒストリアはユミルの手紙を読みます。

手紙にはユミルの過去、生い立ち、偽りの生活、無知性巨人、「顎の巨人」を捕食し人間に戻れた事など書かれています

涙しながら読むヒストリア。

最後は再び目を覚ますとそこには自由が広がっていた、私はそこから歩き出し 好きに生きた

悔いはない、そういいたいところだが 正直 心残りがある まだお前と結婚できていないことだ

ヒストリアは照れるとすぐごまかす、これじゃわからないと呟きます。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

「ユミル教」の教祖と言われ偽りの生活をするユミルはマーレによって制圧された後は石を投げられるなど悲惨な過去を持ちます。

無知性巨人になり「顎の巨人」の力を手に入れた後は自由に生きるとし最後は自分の意思でポルコに捕食させ人生の幕を閉じました

乱暴な物言いからは想像し難い壮絶な過去です

そして、「座標」を見た時に感じた壁の中の未来、ヒストリアへの手紙の真意は如何に繋がって行くのか非常に気になりますね。

始祖ユミルとして生きたユミルのヒストリアへの思いは果たして。

楽しみに待ちたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒地ならしがついに発動!地ならしをする目的は?エレンがしたい・・

⇒回収された伏線・未回収の伏線を再確認!怒涛のクライマックス・・

⇒主人公がラスボスに!?読者を震撼させたエレンの行動!地なら・・

⇒リヴァイが死亡!?ジーク最後の反撃!リヴァイはまだ生きている・・

⇒アニがついに復活!彼女は味方?明かされたアニの目的とは?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です