最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』166-167話!考察!石上はチャンスを掴めるか?!

スポンサーリンク

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」166話より引用

石上はクラスマッチが近いので、体育館で1人練習をしていました。

3年生は自由登校期間に入っているので、クラスマッチのようなイベントの時しか子安つばめには会えないのです…。

石上はそこでいいところを見せようと特訓していたのでした。

石上の特訓は無事、成功するのでしょうか?

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』166話!のネタバレ

それでは『かぐや様は告らせたい』166話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

藤原、あらわる!

特訓をしている石上のもとに現れたのは藤原でした。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」166話より引用

「私が教えてあげ…」

言いかけた藤原を襲ったのは過去のトラウマたちでした。

教える、と言う行為は藤原にとっては恐怖となっていたのです。

「人間が生きるのは過去の自分を越えるため…!」

崩れそうになりながらも名言風のセリフを連発し、石上との特訓を始めます。

 

藤原の特訓

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」166話より引用

石上が苦手なのはジャンプサーブです。

藤原は石上の放つ言葉たちに過剰に反応してしまいます。

一体何があったんでしょう…?w

いちもの藤原らしからぬ顔をするので、石上も心配します。

気を取り直して、藤原はジャンプサーブについての持論を展開します。

「大事なのは基礎」

基礎、ということで目を開けたままジャンプすることを命じられる石上。

そもそも簡単すぎるミッションなので、当然のように簡単にできてしまいます。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」166話より引用

「えっ天才?」

真面目な顔で驚く藤原に今度は石上が驚きます。

今日の石上は「練習続けていいですか?」とクールな対応です。

藤原は持ち前のサービス精神で特訓の手助けを続けようとし、ボールを取りに向かいました。

 

会長、あらわる!

藤原がボールを取りに行っている間に、今度は御行が現れます。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」166話より引用

バレーの練習をしている石上に懐かしさを覚えた御行は「俺が教えてやってもいいぞ?」と先輩風を吹かせまくりますが…。

石上は「いや大丈夫っす」とつれない返事。

本当は教えたくてたまらない御行は「遠慮するな」と畳みかけますが「いや、本当に…」としっかり断られてしまいます。

今日の石上は真面目に特訓を続けたいようです。

つばめ先輩に残り少ない会うチャンス、石上は本気なんですね!

 

藤原の逆襲

御行は石上に断られて少し寂しげですが、せめてできる先輩をアピールするかのように話始めます。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」166話より引用

「コツを掴めばあっという間なワケ!」「ほんのちょっと練習しただけで何とかなったし!」

得意げに話す御行の後ろには無の表情を浮かべる藤原が迫っていました。

「会長はそういう認識なんですね」「全部自分の手柄みたいな…」

藤原の恨み辛みが炸裂します。

御行も言い返し、2人は揉め出してしまいます。

石上は騒がしい2人を見て「違う場所で話つけてもらえますか?」とこれまたクールすぎる対応。

普段は御行を尊敬している石上なので、どうした、石上!という感じですねw

藤原はボルテージが上がってきたのか、言い合いの続きをするために御行の手を引いて別の場所へ移動して行きました。

 

スポンサーリンク

かぐや、あらわる!

御行と藤原が居なくなった後、体育館の裾の影から現れたのはかぐやでした。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」166話より引用

「別に隠れる必要なかったんじゃ…?」

石上はかぐやに頼まれて御行たちを突き放していたんですね。

かぐやはの言い分は乙女そのものです。

「日も沈んでから男子と会うはしたない女だなんて思われたくないもの」

そんなふうに思う人、いないと思うのですが…w

さすがはお嬢様思考ですね。

かぐやは既につばめにクラスマッチに来るように伝えています。

もう後には引けない!そんな気迫が伝わります。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」166話より引用

髪を結び直すかぐやの表情はいつになく本気です。

「私はスパルタしかやり方を知りませんが…もちろん耐えられますよね?」

2人の秘密の特訓が始まります。

 

クラスマッチ

ブロックやサーブに大活躍を見せます。

かぐやのスパルタはしっかり石上を鍛え上げていました。

見守るかぐやは満足気に微笑み、御行は想像以上の上達ぶりに焦ります。

そして、石上はつばめに勇気を出して話しかけます。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」166話より引用

「この試合、勝ったら僕とデートしてください」

伊井野や麗が見つめる中、一瞬の静寂が訪れます。

「うんいいよ」

つばめは答えました。

石上は驚きと嬉しさが混じり合った瞳を見せます。

試合の結果は、見事、石上チームの優勝!

石上は約束通り、勝ちました。

石上はつばめとデートすることになるのでしょうか?!

 

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ166-167話のまとめ

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」166話より引用

今回のお話は石上のチャレンジでした。

今まで女関係はどうも頼りなくてパッとしない印象の石上がこんなにカッコよく決めるのは貴重ですよね!

かぐやのお嬢様ぶりも久しぶりに見ることができました。

それにしても、スパルタの内容が気になります。

チームを優勝にまで導く技術を短時間で与えたってことですからね!

個人的には伊井野と最近いい感じの時もあったのでまた一悶着あるかも?と思ったりします。

つばめとのデートがいつ描かれるか、それも楽しみですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です