PR

スポンサーリンク

最新ネタバレ『キングダム』770-771話!考察!王翦・楊端和・玉鳳が揃い踏み!壁も生存確認!

スポンサーリンク

士桃、衛斗、松魁という即戦力の新人たちの加入、元麃公兵・満童率いる新生黒飛麃、久々登場の青石族が補填された斥候部隊、そして砂鬼一家が務める医療部隊と、次の戦に向けて増強された飛信隊。

羌瘣隊の整理も完了し、新生飛信隊いざ出陣!

次の戦となるのは秦にとってリベンジとなる趙北部攻略戦。

昨年の大敗を受けての反省を活かし、飛信隊は秦北東部軍の待つ北の太原経由での趙北部入り計画となりました。

太原で飛信隊はさらに増強され、此度の戦で任された総兵力は羌瘣隊と合わせてなんと3万!

この大軍をもって飛信隊は、昨年秦北東部軍を襲い秦の兵力を“減らした”狼孟を攻略した後、本軍との合流を目指します。

第770話『今年の軍力』は第二次趙北部攻略戦に挑む秦の軍力が明らかに!

そして皆が気になっていたあの人の登場も!?

 

スポンサーリンク

 

『キングダム』770話!のネタバレ

それでは『キングダム』770話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

認められてきた李信

昨年の大敗の一因となった狼孟を落とした秦軍。

飛信隊3万+北東軍からの補佐2万だけで、たった1日で攻略してみせたのでした。

つまり狼孟にすでに青歌からの援軍がいなかったとはいえ、太原に集結していた北東部軍20万のうち15万を無傷で連れていけるのです。

これには咸陽の文官たちも「活躍したのはまたしても飛信隊…李信将軍…」と息を呑みました。

が、李斯が「もはや李信将軍は欠かすことのできぬ重要な秦将の1人だ」と言い切ったのでした。

ほかでもない李斯がこれを言うのが熱いですね。

文官たちは3万になっても飛信“隊”という点が引っかかったようですが、嬴政が「王騎にもらった名だから大将軍になってもそのままで通すだろう」とフォローしました。

ともあれ今度こそ秦北東部軍20万が東へと行けることになりました。

 

スポンサーリンク

本軍・王翦軍と合流

こうして動き出した第2次趙北部攻略戦。

流れは去年と同じく、趙を北上してくる本軍と太原から趙北部へ進入する北東部軍が合流し、趙大軍で侵攻するというものであり、中間地点の祭蛇平原ではすでに閼与から北上してきていた本軍が待っていました。

“閼与から”ということは、北上してきたのはもちろん王翦軍です。

見開きページで描かれた王翦軍が心強い!

 

スポンサーリンク

副将軍は楊端和!

そこへさらに副将の軍が到着します。

副将軍は武城から北上してきた楊端和軍でした。

こちらも見開きページド迫力の登場で心強いです!

さらにさらに楊端和軍の後ろに玉鳳軍の姿も!

これまた心強いですね。

 

スポンサーリンク

目指すは番吾

メンツが揃ったところで王翦から皆に、此度の攻略が宜安ではなく番吾だと知らされました。

他軍どころか王翦軍の将軍たちまで宜安攻めと聞いていたようです。

果たして李牧の裏をかく策となるでしょうか。

 

スポンサーリンク

壁は生きていた!

楊端和軍の野営地では、キタリの依頼によって占バアによる占いが行われていました。

この占いはここへ来るまでも何度も行われ、その都度同じ結果が出てきたようです。

占いの結果は「我々の行く先でまだ生きている」。

それを聞いてキタリは嬉しそうに前を見据えました。

何の話かと言うと、壁です。

壁軍は昨年の宜安決戦の中で命からがら落ち延びた赤麗にて、井戸に撒かれた毒によって一部桓騎兵とともに壊滅。(736~737話)

壁は飲む量が少なかったため辛うじて生きていましたが、そういった生存者は趙北部の復興要員として収容所に連れていくぞという描写がありました。

以来、壁の安否が描かれず気を揉んでいたファンも多かったと思いますが、今回ついに趙で働かされている壁の姿を見ることができました。

がんばれ壁!もう少しの辛抱だ!

 

スポンサーリンク
"
"

キングダム』ネタバレ770-771話のまとめ

今回は第二次趙北部攻略戦の参戦メンバーが描かれました。

王翦軍・楊端和軍・玉鳳軍・秦北東部軍そして飛信隊です。

桓騎軍・楽華軍との進軍となった前回にも見劣りしない豪華な顔ぶれですね。

また見どころが多そうで楽しみです。

しかし恐ろしいのは、これほどのメンバーが揃いつつも“最大規模の犠牲”を出す結末が待っているということ。

史実的に李牧が本領発揮するところなので李牧や司馬尚寄りの展開になることは承知していますが、正直信じられないですね。

まあ狼孟からカン・サロら青歌の強軍を下がらせ秦北東部軍を丸々趙に招き入れてしまうくらいですから、番吾狙いであることも含めてかなり秦の動きを読み切った形で準備していそうではあります。

それでは李牧はどういった構えで秦軍を待ち受けているのでしょうか。

次回は趙軍の動きも描かれそうなので楽しみにしていましょう!

 

読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒『キングダム』772話!誰の死亡フラグ!?李牧プロポーズ確定・・

⇒『キングダム』771話!司馬尚登場!壁曰く番吾だけは狙っちゃ・・

⇒『キングダム』769話!新生飛信隊!3万の大軍で狼孟攻めから・・

⇒『キングダム』768話!信の嫁論争に終止符が打たれる!しかし・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA